名進研 合格体験記
menu
m

旭丘高校 合格体験記

内申点はやる気があるかが勝負!!

旭丘高校合格

 こんにちは‼私は、旭丘高校に合格し、毎日を楽しく過ごしています。

 私からは内申点についてコメントさせていただきます。「内申点は当日点をサポートする本当に大切なもの」です。なかなか難しいかもしれませんが、できるだけ上げる努力をしていきましょう。

■ポイント①【原因を探る】
 内申点をとれない原因を考えるのはとても大切な事です。何も考えずにがむしゃらに努力しても上がるとは限りません。まずは内申点をとれない原因を徹底的に考え、それが見つかった場合は、全力でカイゼンしましょう。もし、見つからない場合は、その教科を担当している先生に、どうしたら内申点が上がるかを尋ねましょう。質問されれば先生も答えてくれますし、もしかしたらその前向きな姿勢を評価してくれるかもしれません。

■ポイント②【意志を固める】
 学校選びについては、第一志望を手が届きそうにない、レベルの高い高校に設定することが大切です。そして、その志望を強い意志で変えないようにしましょう。私立に失敗しない限りは、意志を貫くことが大切です。そして、内申点を上げたい教科の先生には必ずその意志を伝えます。そうすることで、いつもより授業をしっかり受けようと、自らを律することもできますし、一つのアピールにつながるかもしれません。

■ポイント③【私立入試は公立入試の一部】
 私は、私立入試は公立入試の一部、と言っても過言ではないと思います。私立入試の時期になると、先生は受かりそうな人の内申点を気にかけてくれます。そこで、私立入試に落ちてしまうとどうでしょうか。私立入試に受かった人よりも劣っていると思われ、先生の評価も下がってしまうかもしれません。私立入試は公立入試という次があるから大丈夫だとは思わず、これも公立入試の一部だという気持ちを持ち、全力で挑みましょう。

■まとめ
 ポイント①~③を大切にしても内申点が上がらないこともあります。最終的な内申点は通知されるまで誰もわかりません。最も重要なポイントは、『自分のやる気をしっかり先生に伝えること』だと思います。内申点は当日点をサポートしてくれます。全力で上げないと最後には負けてしまいます。負けないで、しっかり勝ちましょう‼

Let’s go to 志望校!!

旭丘高校合格

 初めまして‼こんにちは(あるいはこんばんは?)。この春から旭丘高等学校に通うことになった者です。皆さんには内申点の取り方をお伝えしようと思います。ぜひ実戦してみて下さい‼

 まず一つ目に私が有効だと感じたのは(これは名進研の先生方が、よくおっしゃっていたことの受け売りになりますが……)、中学校での授業中に先生の目を見て相づちをうつことです。大げさすぎない程度に、軽くうなづいていると、だんだん先生も自分の方を向いて授業してくれるようになります。もちろん絶対に‼寝ることだけはNGで‼ギャグが面白くなくても笑う、という手もアリかもしれません。私はこの作戦で一年一学期3で超苦手だった体育が、最終的に5になりました。運動能力は、それほど進化してないのに。

 二つ目に私が「これ使える‼」と感じたことは、ノートまとめです。授業のノートとは別にもう一冊ノートを作って、分からなかったところ、苦手なところを徹底的にまとめます。この方法では、自分の不得意とするところをきちんと理解することができる上に、学校でのノート提出の時、ソッと二冊出すことによって、先生からの評価ダダ上がりです。間違いない‼

 しかし、ノートまとめに時間を取りすぎるのも良くないと思うので、毎日こつこつとまとめていって、テスト前に見ながら復習、という感じにすると良いと思います。受験前の少しの間に見返すこともできます。便利‼

 「えー。でも結局テストの結果じゃーん。」と思ったそこのアナタ‼ならばテスト対策の勉強方法もお教えしましょう‼テストやばい‼と思いあせって応用問題ばかり解いていても、良い結果は得られません(体験談)。

 テスト二週間前くらいから、一週間前は、基礎を必死に勉強した方が良いと思います。そこから応用をメチャクチャ解きまくって、テスト前日は、また基礎を忘れていないかのチェックと、数学なら語句を覚えるのがオススメです。

 今までいろいろ書きましたが、一番自分に合っている勉強方法が一番良いので、私の方法も参考にしつつ、自分にピッタリの勉強方法を探してみて下さい♪旭丘でまってまーす‼

諦めたら 試合終了

旭丘高校合格

 こんにちは。この春から旭丘高校に通う者です。
 実を言うと、私の三年生の一学期の内申は、37でした。当時から旭丘を目指していた私にとっては、お世辞にも良いと言える数字ではありませんでした。しかし、諦めることなく勉強し続けた結果、旭丘に合格することが出来ました‼今回は、私が内申点や実力を上げるためにしていたことを教科ごとに紹介したいと思います‼

⃝国語
 自分は国語が苦手ということを自覚していたので、夏休み前から早めの対策をしていました。先生から課題をもらい、一日一題を目安に解いていました。どの部分に注目するか、接続詞を意識する、などということはもちろん大切ですが、「慣れ」というのもかなり重要になってくると思います。毎日コツコツと解くことですぐではないですが、ある日突然力がついたことが実感できる日が来ます‼実際私も一月中旬ぐらいに正解率がぐんと上がりました‼

⃝数学
 数学も多くの問題を解いて慣れることが重要です。間違えた問題は解けるようになるまで何度も解き直すことが、何よりも大切です‼

⃝英語
 一・二年生で習った単語や連語を忘れていたら、早いうちに復習しておきましょう。また、長文読解も早いうちに取り組んでおいたほうが良いでしょう。先生に言ったらきっと課題をもらえます。私は夏休みから週二題ぐらいのペースで取り組んでいました。

⃝理科
 夏休みのうちに一・二年生で習った範囲を復習することをお勧めします。夏休みが終わると定期テスト、冬期講習、私立対策やらで忙しく、ゆっくりと復習をする暇がありません。復習は夏休みのうちに終わらせるようにしましょう‼また、理科は、よほど苦手でない限り夏期講習や冬期講習で使うテキストを、直しまでしっかりやっていれば大丈夫です。

⃝社会
 社会も理科と同様で、夏休みのうちに一・二年生の範囲を復習しましょう。しかし、社会は理科よりも丁寧に隅々まで復習した方が良いです。理科は計算問題がありますが、社会は無い代わりに細かいところまで聞かれたりします。また、年表は必ず夏休みのうちに覚えた方が良いです‼

 私はこの勉強を続けた結果、実力がつき、それに伴い43という内申点も得ることが出来ました。あなたも最後までめげずに頑張ってください‼

 最後に、今の私があるのは、本山校でお世話になった先生方のお蔭です‼本当にありがとうございました‼

成績を「持続的」に上昇させるためのコツ

旭丘高校合格

 受験生の皆さん、勉強は進んでいますか?ここでは、私なりの成績の伸ばし方について説明できればと思っていますので、ぜひ他の方の書かれた「合格体験記」と併せて参考にしていただければ幸いです。

 結論から言いますと、私は中学校三年間で内申点を6点上げ、最高内申点は44点をいただきました。もちろん最初からではなく、紆余曲折の末の結果です。細かい説明の前に、入試や内申点獲得、授業態度に対する私の考え方をお知らせしようと思います。

