名進研 合格体験記
menu
m

2019年度 高校受験の合格体験記

4Dを言わない!

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格 M.A.さん

 こんにちは。私の中学の体験が少しでもどなたかの力になればいいなと思い、ここに綴ります。ほんの少し、お付き合いください。

〈中一のみなさんへ〉
 高校受験はもうすでに始まっている。
 私は、中一の頃からそういうつもりで定期テストに挑んでいましたが、ここで大事なのは点数、ではなく……息の抜き方です。
 五百点を目標に勉強しつつ、いかに自分のやりたいことや部活を両立させるか。その方法を探してください。今、失敗しても大丈夫です。私は中一の一年間をそういうふうに過したからこそ、中三まで大好きなピアノと部活を十一月まで続けながら、受験校全てに合格することができたのだと思います。

〈中二のみなさんへ〉
 中二の一年間は、もしかしたら中三の夏休みより大切かもしれません。周りは中だるみで勉強をしなくなる人が多いです。しかも、ここで勉強をおろそかにし、中三で頑張っても成績が上がらない……という人が量産されます。
 マラソンと同じです。ペースは上げなくてもいいので落とさないようにしてください。
 今がチャンスであり落とし穴でもあります。

〈中三のみなさんへ〉
 ①4Dを言わないこと‼
  4Dとは「だって、でも、どうせ、ダメ」のことです。これらを言っていては気持ちが沈む一方です。
 ②しがみつく‼
  日曜講習や正月特訓教室で、「うわあ~」ってなるくらい、賢い人や問題に出会い、プライドがずったずたになるかもしれません。現に私は粉々になりました。そんなときは「こいつから学べるだけ学んでやる(メラメラ)」と、その人からは授業の受け方等々を、その問題からはしぼれるだけの学びを搾取しましょう。
 ③得意教科はつくらない‼‼‼(全部得意)
  これは私の大好きな先生がおっしゃった言葉です。私は数学が壊滅的で嫌いになりかけていたのですが、大好きで得意な国語が得意に見えなくなるレベルに数学をもっていく、と見方を変えたところ、数学の力がぐんっとのびました。一律にレベルを高めていくほうが精神的に楽だと思いました(個人差㊒)。

~最後に~
 いろいろなことを書きましたが、絶対に正しいと言えるものはないと思います。あくまで一参考として取り入れ、自分にあった勉強法で合格をつかみとってください。
 校舎の先生、日曜講座などでお世話になった先生方、合格に導いてくださりありがとうございました。
 名進研で勉強する時間が大好きでした‼

走れ受験生!

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格 A.H.さん

 旭丘高校に入学した者です。微力ながら、みなさんの受験勉強の参考になるアドバイスができたらと思います。

①勉強は効率よく
 受験生になると「やばい‼勉強しなきゃ‼」と焦る人が多いと思います。私もそうで、特に夏休みは、遊んだら落ちると思い込み、朝から晩まで勉強する日々でした。しかし教室長から「このままだとオーバーヒート(簡単に言うと勉強のやる気が急になくなってしまうこと)するから、明日一日は勉強せずに遊んだらいい」と言ってもらい、それを機に適度に休む日をつくり、勉強を飽きさせないように心掛けました(先生あの時はありがとうございました‼おかげで今があります‼)。
 受験生の一年間は終わってみればあっという間ですが、休み無しで、ずーっと勉強は普通無理ですよ‼受験生でも遊んだりしてもいいと思います。切り替えが大事です‼

②内申は大切
 受験が終わったからこそ言えることですが内申は大切です。内申がなくても実力があれば合格できるのは確かですが、入試本番、当日点を絶対に取らないといけない状況では、リラックスして入試に臨めないと思います。
 入試が終わった後でも、緊張などでちょっとしたミスなどは必ずあり不安になりますが、内申があると合格発表までの安心感は違いますよ。内申はやはり先生とのコミュニケーションだと思います。公立高校を受ける方‼一点がものすごく大切になります。
 内申は取りましょう‼

③情報はあれば得‼
 私は中三のとき旭丘の先輩方に話を伺う機会が何度もあり、勉強方法や校風など様々なことを聞け、モチベーションにも繋がっていました。友達とも勉強方法などを共有していました。
 みなさんも機会があればいろいろな情報を集めて、その中の自分に合った情報を上手く活用しましょう‼(私は全ての情報を鵜呑みにしてしまい、オーバーフローになりました。気をつけてください‼)

最後に
 名進研の先生方には勉強する環境を作ってくださり、私の悩み事にいつも一緒に向き合ってくださって感謝しかないです。先生たち働き過ぎ注意ですよ。こんなに生徒のことを思ってくれる先生方はいないです‼今まで本当にありがとうございました‼

