名進研 合格体験記
menu
m

滝高校 合格体験記

努力は裏切らない!

滝高校合格

 こんにちは‼滝高等学校に通うことになった者です。読んでいただければうれしいです。

 ① 動機づけ
 私が滝高校へ行きたいと思い始めたのは、中学三年生の夏です。説明会に行ったときに勘というか直感というか、「私はこの高校に向いている‼」と思ったのです。今思えば、滝高校の教育方針や自由な校風にひかれたのだと思います。

 ② 生活に関して
 私は、風邪や病気にかからないよう、体調管理には、十分気を付けました。外から帰ってきたら必ず手洗い、うがいをするなど、しっかりすべきことをしました。本番、風邪を引いたら、元も子もないですよ‼

 ③ 学習について
 私が一番大変だったことは、成績がなかなか伸びなかったことです。しかし、苦手な教科を夏休みに頑張ったら、夏休み明けのテストで過去最高の結果でした‼やはり、努力は裏切りません。一生懸命やったらやった分だけ、成績は伸びます。

 ④ 直前アドバイス
 私は、入試直前、資料集や便覧などの細かい部分までチェックしました。入試前日は、緊張して覚えなければいけないことも覚えられなくなってしまうので、暗記ものは、緊張に打ち勝つことが大切です。

 ⑤ 最後に
 どんなことよりも一番大切なことは、自分を信じることです。自分自身に「できる」と言い続ければ、自然にできるようになります。まだまだ先のことかもしれませんが、自分自身に後悔しないよう、一生懸命、勉強に励んでください‼

数学が三〇点で受かった奴がいる

滝高校合格

 僕が滝高等学校の受験を決めたのは、中三の九月ごろです。僕は公立が第一志望だったので、そのためにレベルアップ、挑戦ということで滝を受けました。
 九、十月あたりは正直、受験のことについて、あまり深く考えずに勉強していたと思います。しかし、十二月に入ると私立入試がとたんに近く感じて急に焦りを感じ始めました。

 一日一日があっという間に過ぎる中、思うように上がらない自分の学力に悲しさまで覚えました。
 しかし、今思えば僕の学力が最もぐっと上がったのはこの十二月、特に冬休みという期間だと思います。

 一つは、冬休みに専用のテキストを使用することで三年間の内容を総復習し、自分が今どこがだめなのかを知ることができました。
 もう一つ、正月特訓教室もとても力をつけることができました。これは公立に向けての講座でしたが、そのテクニックを応用することで私立の入試にも役立ちました。この二つによって僕の基礎がかたまり、得意教科が増えました。

 一月は直前まで過去問を解いたりしましたが、この時期が一番試練でした。過去問をやっても全然できませんでした。特に数学は、直前の過去問でも百点中三〇点程しか取れず、泣きそうになりました。しかし、それまで勉強してきたことと、「数学が三〇点程で滝に受かった奴がいる。」という言葉を信じて入試へ行きました。

 合格判定を見たときはとても嬉しかったです。滝を受験するかも知れない皆さん。勉強がんばってください。

リベンジを果たす

滝高校合格

 こんにちは。私は滝高校に通っている者です。滝学園という学校を小学生の時から目指し、中学受験をしましたが、不合格となってしまいました。そして高校受験でリベンジを果たすと決め、見事合格することができました。
 では、私がどのように勉強してきたかを早速紹介していきたいと思います。
 
|国語|
 国語はいかに漢字と文法をハイクオリティに仕上げるかで差がでます。
 文章問題が苦手な人はまず文全体のニュアンスをつかむことが大切です。特に説明文などでは具体例をしっかり読んで、筆者の主張をはっきりとさせましょう。ただし、様々な具体例が書かれているので、惑わされないように注意してください。
 
|数学|
 数学は合否に直結します。なので、苦手な単元をなくしておくことが絶対です。数学は個人的に一番好きな教科だ、という人も数学は最後まで必ず解き続けてください。
 
|英語|
 私は英語がまるでダメな人でした。
 中三の冬休みの時点で中二の文法がほとんど抜けてしまっていました。しかし、冬休みに割と本気で勉強してなんとかカバーできました。英語ができずズルズルと引きずってきてしまった人は今から本気でやっといた方がいいです。
 
|理科|
 理科は暗記単元で点を落としては絶対にいけません。また物理か化学のどちらかを極めておくと後々勉強が楽になってきます。あとは演習をたくさんすれば問題パターンも読めるようになり、だいたいは解けるようになります。
 
|社会|
 社会は最も勉強しなくて良い教科です。暗記がほとんどなので、歴史の年号や世界や日本についてのことを頭に叩き込んでおくと本当に楽です。ちなみに私は当時、年号を片っ端から覚えていたので皆に「年号厨」と呼ばれていました(笑)。

◆最後に◆
 本番、とても緊張すると思います。でもこれだけは覚えていてください。勝利の女神が笑いかけるのは絶対的自信のある者です。
 だからちゃんと自分が胸を張って入試に臨めるように努力を惜しまないでください。
 皆様の健闘を祈ります。

受験は我慢勝負!

滝高校合格

 こんにちは‼春から滝高校に通っているものです。
 私なりに工夫した普段の生活と、勉強の仕方について書きたいと思います。参考になれば嬉しいです‼

【生活について】
 生活といってもいろいろとありますが、まず第一に、
《睡眠はしっかり取る》
 睡眠不足で学校や塾の授業、自習中に眠たくて集中が出来ないのは、一番のタイムロスだと思います。なので、眠たかったら15分なり30分なりタイマーをセットして仮眠をとることをお勧めします。ベストは夜にしっかり寝て、一日集中して勉強に取り組むことですが…。
《リフレッシュ、習い事》
 受験生になると、名進研では日曜講座が始まったり、もちろん受験勉強をしなければなりません。そこで習い事を続けるか続けないか、悩む人も出てくると思います。習い事はリフレッシュにもなるので、融通の利くところであれば、自分の行きたい時に行けるようにするといいと思います‼私はそうやってストレス発散していました‼

【勉強について】
《勉強スタイル》
 ひたすら解く‼受験勉強はこれに限ります‼特に私立高校は、数学、理科の応用問題が難しいものもあるので、ひたすら解いて問題ごとの解き方を大体頭に叩き込むしかないと思います。
 過去問もひたすら解くことによって、学校ごとの問題形式に慣れるといいと思います。
《問題の解き方》
 分からなかった問題にはチェックを入れて、先生やチューターに聞いて、正しく理解することが大事です。自分で勝手に解決して曖昧なまま放っておくと、受験直前にすごく苦労します…(私の体験です)
 また、そのチェックを入れた問題をずっと後に解いてみて、もう一度解けるかやってみるといいと思います。
《やってよかったと思うこと》
 私は、三年生になるまでは名進研の成績順位の一〇〇位以内に載ることがあまり無かったのですが、夏休みに毎日朝から名進研の自習室に通って、一、二年の復習を全部終わらせ、分からなかった単元を少しでも減らしたことで順位一〇〇位以内に載ることが増えました。
 あの夏休みがあったからこそ、滝高校に合格することができたのだと思います‼

【最後に】
 所属校の先生方、そのほかの先生方には本当にお世話になりました‼悩み事を聞いてもらうだけでもスッキリして集中力UPにつながりました。
 みなさんの校舎にも素晴らしい先生方がいらっしゃると思います‼先生をうまく利用すると、もっと合格に近づけるのではないかと思います。
 受験勉強は本当に耐久戦で、辛いことはたくさんありますが、最後まで、自分を信じて頑張ってください‼

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求