 皆さんは入試の本質は何だと思いますか?「よい高校に行くこと?」「人、または自分自身と競うこと?」もちろんその通りです。よい高校に行けば「ネームバリュー」がつきますし、人や自分自身と競うことで、より成長することができます。しかし、それに加えて、私は「自分に合った勉強の仕方を見つけること」というものがあると思います。様々な勉強の仕方を試し、その結果「自分にとって」の最適解を見つけるのです。あくまでも、人の方法論をそのまま取り入れるのではなく、いろんな人の方法論をブレンドすることが、重要だと思います。

 では、コツの紹介に移りましょう。

・授業中の先生の発言、プリント、テスト用紙は、全てもれなく保存すること‼
 なかなか難しいことです。しかし考えてみましょう。授業をするのも、プリントを作るのも、定期テストを作るのも、内申点をつけるのも、すべて各教科の先生です。プリントやテストの中に、ヒントがないわけがありません。漫画や映画でいえば、ストーリー(授業中の話やプリント、テストの文言)の中には、必ず結末(問いの答え)の伏線(ヒント)があるように。
 先生の発言、プリント、テスト用紙の重要性がわかったところで、どうやったら上手く保存ができるかということもお伝えしなければなりません。私のおすすめの方法は、以降の通りです。

① もらったプリント等々は種類別に、時系列に沿って挟んでおく。
…時系列を合わせておくことで、自分の成長度合いや、プリントを見たいときに、単元順にさかのぼっていけば、必ずたどり着けます。

② ノートの各ページ、各プリントの上部分に、授業日、対応する教科書、資料集のページ数、先生の発言の要旨、自分が思ったことを書いておく。
…グラフが頻出する理科や社会、要約や感想が求められる国語は、自分の考えと絡めながら覚えると効率が良いし、人としての教養も広がります。

③ 色ペン、暗記ペンを使って、「授業中」に内容をまとめる。
…「授業中に」ということが肝です。よくテスト勉強の時間中に、暗記ペンでマークしたり、まとめノートを作ったりしている人がいますが、私は、その時間がもったいないように思います。そもそも授業のプリント自体に要点は載っていることが多いですし、足りないことがあれば、そのプリントにメモ書きするだけで十分です。あくまでも「テスト勉強の目的は点数を上げて結果を出すことであり、まとめノートを作ることではない。」という事を忘れないようにしましょう。しかし、まとめることは大事ですし、頭の整理にも繋がります。そこで重宝していただきたいのが暗記ペンです。特に色の異なる二つの暗記ペンでぬり分け(例・歴史人物の「氏名」は赤色でぬり、「功績」は緑色でぬる。)れば、一枚のプリントで二つの事柄を把握でき、わざわざ手書きでまとめノートを作る必要もありません。

・「主体性」をもって学ぶ
…比較的最近から通知表の評価に加えられた部門です。「どうすればとれるか」、と考えても答えを出しにくいことが難しいように思います。私の中学校では、主体性を評価するため、ワークシートを書く機会が増え、「(単元を終えて)何を思ったか。解決するためにはどうすればよいか。」を問われることが多くありました。そこで私は以降のように観点を意識して書いていました。

① 先生の好きな言葉、単元のキーワードを利用する。
…授業を聞いていると、何度も登場する言葉、先生が気に入っていそうな言葉、自他が発言したときに、「これいいな」と思った言葉があると思います。国語の記述のように、このようなワークシートの採点・評価も「この言葉が入っているから○」という方式がとられているわけなので、是非その言葉を自分の文章に加えてみてください。

② 「学習を活かしてやりたいこと」を紹介する。
…「学んで終わり」では成長率は伸びないように私は思います。先生だって教えたことに生徒が興味をもって精力的に学べばうれしいでしょう。そこで例えば、「〇〇を今日は学びました。そこで、〇〇によく似た△△はどうなるのか個人的に調べてみたいです。」と書くわけです。

 しかし、このようなテクニックを成功につなげるには、次のポイントを抑えることが非常に重要です。

・心の底から、「勉強が好きだ」と考える事。
…自らの勉強法を確立するうえでは、情報の取捨選択が大切です。そして、情報の取捨選択を行う上で大切なことは、「まず受け入れる事」です。「自分」という存在だって変わっていくものです。「一年生の時はうまくいったやり方が二年生になってうまくいかなくなった。」なんてことは当たり前のことだと思います。だからこそ、たくさんの情報を仕入れ、取捨選択し、「自分に合った」勉強方法を見つけ出してあげることが重要です。テストの答えに正誤はありますが、勉強法にあるのは「自分に合っているか、そうでないか」です。この文章がその情報の一つになれば良いと思っています。

 何事もうまくいけば楽しいものです。楽しければ好きになりますし、好きになればより意欲的に取り組むでしょう。勉強だって例外ではありません。しかし、楽しいと感じるためには、そのための努力が必要です。努力が苦手な人に向けて、こんな考え方を紹介しましょう。

・「あなたは才能があるから勉強ができるのだよ」と成績のいい人が言われる場面はよくあります。しかし私はこう考えます。
 少なくとも勉強においては、才能が関係してくるのは、限りなく上位のグループであり、才能を理由に人の結果を自分とは別格だと認識することこそ、「才能」に屈しているのではないか。
 私自身、勉強の分野において才能がある人間ではありません。今私は晴れて旭丘に通っているわけですが、私よりすごい人なんて、万といます。これが「才能」なのかやはり「努力」なのかはもうしばらくしないと分からないですが、常に自分より上にいる人を尊敬し、自らの射程圏内に収めておくことが、より人として、成長する足掛かりとなるのではないでしょうか。

 私は私立で東海高校には残念ながら落ちてしまいました。やはり壁は高かったです。しかし、東海に受かった人たちを尊敬し、自分と何が違ったのかを洗い出し、残された時間を過ごしたことで、旭丘高校の合格をいただくことができました。常に目的と手段を入れ違えず、遠く先まで見渡すことで合格をつかみ取っています。旭丘高校で首を長くして待っています。頑張れ‼ゴールを引き寄せろ‼

4Dを言わない!

旭丘高校合格 M.A.さん

こんにちは。私の中学の体験が少しでもどなたかの力になればいいなと思い、ここに綴ります。ほんの少し、お付き合いください。

〈中一のみなさんへ〉
高校受験はもうすでに始まっている。
私は、中一の頃からそういうつもりで定期テストに挑んでいましたが、ここで大事なのは点数、ではなく……息の抜き方です。
五百点を目標に勉強しつつ、いかに自分のやりたいことや部活を両立させるか。その方法を探してください。今、失敗しても大丈夫です。私は中一の一年間をそういうふうに過したからこそ、中三まで大好きなピアノと部活を十一月まで続けながら、受験校全てに合格することができたのだと思います。

〈中二のみなさんへ〉
中二の一年間は、もしかしたら中三の夏休みより大切かもしれません。周りは中だるみで勉強をしなくなる人が多いです。しかも、ここで勉強をおろそかにし、中三で頑張っても成績が上がらない……という人が量産されます。
マラソンと同じです。ペースは上げなくてもいいので落とさないようにしてください。
今がチャンスであり落とし穴でもあります。

〈中三のみなさんへ〉
①4Dを言わないこと‼
4Dとは「だって、でも、どうせ、ダメ」のことです。これらを言っていては気持ちが沈む一方です。
②しがみつく‼
日曜講習や正月特訓教室で、「うわあ~」ってなるくらい、賢い人や問題に出会い、プライドがずったずたになるかもしれません。現に私は粉々になりました。そんなときは「こいつから学べるだけ学んでやる(メラメラ)」と、その人からは授業の受け方等々を、その問題からはしぼれるだけの学びを搾取しましょう。
③得意教科はつくらない‼‼‼(全部得意)
これは私の大好きな先生がおっしゃった言葉です。私は数学が壊滅的で嫌いになりかけていたのですが、大好きで得意な国語が得意に見えなくなるレベルに数学をもっていく、と見方を変えたところ、数学の力がぐんっとのびました。一律にレベルを高めていくほうが精神的に楽だと思いました(個人差㊒)。

~最後に~
いろいろなことを書きましたが、絶対に正しいと言えるものはないと思います。あくまで一参考として取り入れ、自分にあった勉強法で合格をつかみとってください。
校舎の先生、日曜講座などでお世話になった先生方、合格に導いてくださりありがとうございました。
名進研で勉強する時間が大好きでした‼

走れ受験生!