サクラ咲け

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高校に通っている者です。僕は今からみなさんに、公立高校入試に向けての勉強方法をアドバイスしたいと思います。

〈国語〉
 一日一題、長文を解く(二日に一題でもかまいません)。とにかく国語に関しては、日頃から初見の問題に慣れておくことが非常に大切です。

〈数学〉
 数学は暗記単元がほとんどと言っていいほどないので、後回しされがちですが、これも国語と同様、一日一題のペースで問題に取り組みましょう。日頃から慣れておくことが必要です。

〈社会〉
 社会は覚えることが多いので、面倒くさいかもしれませんが、やりましょう。逆に言えば、覚えればできる教科でもあるので、高得点は狙いやすいかと思います。覚えるためにすると良いのが、ノートにまとめるという作業です。例えば、歴史であれば時代ごとにまとめることで、時代の流れなどが分かりやすくなります。しかも、このノートは入試直前に見ておくと良い最高のアイテムにもなります。僕はこのノートを冬休み頃に作りましたが、夏休みにやっておけばよかったと後悔しています。みなさんもぜひ早めに作っておくことをオススメします。

〈理科〉
 理科は五教科の中で一番差がつきやすい教科かと思います。暗記単元に関しては覚えましょう。社会よりは楽だと思うので。理科の中で特に差がつくのは、計算問題(特に物理)だと思います。これは問題をひたすら解きまくるのが良いと思います。そして、分からないところがあれば、必ず学校や名進研の先生に聞きましょう。理科は苦手をつぶしていくことに尽きると思うので、ぜひ先生方を頼ってください。

〈英語〉
 英語はとにかく単語、連語を覚えましょう。最低でも連語だけは覚えておきたいです。英語は長文読解が苦手という人もいると思いますが、長文はすべてを完璧に訳す必要はないと思ってください。すべてを訳さなくても解けるようになっていることが多いので、そこは安心して解きましょう。

 以上、僕がやってきた勉強方法の紹介でした。これがみなさんに少しでも役に立つと嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。みなさんに幸せな春がくることを願っています。ガンバレ‼名進研生‼

受験勉強のポイント

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高校に通う者です。受験勉強を振り返って、大事だと思ったこと、注意すべきことを挙げていきたいと思います。僕個人の意見ですが、参考にしていただけると嬉しいです。

〈生活習慣〉
 人それぞれだとは思いますが、基本的に夜更かしをせず、三食きちんと摂ればOKです。勉強云々の前に食事と睡眠に関することをしっかり行うのが大切になります。あと、個人的な意見ですが、徹夜はあまりおすすめしません。←これに関しては本当に人それぞれ。

〈学習のポイント〉
○国語
 この教科嫌いな人、多いでしょう?個人的に好き嫌いが一番分かれる教科だと思います。僕も昔嫌いでした。沢山解くうちに感覚が掴めたので少し書いておきます。まず、論説と小説は問題文を「よく」読みましょう。問われていることが分かったら、本文の意味・文脈から答えを出します。その際、指示語・接続語を探し、繋がりを意識して読みましょう。古文は重要な表現を最優先にやりましょう(文末とか)。いずれもコツがあるので沢山解きましょう。
○数学
 一番苦労しました。主に図形とかいうやつのせいです。たくさんやりましょう。校舎の先生からプリントをもらうのも手です。直前まで図形ダメダメだったのは内緒。
○社会
 地図帳の後ろにある○○の順位を世界/日本で覚えておくと楽。とにかく覚えるべし。
○理科
 数学+社会割る二が理科だと思っています。計算が苦手な人は公式覚えて数をこなし、それ以外は単語と意味をおさえましょう。
○英語
 速く読めると断然有利です。内容自体は簡単な国語なので、丁寧にやればOK。イディオムも勉強しましょう。継続が重要です。

〈直前・当日〉
 見込める点数と内申を照らし合わせてボーダーに届くか考え、やるべき教科・部分をひたすらやりましょう。上位層の子はミスを削ることを意識してください。ボーダーに届くか、という思考は当日でも役に立ちます。
 僕は二限の数学で華麗にミスしましたが、そのときに、これぐらいの点が要るから、この問題は落としてもいい、といった感じに、問題を解く優先度をつけました。それをしたから、余計な減点がなかったと思っています。

〈最後に〉
 受験生になると、どうしても誰かと比べて、自分はどうだと考えたくなりがちですが、それは人それぞれですから自分の力だけを常に分析しましょう。
 皆さんの来春が桜色でありますように。
 最後になりますが、私立対策・正月特訓教室・公立対策で教えて下さった先生方、それから所属校の先生方、本当にありがとうございました。