旭丘高校合格 A.H.さん

 旭丘高校に入学した者です。微力ながら、みなさんの受験勉強の参考になるアドバイスができたらと思います。

①勉強は効率よく
 受験生になると「やばい‼勉強しなきゃ‼」と焦る人が多いと思います。私もそうで、特に夏休みは、遊んだら落ちると思い込み、朝から晩まで勉強する日々でした。しかし教室長から「このままだとオーバーヒート(簡単に言うと勉強のやる気が急になくなってしまうこと)するから、明日一日は勉強せずに遊んだらいい」と言ってもらい、それを機に適度に休む日をつくり、勉強を飽きさせないように心掛けました(先生あの時はありがとうございました‼おかげで今があります‼)。
 受験生の一年間は終わってみればあっという間ですが、休み無しで、ずーっと勉強は普通無理ですよ‼受験生でも遊んだりしてもいいと思います。切り替えが大事です‼

②内申は大切
 受験が終わったからこそ言えることですが内申は大切です。内申がなくても実力があれば合格できるのは確かですが、入試本番、当日点を絶対に取らないといけない状況では、リラックスして入試に臨めないと思います。
 入試が終わった後でも、緊張などでちょっとしたミスなどは必ずあり不安になりますが、内申があると合格発表までの安心感は違いますよ。内申はやはり先生とのコミュニケーションだと思います。公立高校を受ける方‼一点がものすごく大切になります。
 内申は取りましょう‼

③情報はあれば得‼
 私は中三のとき旭丘の先輩方に話を伺う機会が何度もあり、勉強方法や校風など様々なことを聞け、モチベーションにも繋がっていました。友達とも勉強方法などを共有していました。
 みなさんも機会があればいろいろな情報を集めて、その中の自分に合った情報を上手く活用しましょう‼(私は全ての情報を鵜呑みにしてしまい、オーバーフローになりました。気をつけてください‼)

最後に
 名進研の先生方には勉強する環境を作ってくださり、私の悩み事にいつも一緒に向き合ってくださって感謝しかないです。先生たち働き過ぎ注意ですよ。こんなに生徒のことを思ってくれる先生方はいないです‼今まで本当にありがとうございました‼

サクラ咲け

旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高校に通っている者です。僕は今からみなさんに、公立高校入試に向けての勉強方法をアドバイスしたいと思います。

〈国語〉
 一日一題、長文を解く(二日に一題でもかまいません)。とにかく国語に関しては、日頃から初見の問題に慣れておくことが非常に大切です。

〈数学〉
 数学は暗記単元がほとんどと言っていいほどないので、後回しされがちですが、これも国語と同様、一日一題のペースで問題に取り組みましょう。日頃から慣れておくことが必要です。

〈社会〉
 社会は覚えることが多いので、面倒くさいかもしれませんが、やりましょう。逆に言えば、覚えればできる教科でもあるので、高得点は狙いやすいかと思います。覚えるためにすると良いのが、ノートにまとめるという作業です。例えば、歴史であれば時代ごとにまとめることで、時代の流れなどが分かりやすくなります。しかも、このノートは入試直前に見ておくと良い最高のアイテムにもなります。僕はこのノートを冬休み頃に作りましたが、夏休みにやっておけばよかったと後悔しています。みなさんもぜひ早めに作っておくことをオススメします。

〈理科〉
 理科は五教科の中で一番差がつきやすい教科かと思います。暗記単元に関しては覚えましょう。社会よりは楽だと思うので。理科の中で特に差がつくのは、計算問題(特に物理)だと思います。これは問題をひたすら解きまくるのが良いと思います。そして、分からないところがあれば、必ず学校や名進研の先生に聞きましょう。理科は苦手をつぶしていくことに尽きると思うので、ぜひ先生方を頼ってください。

〈英語〉
 英語はとにかく単語、連語を覚えましょう。最低でも連語だけは覚えておきたいです。英語は長文読解が苦手という人もいると思いますが、長文はすべてを完璧に訳す必要はないと思ってください。すべてを訳さなくても解けるようになっていることが多いので、そこは安心して解きましょう。

 以上、僕がやってきた勉強方法の紹介でした。これがみなさんに少しでも役に立つと嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。みなさんに幸せな春がくることを願っています。ガンバレ‼名進研生‼

受験勉強のポイント

旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高校に通う者です。受験勉強を振り返って、大事だと思ったこと、注意すべきことを挙げていきたいと思います。僕個人の意見ですが、参考にしていただけると嬉しいです。

〈生活習慣〉
 人それぞれだとは思いますが、基本的に夜更かしをせず、三食きちんと摂ればOKです。勉強云々の前に食事と睡眠に関することをしっかり行うのが大切になります。あと、個人的な意見ですが、徹夜はあまりおすすめしません。←これに関しては本当に人それぞれ。

〈学習のポイント〉
○国語
 この教科嫌いな人、多いでしょう?個人的に好き嫌いが一番分かれる教科だと思います。僕も昔嫌いでした。沢山解くうちに感覚が掴めたので少し書いておきます。まず、論説と小説は問題文を「よく」読みましょう。問われていることが分かったら、本文の意味・文脈から答えを出します。その際、指示語・接続語を探し、繋がりを意識して読みましょう。古文は重要な表現を最優先にやりましょう(文末とか)。いずれもコツがあるので沢山解きましょう。
○数学
 一番苦労しました。主に図形とかいうやつのせいです。たくさんやりましょう。校舎の先生からプリントをもらうのも手です。直前まで図形ダメダメだったのは内緒。
○社会
 地図帳の後ろにある○○の順位を世界/日本で覚えておくと楽。とにかく覚えるべし。
○理科
 数学+社会割る二が理科だと思っています。計算が苦手な人は公式覚えて数をこなし、それ以外は単語と意味をおさえましょう。
○英語
 速く読めると断然有利です。内容自体は簡単な国語なので、丁寧にやればOK。イディオムも勉強しましょう。継続が重要です。

〈直前・当日〉
 見込める点数と内申を照らし合わせてボーダーに届くか考え、やるべき教科・部分をひたすらやりましょう。上位層の子はミスを削ることを意識してください。ボーダーに届くか、という思考は当日でも役に立ちます。
 僕は二限の数学で華麗にミスしましたが、そのときに、これぐらいの点が要るから、この問題は落としてもいい、といった感じに、問題を解く優先度をつけました。それをしたから、余計な減点がなかったと思っています。

〈最後に〉
 受験生になると、どうしても誰かと比べて、自分はどうだと考えたくなりがちですが、それは人それぞれですから自分の力だけを常に分析しましょう。
 皆さんの来春が桜色でありますように。
 最後になりますが、私立対策・正月特訓教室・公立対策で教えて下さった先生方、それから所属校の先生方、本当にありがとうございました。

合格に向けて

旭丘高校合格

こんにちは。僕は、旭丘高校を受験するまでの中三の生活と勉強方法について書きたいと思います。

まず僕は勉強時間を増やすために、今までの生活を見直しました。休日は友達と遊ぶのをやめて、一日七時間を目安に勉強しました。いろいろな欲を振り払って、勉強だけに集中することは簡単ではないと思う人も多いと思いますが、なんでも慣れです。だから、いきなり勉強時間を増やすよりは、一年生、二年生のうちから徐々に、徐々に増やしていった方が苦痛は軽減されるかもしれません。

夏休みが終わり、部活も引退したので、周りも受験ムードになってきます。そこで僕はもう一度自分の生活を見直すことにしました。平日は六時間、休日は十時間を目安にして、一日のうちに必ず五教科勉強するというルールを加えて、そこから半年間勉強しました。

勉強をするときは、特に「自分の力で理解する」ことを重要視しました。わからない問題をすぐ先生に質問するのではなく、一日置いて、次の日もう一度考えてから、それでも分からないときに質問するようにしました。質問の前にワンクッション置くことで、自分で考えようとすることが習慣づいたと思います(個人の感想です)。

十月、模試の結果が安定してきたので、僕はここで第一志望校を旭丘高校に決めました。一学期にも学校などで進路希望調査がありますが、焦って決める必要はありません。進路は、今後の人生を大きく左右するものなので、ゆっくり決めた方がいいと思います。

冬休みに入ると、追い込みの時期に入ってくるので、僕はひたすら私立入試の過去問を解きました。私立の問題が解けるようになると必然的に公立の問題も解けるようになっていきます。公立が第一志望でも私立対策を抜かりなくやっておいた方が得ですよ。

私立入試が終わると公立対策に入りますが、ここで厄介なのが、私立の推薦入試を終えた人たちの誘惑です。いかにしてその誘惑を振り払って一か月間勉強に集中するか、が大切になってきます。
公立入試までの一か月は、特別なこと、新しいことをするのではなく、今までやってきたことの見直しを念入りにするのが効果的だと思います。

入試の神様は、努力している人たちを裏切りません。
最後に、名進研には、受験を全力でサポートしてくれる先生がいます。戦っているのは自分一人ではありません。困った時は、先生に頼りましょう。合格することは、先生への恩返しにもなります。

激闘を終えた今、後輩たちへ

旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高等学校に通っている者です。

〈生活に関して〉
 私は中学三年生の途中から、夜型から朝型の生活にしました。勉強をできるだけ朝やり、夜は眠たくなったらすぐに寝ました。朝はとても静かで集中できるし、時間が過ぎるのが長く感じて勉強がはかどると思うので朝型の生活はオススメです。
 小学生の頃からずっと、私は習い事を続けています。ずっと勉強していてもはかどらないので、習い事で体を動かしたり自分の好きなことをすることで気分転換になって勉強にも集中できたと思っています。特に、運動系の習い事は、部活が終わってからでも体を動かすきっかけになるので続けると良いと思います。

〈学習について〉
 私は中学一年生の頃からずっと、名進研で出された課題を期限内に終わらすことができませんでした。でも遅れた分、しっかり身につくよう丁寧に取り組みました。私はどんなことにもたくさん手を出すのではなく、一つ一つしっかり、確実にやっていくやり方が自分に合っていたと思いますが、人それぞれ適する勉強の仕方は異なると思うので、「自分なりの勉強法」を見つけると良いと思います。自信にもなりますよ‼
 みなさんは「メリハリをつけて」勉強できていますか?私はメリハリを上手につけられたと思っています。長い時間集中できずに勉強するよりも、短い時間集中して勉強した方がはかどると思っていたので、集中できないときは勉強しませんでした。友達と遊んだり、好きな雑誌を読んだり、テレビを見たりして息抜きをしました。中学三年生の冬期講習の初日、私はあるコンサートにどうしても行きたかったので名進研に遅刻して行きました。行かなかったら後悔すると思っていたので行き、そのかわり冬休み中はたくさん勉強しました。楽しみがあることで頑張れたので、コンサートに行って良かったと思っています。楽しみがあると頑張れます‼みなさんもメリハリをつけて勉強をしてみてください‼

〈入試〉
 とにかく問題文をよく読んで落ちついて解いてください。そしてしっかり寝ておくこと。この二つが大事だと思います。

〈最後に〉
 成績が良くないときもあると思いますが、一喜一憂せず、頑張ってください。応援しています‼

自分を信じて!

旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高等学校に通う者です。皆さんの参考に少しでもなったらいいなと思います。

 まず始めに私が言いたいのは、受験勉強中行き詰まったりしたときには、この合格体験記やエールなどを読み返してください。私は何度もこの方法で助けられました。気持ちが軽くなるだけではなく、今自分がやるべきことを教えてくれるはずです。

 学習について
 人によって学習法はさまざまです。毎日勉強している人だって、試験直前になって猛勉強する人だっています。どの勉強法も間違っているとは思いません(私はコツコツ派でしたが)。受験勉強に挑むときにはまず自分にあった勉強法を見つけてください。無理やり周りに合わせたり、周りの人と比べたりしたりする必要はありません。最後まで自分を信じてあきらめずに努力すれば(自分なりに)努力は報われます。

 生活について
 睡眠時間は必ずとってください。夜遅くまでおきて勉強して、昼はうとうと…。ではあまりにも効率が悪すぎます。理想は、11時までには寝る‼

 直前のアドバイスとしては、今まで解いた問題をもう一度解くと、新しい問題を解くよりは自信がついていいかなと思います。初めての入試は誰でも緊張します‼そういうときに今までこれだけ努力したんだから‼と思えるとベストですね。
 私は私立の入試で思うような結果にならなくてすごく悔しい思いをしました。今思うと受験は悔しい思いをしたもん勝ちのような気がします。私の場合悔しい思いをすることによって、新たな目標が見えてくることが多くありました。失敗を恐れるな‼
 私立が終わったら、公立に頭をすぐに切り替えてくださいね。私も私立の結果がでて一日号泣してすぐ忘れました。話がそれますが、この私の忘れっぽい性格があだとなり私は何度もなくし物をしました。探す時間は本当にもったいないので、プリントなどの整理、整頓、心がけましょう。
 公立の入試に向けては基礎を確実に解けるようにしておけば大丈夫だと思います。

 最後に…
 一度掲げた目標は絶対に変えないでください‼どんなに厳しい状況でも‼目標は大きく持っておいた方がいいです。体も頭もそれにあうように動くようになりますよ。
 今まで支えてくださった名進研の先生方、本当にありがとうございました‼

頑張って良かったと思える学校へ

旭丘高校合格

 こんにちは。入学から二日経って、いろんな事に驚きを感じている人です(笑)。というか合格者登校日からすごすぎる…(それは合格してからのお楽しみ(笑))。まだ入学して二日目で、やっとクラスのお友達が出来たくらいで、旭丘の魅力を語るなんてできないのでそろそろ本題へ。
 
1⃣
 志望理由:もちろんレベルで決めるのも大事ですが、私は雰囲気が一番重要だと思ってます。なぜなら、そこで三年間生活するからです。入学してから勉強だけじゃなく精神面でもエンジョイできるかです。そのために体験入学や文化祭は行くべし‼やっぱり百聞は一見にしかず‼うわさだけを信じてはいけませんよ?私も実際にいろいろ行きました。もちろん私立もです。受験の夏は大変だけどやっぱり見に行くことは大事‼