合格に向けて

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

こんにちは。僕は、旭丘高校を受験するまでの中三の生活と勉強方法について書きたいと思います。

まず僕は勉強時間を増やすために、今までの生活を見直しました。休日は友達と遊ぶのをやめて、一日七時間を目安に勉強しました。いろいろな欲を振り払って、勉強だけに集中することは簡単ではないと思う人も多いと思いますが、なんでも慣れです。だから、いきなり勉強時間を増やすよりは、一年生、二年生のうちから徐々に、徐々に増やしていった方が苦痛は軽減されるかもしれません。

夏休みが終わり、部活も引退したので、周りも受験ムードになってきます。そこで僕はもう一度自分の生活を見直すことにしました。平日は六時間、休日は十時間を目安にして、一日のうちに必ず五教科勉強するというルールを加えて、そこから半年間勉強しました。

勉強をするときは、特に「自分の力で理解する」ことを重要視しました。わからない問題をすぐ先生に質問するのではなく、一日置いて、次の日もう一度考えてから、それでも分からないときに質問するようにしました。質問の前にワンクッション置くことで、自分で考えようとすることが習慣づいたと思います(個人の感想です)。

十月、模試の結果が安定してきたので、僕はここで第一志望校を旭丘高校に決めました。一学期にも学校などで進路希望調査がありますが、焦って決める必要はありません。進路は、今後の人生を大きく左右するものなので、ゆっくり決めた方がいいと思います。

冬休みに入ると、追い込みの時期に入ってくるので、僕はひたすら私立入試の過去問を解きました。私立の問題が解けるようになると必然的に公立の問題も解けるようになっていきます。公立が第一志望でも私立対策を抜かりなくやっておいた方が得ですよ。

私立入試が終わると公立対策に入りますが、ここで厄介なのが、私立の推薦入試を終えた人たちの誘惑です。いかにしてその誘惑を振り払って一か月間勉強に集中するか、が大切になってきます。
公立入試までの一か月は、特別なこと、新しいことをするのではなく、今までやってきたことの見直しを念入りにするのが効果的だと思います。

入試の神様は、努力している人たちを裏切りません。
最後に、名進研には、受験を全力でサポートしてくれる先生がいます。戦っているのは自分一人ではありません。困った時は、先生に頼りましょう。合格することは、先生への恩返しにもなります。

激闘を終えた今、後輩たちへ

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高等学校に通っている者です。

〈生活に関して〉
 私は中学三年生の途中から、夜型から朝型の生活にしました。勉強をできるだけ朝やり、夜は眠たくなったらすぐに寝ました。朝はとても静かで集中できるし、時間が過ぎるのが長く感じて勉強がはかどると思うので朝型の生活はオススメです。
 小学生の頃からずっと、私は習い事を続けています。ずっと勉強していてもはかどらないので、習い事で体を動かしたり自分の好きなことをすることで気分転換になって勉強にも集中できたと思っています。特に、運動系の習い事は、部活が終わってからでも体を動かすきっかけになるので続けると良いと思います。

〈学習について〉
 私は中学一年生の頃からずっと、名進研で出された課題を期限内に終わらすことができませんでした。でも遅れた分、しっかり身につくよう丁寧に取り組みました。私はどんなことにもたくさん手を出すのではなく、一つ一つしっかり、確実にやっていくやり方が自分に合っていたと思いますが、人それぞれ適する勉強の仕方は異なると思うので、「自分なりの勉強法」を見つけると良いと思います。自信にもなりますよ‼
 みなさんは「メリハリをつけて」勉強できていますか?私はメリハリを上手につけられたと思っています。長い時間集中できずに勉強するよりも、短い時間集中して勉強した方がはかどると思っていたので、集中できないときは勉強しませんでした。友達と遊んだり、好きな雑誌を読んだり、テレビを見たりして息抜きをしました。中学三年生の冬期講習の初日、私はあるコンサートにどうしても行きたかったので名進研に遅刻して行きました。行かなかったら後悔すると思っていたので行き、そのかわり冬休み中はたくさん勉強しました。楽しみがあることで頑張れたので、コンサートに行って良かったと思っています。楽しみがあると頑張れます‼みなさんもメリハリをつけて勉強をしてみてください‼

〈入試〉
 とにかく問題文をよく読んで落ちついて解いてください。そしてしっかり寝ておくこと。この二つが大事だと思います。

〈最後に〉
 成績が良くないときもあると思いますが、一喜一憂せず、頑張ってください。応援しています‼

自分を信じて!