2⃣
 受験までの道のり:いつから本気で勉強漬けしなきゃいけないんだろう。と思ってる人も多いと思います。実際昨年四月の私はそう思ってました。でも思い返すと、「あれ?私真面目にやってた時期あった⁈」というくらい最高学年をエンジョイしてましたね(笑)。
 期末テスト直前にライブへ行った結果、とんでもないことに(しかも二学期(笑))。実際笑える出来事ではなかった…。クリスマスに焼肉パーティー、卒業式にスシロー。本当に勉強頑張ったか‼とタイトル書いた自分ですが思います。今は息抜きだったという形で片付けました(みなさんにはオススメしない)。危うく旭丘受けられない所だったからね‼ただ担任の先生が頑張ってくれただけなんです‼ハメを外しすぎず楽しんで‼

 私にとって受験の一番の敵は睡眠とスマホ類です。メチャメチャ早起きが苦手な私は、ほかっておくと起きるのは夕方5時です。一日何もできませんでしたー。っていう日が二月にもありました。あげくの果てに一月に学校遅刻しました(笑)(あれは本当に人生の終わりだと思った)。ということできちんと寝まショー。最低でも六時間は確保してあげて‼次にスマホ類。私は最後まで勝てなかった(笑)。本当にどうしようもなくなったら親に全て渡そう‼親はそんな簡単に返してくれない…ハズ‼

 最後になりましたが、金山校の先生方、GW特訓、日曜講座、正月特訓教室でお世話になった先生方ありがとうございました。特に三年になって自習時間より寝てる時間の方が多いだろ‼ってことで貼り紙まで作らせてしまい申し訳なかったと思っています。今、私は元気にやってます‼

 三年間本当にありがとうございました!!!

頑張れ受験生

旭丘高校合格

 私は旭丘高等学校に合格した者です。少しでも皆のお役に立てれば良いなと思います。

 まず、志望校選びについて。できるだけ多くの説明会や文化祭、勉強会に行くと良いです。私は十校以上行きました‼どれも各々の良さがありましたが、格別に楽しめて、絶対に行きたい‼と思える学校を見つけられ、モチベーションを高められました。本当に行きたかったら、反対されても、志望校は変えずに頑張って説得し、学力を高めるべきです。

 次に、内申点について。一人一人の先生の特徴を知ることに尽きます。質問されることが好きな先生、嫌いな先生、テスト重視、実技重視、授業・提出物重視の先生など、ほんとうに様々です。なんでもかんでも質問すれば良いんでしょと、授業で説明されていたことや調べれば簡単に分かることを質問していても、内申がもらえなかった人はいます。タイミングも大事で、オススメは自習の時間に先生の得意分野の質問をすることです(笑)。
 また、実技重視の先生なら、テストはそこまで頑張る必要はありません。85点以上はとれていれば大丈夫だと思います(平均にもよるが)。ちなみにテストは平均+30が一つの目安です。
 私は、三年の三学期の内申は満足のいくもので、余裕をもって受けることができました。内申は重要なので、頑張ってください。

 次に、メンタルについて。私は、メンタルが弱くて、いつも受からないかもと思ってました。絶対受かると励まされても、それがプレッシャーになって、嫌でした。でも、受かりたいんだという強い意志を持って、周りの友達と頑張っていきました。強い意志さえあれば大丈夫だと思うので、やはり志望校選びは、悔いなくしっかりと行ってください。

 今は、やることが多いなーと感じている人もいるかもしれませんが、意外と少なくて、あっという間でした。まずは、多くのテストで、確実に結果を出していき、私立対策をし、公立対策をしてもう終わりです。目の前のことに真剣に取り組んでいけば、案外大変じゃないですし、楽しいです。その時は、楽しいと思えない人もいるかもしれませんが、何にでも一生懸命やることは、本当に大切なことだし、大事な思い出になると思います。中学校での行事や生活を十分に楽しみながらも勉強頑張ってください。

 最後に。自校の先生をはじめ、お世話になった先生、多分名進研に通っていなかったら合格できていなかったと思うので、感謝しています。本当にありがとうございました。

人生は一度きり

旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高等学校に通う者です。少しでも参考になれば嬉しいです。

○動機づけ
 私がこの高校を選んだのは、愛知県の公立高校の中で一番頭が良いと聞いたからです。とても単純な理由でした。でも、文化祭に行ってみると、学力だけではなく、旭丘高校の自由さや校舎のきれいさに驚きました。

○生活に関して
 とにかくたくさん寝てください。寝ることによって記憶が定着しますし、その日の疲れもとれます。夜遅くまで勉強するよりも、早く寝て、昼間集中してたくさん問題を解いたほうがいいです。ちなみに私は平日九時間、休日十一時間寝てました。

○学習について
 私が実践していたこと、大切にしていたことを紹介します。
・分からない問題は放置しない
 問題を解いていくとき、分からない問題がでてくると思います。そんな時、その問題を放置していませんか。考えても考えても分からないときは解説を読みましょう。それでも分からなかったら、先生に聞きましょう。「なるほど」と思うまで追究してください。
・宿題は必ずやる
 当たり前のことかもしれませんが、とても大事なことです。名進研のテキストはすごいです。その名の通り「完全制覇」できます。なので、宿題は欠かさずやってください。宿題だけでも十分な学力がつくはずです。また、宿題だけでは物足りないと思ったら、先生に言いましょう。名進研の先生方はプロです。何が苦手か、何が足りないか、何をすれば良いかを教えてくれるはずです。

○直前アドバイス
 私は中三の初め、成績も座席もとても下がって、名進研をやめようかと本気で思いました。そんな時、私に力をくれたのは、ある曲の歌詞「負けても、負けても終わりなんかじゃない。あきらめちゃったら、それが終わりなんだ」でした。志望校に内申点が届かなかったり、テストの順位が下がったりして、くじけそうになるかもしれません。それでも目標は絶対に下げないでください。
 可能性を捨てないでください。そうすれば夢は必ず叶います。自分と仲間と名進研の先生を信じて、つき進んでいってください。

高校0年生へ

旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高等学校に通っている者です。僕の経験、考え方が少しでも皆さんの役に立てばと、今、この文章を書いています。志望動機は様々だと思うので、入試に向けての勉強のコツ、内申点を取るためのコツ、入試日直前の調整方法など、合格に必要なことを伝えたいと思います。

 ① 勉強のコツ
 「まだ時間があるし、夏休みとかに復習すれば大丈夫‼」とか思っていませんか?僕はその考え方はオススメできません。その場でその内容を完璧にするようにしてください。部活とかも大変でしょうし、休みの日はゆっくりしたいのではないでしょうか。となると、復習して内容を理解し直すのは難しいと思います。
 時間ができたのなら、名進研のテキストを完璧にしましょう。全ての問題パターンに触れて、本番でどんな問題が出ても解けるような経験値と解法を身に付けてください。間違えた問題は、なぜ間違えたのか徹底的に分析してください。合っていた問題も、もっと早く答えにたどりつく方法はなかったのかを探りましょう。

 ② 内申点を取るためのコツ
 内申点も合否を分けるとても重要な課題です。「ちゃんとやってるのに、なんで上がらないの?」「下がるなんて思ってなかった、テストもうまくいったのに、何でだろう…」と思っている人も少なくはないでしょう。やることをこなすだけでは、良い内申点はもらえません。先生の前で良い意味で目立ってください。このことに関して実際に僕がやったのは、先生の目を見て話を聞き、相槌を打つ。授業の始まりと終わりの挨拶は誰よりも大きな声で。常に笑顔で明るく。などです。