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高等学校に通う者です。皆さんの参考に少しでもなったらいいなと思います。

 まず始めに私が言いたいのは、受験勉強中行き詰まったりしたときには、この合格体験記やエールなどを読み返してください。私は何度もこの方法で助けられました。気持ちが軽くなるだけではなく、今自分がやるべきことを教えてくれるはずです。

 学習について
 人によって学習法はさまざまです。毎日勉強している人だって、試験直前になって猛勉強する人だっています。どの勉強法も間違っているとは思いません(私はコツコツ派でしたが)。受験勉強に挑むときにはまず自分にあった勉強法を見つけてください。無理やり周りに合わせたり、周りの人と比べたりしたりする必要はありません。最後まで自分を信じてあきらめずに努力すれば(自分なりに)努力は報われます。

 生活について
 睡眠時間は必ずとってください。夜遅くまでおきて勉強して、昼はうとうと…。ではあまりにも効率が悪すぎます。理想は、11時までには寝る‼

 直前のアドバイスとしては、今まで解いた問題をもう一度解くと、新しい問題を解くよりは自信がついていいかなと思います。初めての入試は誰でも緊張します‼そういうときに今までこれだけ努力したんだから‼と思えるとベストですね。
 私は私立の入試で思うような結果にならなくてすごく悔しい思いをしました。今思うと受験は悔しい思いをしたもん勝ちのような気がします。私の場合悔しい思いをすることによって、新たな目標が見えてくることが多くありました。失敗を恐れるな‼
 私立が終わったら、公立に頭をすぐに切り替えてくださいね。私も私立の結果がでて一日号泣してすぐ忘れました。話がそれますが、この私の忘れっぽい性格があだとなり私は何度もなくし物をしました。探す時間は本当にもったいないので、プリントなどの整理、整頓、心がけましょう。
 公立の入試に向けては基礎を確実に解けるようにしておけば大丈夫だと思います。

 最後に…
 一度掲げた目標は絶対に変えないでください‼どんなに厳しい状況でも‼目標は大きく持っておいた方がいいです。体も頭もそれにあうように動くようになりますよ。
 今まで支えてくださった名進研の先生方、本当にありがとうございました‼

頑張って良かったと思える学校へ

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは。入学から二日経って、いろんな事に驚きを感じている人です(笑)。というか合格者登校日からすごすぎる…(それは合格してからのお楽しみ(笑))。まだ入学して二日目で、やっとクラスのお友達が出来たくらいで、旭丘の魅力を語るなんてできないのでそろそろ本題へ。
 
1⃣
 志望理由:もちろんレベルで決めるのも大事ですが、私は雰囲気が一番重要だと思ってます。なぜなら、そこで三年間生活するからです。入学してから勉強だけじゃなく精神面でもエンジョイできるかです。そのために体験入学や文化祭は行くべし‼やっぱり百聞は一見にしかず‼うわさだけを信じてはいけませんよ?私も実際にいろいろ行きました。もちろん私立もです。受験の夏は大変だけどやっぱり見に行くことは大事‼

2⃣
 受験までの道のり:いつから本気で勉強漬けしなきゃいけないんだろう。と思ってる人も多いと思います。実際昨年四月の私はそう思ってました。でも思い返すと、「あれ?私真面目にやってた時期あった⁈」というくらい最高学年をエンジョイしてましたね(笑)。
 期末テスト直前にライブへ行った結果、とんでもないことに(しかも二学期(笑))。実際笑える出来事ではなかった…。クリスマスに焼肉パーティー、卒業式にスシロー。本当に勉強頑張ったか‼とタイトル書いた自分ですが思います。今は息抜きだったという形で片付けました(みなさんにはオススメしない)。危うく旭丘受けられない所だったからね‼ただ担任の先生が頑張ってくれただけなんです‼ハメを外しすぎず楽しんで‼

 私にとって受験の一番の敵は睡眠とスマホ類です。メチャメチャ早起きが苦手な私は、ほかっておくと起きるのは夕方5時です。一日何もできませんでしたー。っていう日が二月にもありました。あげくの果てに一月に学校遅刻しました(笑)(あれは本当に人生の終わりだと思った)。ということできちんと寝まショー。最低でも六時間は確保してあげて‼次にスマホ類。私は最後まで勝てなかった(笑)。本当にどうしようもなくなったら親に全て渡そう‼親はそんな簡単に返してくれない…ハズ‼

 最後になりましたが、金山校の先生方、GW特訓、日曜講座、正月特訓教室でお世話になった先生方ありがとうございました。特に三年になって自習時間より寝てる時間の方が多いだろ‼ってことで貼り紙まで作らせてしまい申し訳なかったと思っています。今、私は元気にやってます‼

 三年間本当にありがとうございました!!!