 ③ 入試日直前の調整方法
 「落ちついて解け。」と周りから言われるかもしれません。「落ちつけ。」と声に出して自分に言い聞かせても、焦りが増すことでしょう。そんな時、〔集中〕が一番大切です。問題文をよく読み、何を答える問題なのか、何か条件はないか…決して疎かにしてはいけません。どれだけ集中できるかで、また合否が分かれるでしょう。

 読んで頂きありがとうございました。皆さんが第一志望校に合格することを願っています。もし、第一志望校が旭丘高校なら、そして、もし合格できたのなら、バスケットボール部で待っています。一緒にバスケできることを楽しみにしています。頑張ってください‼

楽しんだもの勝ち

旭丘高校合格

 皆さん、こんにちは。私は旭丘高等学校に合格した者です。

 もう自分が行きたい高校は決まっていますか?
 私は、中三の夏休みになっても自分が行きたい高校が決まっておらず、あせっていました。旭丘高校だけは絶対行けないと思っていたのですが、明和高校の文化祭や向陽高校の説明会に行ってもビビッとくるものがなく(個人の感想です)、どんな感じなのか一応見に行くかという軽い気持ちで旭丘の文化祭に行きました。そこでの学校の雰囲気や生徒のいきいきした表情にひかれ、旭丘もいいなと思い始めたんです。
 人から聞いたり、インターネットで調べたりして情報収集するのもその高校を知る手段として有効ですが、やっぱり実際に行って自分で雰囲気を感じるのが一番です。
 まだ行きたい高校が決まってない人や、一応決めたけれどなんかしっくりこないなぁと思っている人は、いろいろな高校に行くことをオススメします。ビビッとくる高校に出会えるはず!

 次は、勉強についてです。
 まず、中三の夏休みはニガテつぶし+歴史の流れを覚えるということに使うといいと思います。夏休みが明けたら、行事もあるし定期テストのために中三の内容をしっかり勉強しなくてはならないので、中一、中二の内容を復習する時間がなかなかとれません。
 歴史も、夏休みに年号を覚えたり、日本と世界の出来事を結びつけたりしておくと、後の勉強が大分ラクになると思います。私は夏休み歴史の勉強をあまりしなかったのですが、後でつらい思いをしました…。
 そして、模試は問題を解いた時間の倍以上を使って答え合わせ&間違い直しをしてください(特に社会)。模試は、どんな問題が本番で出るかを予想し、その中でも厳選されたもの達がつまったテストです。いい問題しかない‼合っていた問題でも、解説を読むと役に立つことが載っていたりします。やみくもに問題を解くより、一つ一つ完璧に理解していったほうが効率がいいです!

 最後に、入試当日について。
 当日に不安になっても何もいいことはありません。ポジティブにいきましょう!私は「私が受からなかったら他に誰が受かるのよ」っていうくらいの強気でいきました(笑)。あと、失敗をひきずらない。
 私は入試本番に二点問題を凡ミスしてしまいましたが、切りかえて残りの教科に挑んだら大丈夫でした。放課は廊下に出たり、お茶を飲んだりするとリフレッシュできます。
 模試は入試本番、本番は模試だという感覚でいきましょう!最終的には楽しんだもの勝ちです。

 ここまで長文を読んでくださりありがとうございました。つらいときもあるかと思いますが、それを乗り越えた先には素敵な高校生活が待っています!自分を信じて頑張ってください!

楽しんだもの勝ち

旭丘高校合格

 皆さん、こんにちは。私は旭丘高等学校に合格した者です。

 もう自分が行きたい高校は決まっていますか?私は、中三の夏休みになっても自分が行きたい高校が決まっておらず、あせっていました。旭丘だけは絶対ないと思っていたのですが、明和高校の文化祭や向陽高校の説明会に行ってもビビッとくるものがなく(個人の感想です)、どんな感じなのか一応見に行くかという軽い気持ちで旭丘の文化祭に行きました。そこでの学校の雰囲気や生徒のいきいきした表情にひかれ、旭丘もいいなと思い始めたんです。
 人から聞いたり、インターネットで調べたりして情報収集するのもその高校を知る手段として有効ですが、やっぱり実際に行って自分で雰囲気を感じるのが一番です。
 まだ行きたい高校が決まってない人や、一応決めたけれどなんかしっくりこないなぁと思っている人は、いろいろな高校に行くことをオススメします。ビビッとくる高校に出会えるはず‼

 次は、勉強についてです。
 まず、中三の夏休みはニガテつぶし+歴史の流れを覚えるということに使うといいと思います。夏休みが明けたら、行事もあるし定期テストのために中三の内容をしっかり勉強しなくてはならないので、中一、中二の内容を復習する時間がなかなかとれません。歴史も、夏休みに年号を覚えたり、日本と世界の出来事を結びつけたりしておくと、後の勉強が大分ラクになると思います。私は夏休み歴史の勉強をあまりしなかったのですが、後でつらい思いをしました…。
 そして、模試は問題を解いた時間の倍以上を使って答え合わせ&間違い直しをしてください(特に社会)。模試は、どんな問題が本番で出るかを予想し、その中でも厳選されたもの達がつまったテストです。いい問題しかない‼合っていた問題でも、解説を読むと役に立つことが載っていたりします。やみくもに問題を解くより、一つ一つ完璧に理解していったほうが効率がいいです‼

 最後に、入試当日について。当日に不安になっても何もいいことはありません。ポジティブにいきましょう‼私は「私が受からなかったら他に誰が受かるのよ」っていうくらいの強気でいきました(笑)。あと、失敗をひきずらない。
 私は入試本番に二点問題を凡ミスしてしまいましたが、切りかえて残りの教科に挑んだら大丈夫でした。放課は廊下に出たり、お茶を飲んだりするとリフレッシュできます。
 模試は入試本番、本番は模試だという感覚でいきましょう‼最終的には楽しんだもの勝ちです。

 ここまで長文を読んでくださりありがとうございました。つらいときもあるかと思いますが、それを乗り越えた先には素敵な高校生活が待っています‼自分を信じて頑張ってください!

合格を勝ち取るために

旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高校に通っている者です。ここでは僕が受験までに大切にしたことを書きたいと思います。

 まずはたくさん問題を解いて苦手をなくすことです。僕は中学三年一学期の期末テストの結果が悪かったことを受けて、「数学は夏期講習のテキストを二周解く」、「国語は毎日文章題を解いて読解力を伸ばす」というように苦手をなくすための目標を立てました。そして夏休みは目標達成のためにほぼ毎日自習室に行って、夏期講習や通常授業のテキストをひたすら解きました。その結果基本を定着させた状態で二学期以降の勉強に取り組むことができ、数学のテストの点数も大きく伸びました。目標意識をもって勉強することが苦手克服への近道です。

 二つ目は分からない問題をそのままにしないことです。二学期からは日曜講座や私立対策が始まり、取り組む問題の難度が一気に上がります。初めての日曜講座のとき、問題の難しさにとても驚いたことは今でも覚えています。しかし難しい問題に対応するためには解き方を覚えるしかありません。分からなかった問題は必ず先生やチューターに質問するようにしてください。解説を読んで理解しようとするのは正しい解き方が分からないまま理解した気になったり、ますます問題の意味がわからなくなったりしてしまうので逆効果です。また、同じミスを繰り返すのを防ぐために、間違えた問題はその原因と正しい解き方をメモしておくといいです。

 三つめはメンタルを強く保つことです。僕は内申点が下がったり模試の結果が悪かったりして苦労することが何度もありました。特に入試の直前に分からない問題に多く直面し、かなりショックを受けました。しかしそのようなときでも「絶対に合格する」という気持ちを持ち続けた結果、合格することができました。受験の前はどんなことがあっても絶対にマイナスにとらえないでください。テレビを見たりして気分転換するのもメンタルを保つために大切です。

 受験までにはいろいろなことがありますが、「絶対合格する」という気持ちがあればきっと乗り越えられます。決してあきらめないでください。皆さんの第一志望校合格を心から願っています。

 最後に、今まで僕を支えてくださった名進研の先生方、ありがとうございました。

カコモンください…

旭丘高校合格

 こんにちは!旭丘高校に通っている者です。

 突然ですがみなさんは過去問を使いこなせてますか?
 定期テスト前や受験前に使いますが過去問のすごい点を知り、意識して用いることで、これまで以上に効果的な勉強ができるはずです。ちなみに僕は過去問に魅せられた人間で定期テスト前はずっと過去問を解いていました。そしたらいつの間にか部屋が紙でカオスと化していましたが…(汗)

 それはさておき。
 過去問のすごい点
 ① 傾向をつかむことができる。
 ② 取りこぼしを防ぐことができる。
 特に重視したいのが②で過去問以外ではなかなか補えません。定期テストではときどき定期テストならではの、すみのすみをつくような問題がでます。過去問でそのすみのすみに気付ければ、本番で取りこぼす可能性もぐっと減ります。

 では過去問を使いこなせていない(そもそもあまり使っていない)人の理由は何でしょう?
 ① 先生に過去問をたのむのが面倒
 ② 範囲外の問題があるのが嫌
 みなさんにあてはまる理由はありますか。①だったあなたへ。確かにその気持ちよくわかります。しかし、こんな経験いつかはすると思います。長時間必死に自習した後、先生との「過去問ください」から始まるたわいもない会話に、自分の勉強をしすぎて乾いた心が満ちていくということを。面倒くさがらないでください。その短い会話は受験期では大きな意味をもつものです。
 ②だったあなたへ。逆転の発想をしてみませんか。どうせ受験では全部でるんです。それに僕自身、範囲外のところを解いていたら次の定期テストの勉強が楽になったこともあります。範囲外の問題を解くのも目先を見れば嫌ですが、長い目で見ればそんなに悪いことじゃありませんよ。

 最後に。いろいろ書きましたがこれを一つの参考としてもらえればうれしいです。みなさんの第一志望校合格を願っています。
 頑張って!

勉強だけが全てじゃない

旭丘高校合格

 こんにちは。僕は、旭丘高校に通っています。これを読んでいる皆さんは、学習方法や内申の話を期待しているかもしれませんが、そこは他の人に任せて(笑)、その他の大切なこと話します。

《体調管理》
 皆さんは自分の体を大切にしていますか?僕は公立Bグループ入試前日に風邪をひいてしまい、とても辛い思いをしました。喉は痛いし鼻水は出るし…(泣)。もしこれがAグループ(旭丘)の入試の日だったら、と思うと今でも背筋が凍りつきそうです。
 毎日三食しっかり食べ、良く寝て、適度な運動をして…。言い出したらキリがないですが、一番大切だと思うことは『手洗い』『うがい』そして『マスク』です。僕はマスクなんてつけたことがなく最初は抵抗がありましたが、中三の冬に初めてマスクの素晴らしさを知りました(汗)。菌やウィルスを吸い込まなければ良いのです。学校でも塾でもマスクは絶対にしてください。

《メンタル》
 え?メンタルがどうした?と思った皆さん。メンタルの重要性は計り知れません。学校では特に秋頃から周りも全員ピリピリモード。机の上から物を「落とす」と縁起が悪いと責められます(笑)。そんな中で大事なのは、周りに流されないことです。
 受験当日、周りが何と言おうとも、『これだけやってきた自分が受からずして誰が受かるんだ‼』という強い気持ちで挑んでください。メンタルで負けていてはダメです。そして少しでも気持ちを落ち着かせる自分なりの方法を見つけてください。深呼吸、手のひらに人という文字を書く、目をとじる、どんな方法でもかまいません。それを準備しておくだけで安心感が違ってきます。

 勉強以外のことを色々お話ししましたがどうでしたか?

 最後に、悩むことが出てきた時には名進研の先生に相談してみてください。必ず助けになる強い味方です。受験が終わった今、先生方には本当に感謝しています。
 高い目標を持って第一志望校合格に向け突き進んでください。
 がんばれ‼名進研生‼

受験の心得

旭丘高校合格

 受験生のみなさん、こんにちは。旭丘高校に合格した者です。みなさんは今(寄稿当時)、部活も終わる時期で、「受験」という実感がわいてきた頃ではないでしょうか。勝負の夏休み、頑張ってくださいね。さて少し気が早いですが、僕は受験直前、そして受験当日についてお話ししたいと思います。
 
1⃣受験直前
 みなさん、受験直前は何をしたらいいと思いますか?いつもと同じ?それはあまりおすすめしません。きっと塾の先生方は「教科書を読み返せ」などとおっしゃるでしょうが、手が動かないと勉強してる感じがしませんよね。そこで僕のオススメが、教科書の章末問題やまとめテストです。これなら基礎が固まるし、少し考える問題もあるので、いい確認になると思います。ちなみに絶対にやってはいけないのが難問。入試には気合いで解ける問題もあるので(特に私立)、直前でそれを下げるのはもったいないです。
また、難問で点を落とすより基本問題を落とす方がダメージが大きいので、基礎は固めておきましょう。

2⃣受験当日(本番)
 来ました。僕の一番話したいところです。ここまではむしろ前置きといってもいいくらいです(長いですね…最初から読んで頂いたみなさん、すみません)。では、大きく二つのポイントに絞って説明します。
 ① 受験校の前の塾の先生方には必ず会おう‼できれば多少雑談をしましょう。学校説明会や願書提出でしか行ったことのない場所に、顔見知りの大人がいるというのはとても安心します。「あんなに勉強したのに、本番緊張して力が出せなかった」ということにならないよう、塾の先生方とお話をして緊張を和らげておきましょう。
 ② 休み時間の答え合わせ厳・禁・‼
 質問です‼A君は一限の国語で友達と答え合わせして、30点くらいでした‼さて、A君はどうなるでしょう?ハイ、もちろん後の教科に集中できなくなります。お察しのとおり、A君とは僕のことですし、様々な本にもあることですが、僕は改めて声を大にして言っておきたいです。休み時間に絶対に友達と答え合わせをしないでください。僕のように残り教科だけならまだしも、次の高校、さらには面接に影響が出ると、もう取り返しがつきません。受験は一つ悪くても、他で取り返せます。なので、めげずに集中して頑張ってください。

 長くなりましたが、みなさんの合格を心より祈っています。ありがとうございました。

受験生としての一年間

旭丘高校合格

 こんにちは。私はずっと憧れだった旭丘高校に通っている者です。私の合格体験記が少しでも皆さんの参考になれば良いなと思っています。

 まず始めに旭丘高校について少しだけお話しします。旭丘高校は創立一四〇年を越える伝統のある学校です。学校の特色としては、私服が黙認されている事や、行事が盛りだくさんだという事が挙げられます(行事の多さには本当に驚きました‼)。本当に良い学校なので是非目指して欲しいです‼