頑張れ受験生

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 私は旭丘高等学校に合格した者です。少しでも皆のお役に立てれば良いなと思います。

 まず、志望校選びについて。できるだけ多くの説明会や文化祭、勉強会に行くと良いです。私は十校以上行きました‼どれも各々の良さがありましたが、格別に楽しめて、絶対に行きたい‼と思える学校を見つけられ、モチベーションを高められました。本当に行きたかったら、反対されても、志望校は変えずに頑張って説得し、学力を高めるべきです。

 次に、内申点について。一人一人の先生の特徴を知ることに尽きます。質問されることが好きな先生、嫌いな先生、テスト重視、実技重視、授業・提出物重視の先生など、ほんとうに様々です。なんでもかんでも質問すれば良いんでしょと、授業で説明されていたことや調べれば簡単に分かることを質問していても、内申がもらえなかった人はいます。タイミングも大事で、オススメは自習の時間に先生の得意分野の質問をすることです(笑)。
 また、実技重視の先生なら、テストはそこまで頑張る必要はありません。85点以上はとれていれば大丈夫だと思います(平均にもよるが)。ちなみにテストは平均+30が一つの目安です。
 私は、三年の三学期の内申は満足のいくもので、余裕をもって受けることができました。内申は重要なので、頑張ってください。

 次に、メンタルについて。私は、メンタルが弱くて、いつも受からないかもと思ってました。絶対受かると励まされても、それがプレッシャーになって、嫌でした。でも、受かりたいんだという強い意志を持って、周りの友達と頑張っていきました。強い意志さえあれば大丈夫だと思うので、やはり志望校選びは、悔いなくしっかりと行ってください。

 今は、やることが多いなーと感じている人もいるかもしれませんが、意外と少なくて、あっという間でした。まずは、多くのテストで、確実に結果を出していき、私立対策をし、公立対策をしてもう終わりです。目の前のことに真剣に取り組んでいけば、案外大変じゃないですし、楽しいです。その時は、楽しいと思えない人もいるかもしれませんが、何にでも一生懸命やることは、本当に大切なことだし、大事な思い出になると思います。中学校での行事や生活を十分に楽しみながらも勉強頑張ってください。

 最後に。自校の先生をはじめ、お世話になった先生、多分名進研に通っていなかったら合格できていなかったと思うので、感謝しています。本当にありがとうございました。

人生は一度きり

2019年度 高校受験合格, 旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高等学校に通う者です。少しでも参考になれば嬉しいです。

○動機づけ
 私がこの高校を選んだのは、愛知県の公立高校の中で一番頭が良いと聞いたからです。とても単純な理由でした。でも、文化祭に行ってみると、学力だけではなく、旭丘高校の自由さや校舎のきれいさに驚きました。

○生活に関して
 とにかくたくさん寝てください。寝ることによって記憶が定着しますし、その日の疲れもとれます。夜遅くまで勉強するよりも、早く寝て、昼間集中してたくさん問題を解いたほうがいいです。ちなみに私は平日九時間、休日十一時間寝てました。

○学習について
 私が実践していたこと、大切にしていたことを紹介します。
・分からない問題は放置しない
 問題を解いていくとき、分からない問題がでてくると思います。そんな時、その問題を放置していませんか。考えても考えても分からないときは解説を読みましょう。それでも分からなかったら、先生に聞きましょう。「なるほど」と思うまで追究してください。
・宿題は必ずやる
 当たり前のことかもしれませんが、とても大事なことです。名進研のテキストはすごいです。その名の通り「完全制覇」できます。なので、宿題は欠かさずやってください。宿題だけでも十分な学力がつくはずです。また、宿題だけでは物足りないと思ったら、先生に言いましょう。名進研の先生方はプロです。何が苦手か、何が足りないか、何をすれば良いかを教えてくれるはずです。

○直前アドバイス
 私は中三の初め、成績も座席もとても下がって、名進研をやめようかと本気で思いました。そんな時、私に力をくれたのは、ある曲の歌詞「負けても、負けても終わりなんかじゃない。あきらめちゃったら、それが終わりなんだ」でした。志望校に内申点が届かなかったり、テストの順位が下がったりして、くじけそうになるかもしれません。それでも目標は絶対に下げないでください。
 可能性を捨てないでください。そうすれば夢は必ず叶います。自分と仲間と名進研の先生を信じて、つき進んでいってください。

他の合格体験記を見る

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求