 では、私が受験生の時に実践していた勉強法をお伝えします。
《国語》 国語は漢字、文法をしっかりやっておいてください。漢字で点を落とすのはもったいないです‼また、愛知県の公立高校の入試には要約をする問題がありますが、これはたくさん過去問を解いてください。問題をたくさんこなす事で解き方も見出せます(過去問五年分じゃ足りないです‼もっと先生にもらってください‼もらった物は全部解いてください‼)。

《数学》 数学も問題量をこなすのみです‼大変ですが、解いた分だけ力はつきます‼あとは計算ミスをしないことですね。問題を解いたらその都度チェックしてください。問題文で大事なところは線を引いたり、丸で囲ったりするといいですよ‼

《理科》 理科は私のニガテ科目でした…特に物理のところがニガテだったので、覚えるところはしっかり覚えました。意外と一、二年生で習った生物の分野や、地学の分野がよく出ます(これは私立も公立もどちらも‼)。なので、受験前は一、二年の復習をしっかりしました‼

《社会》 社会は暗記ですね…歴史は、世界と日本の出来事の結びつきなどをまとめておくと良いです‼同時代史は結構出ます‼地理は雨温図など資料の読み取りの問題をたくさん解くと良いと思います。公民も資料の読み取りの問題を解く事と、どういう仕組みで制度などが成り立っているかなどをまとめると、より理解が深まると思います(私は学校で配られた資料集を活用していました‼)。

《英語》 英語は文法も大事ですが、やはり単語をたくさん覚えておくと良いです‼高校でも役に立ちますし、私立の入試では平気で習っていない単語もでるので…公立の入試では(私立でもあるかも知れませんが)自由英作文があります。これの対策として、自分の考えなどを簡単で良いので書いたりしていると良いかも知れません。あとは、複数形や、三単現のSをつけ忘れて点を落とすのはもったいないので気をつけてください‼問題解いたら確認する癖をつけて‼
 受験は本当に本当に辛いです。私は三年の一学期で内申が四つも下がり、模試などの合格の判定はいつもD判定でしたし、志望校を変えた方がいいのではないかと何度も思いました。でも、諦めなかったからこそ、私は合格できたのだと思います。諦めたらそこで試合終了です‼私は、「もうだめだ…」と思っている時点で、ライバルたちに負けている‼と思って粘り強く勉強してきました。悔しい思いもたくさんしました。しかし、それだからこそ、合格できた時の嬉しさは人一倍大きいと思います。みなさんも自分を信じて、諦めずに頑張ってください‼

 きっと、サクラは咲きます‼
 最後になりましたが、名進研で五年間、たくさんの先生にお世話になりました。合格できたのは先生方のおかげです。本当にありがとうございました。
 それでは、旭丘高校で待っています‼

受験生

旭丘高校合格

 こんにちは。旭丘高校に通っている者です。今から書くことがみなさんの役に立つといいなと思います。
 私は、夏休みの前半に部活の引退だったのでそこから本格的に受験勉強が始まりました。夏休みのうちに一、二年の復習をしておくといいと思います。夏休みは難しい問題を解くのではなく、易しめの問題で基礎をしっかり身につけておくのがオススメです。意外と忘れてしまっていることが見つかるので…。

 二学期に入ると、学校でテストが増えたり名進研の日曜講座が始まるなど、すごく忙しくなると思います。特に日曜講座は、授業が長くて難しい問題ばかり解くので大変です。私は日曜講座が終わって家に帰ると、その日の復習だけで一日が終わってしまいました…。日曜講座の問題はすっごく難しいです。全くわからなくても落ち込まないでください‼復習だけしっかりやっておけば大丈夫です‼

 十一月頃?には、私立対策が始まります。日曜講座と同じで難しい‼やりたくなくなります(笑)。でも、がんばってください‼
たまに簡単な問題があったりするので…。間違えた問題は、印をつけておいて数日たってからもう一度解いてみてください。わからなければ解説を見ながらでもOKです。どこかで似たような問題が出てくるかもしれないので…。

 冬期講習、正月特訓…と勉強ばかりで疲れてくると思います。でも、受験生だからといってずーと勉強をしている必要はありません。息ぬきもしっかりしてください。私は、テレビを見たり、音楽を聞いて息ぬきしていました。自分の好きな事をすれば疲れがとれると思います。大変な事もあると思いますが、無理せず一つずつこなしていってください。応援しています‼

夢の第一志望へ

旭丘高校合格

 皆さん、こんにちは‼春から念願の旭丘高校に通うことになった者です。私も昨年は皆さんと同じようにこの合格体験記を読みましたが、受験は本当に間近に迫らねば実感しにくいものです。そこで、直前に焦らないためにやっておくべきことを紹介します。

 ①学校の先生や両親など、自分のことをよく見てくれている人にアドバイスをもらう。
 ②過去問は一週で済ませず、問題に関連する教科書の単元を読み返す。
 ③問題で問われていること、条件などに必ず印をつける。

 この3点が合格を左右したと言っても過言ではありません。私の場合、国語が本当に苦手だったので教科の先生に相談したところ、「文章は全部読むのではなく、問われている箇所だけ読みな。」と教えていただき、実際スラスラと問題を解くことができるようになりました。皆さんが思っている以上に教師、両親は皆さんを理解してくれているので、絶対に頼るべき‼過去問は「どうせ同じ問題なんて出ないし」と思っていたら大間違いです。全く同じことを問われたりもします。

 入試は中学校で学ぶべきことをきちんと学んだのかを確認するテストなので、結局問題を作る人が聞きたいことは大体決まっているのです。そのポイントをいかにつかむかが鍵となるので、問われていることを意識しながら解くことが大切ですよ。そして、問題文、条件チェックは必須です。誤っているものなのに正しいものを選んでしまったなんていうミス一点で合格を逃がしたら一生後悔することになってしまいます。
 二点問題なんかは細かい条件もあったりするので印をつけることを癖にするといいと思います。

 以上が勉強をする上でのアドバイスとなりますが、勉強以前に大切なのは内申です。内申はすごく大切になってきます。でも、どうやって上げるのだろうか…私が感じたのは、とにかく笑顔で好印象を与えることです。案外、提出物の評価が悪くても内申をもらえている子がいます。先生も一人の人間なので、明るく笑顔でコミュニケーションをとることは重要です。

 これらを頭の片隅にでもおいていただけると幸いです♪
 ぜひ、皆さんも合格を勝ち取ってください‼
 陰ながら応援しています。

分からないことは口に出す

旭丘高校合格

 四月から旭丘高校に通うことになった者です‼ここで書くアドバイスが少しでも皆さんの役に立っているとうれしいです☆

 まずは、定期テストの勉強法についてです。私が定期テストで最も気をつけていたことは計画表づくりです。私の学校では計画表がラスト二週間前に配られていたのですが、私はそれをもらった日に一日かけて(←時間かけすぎ笑)作っていました。計画表のポイントとメリットを紹介します‼

 1.テキストのページ数も書き込む
   →途中でなまけにくくなる‼
 2.自分の予定に合わせて計画を立てる
   →無理に詰め込みすぎると計画倒れ…。
 3.勉強した時間を書き込む(合計時間も)
   →テスト前に見ると自信がつく‼

 テストなんてまだまだ先だ‼と思っていたら当日になっていた…(泣)。なんて人‼ぜひやってみてください☆

 次に、普段の生活&学習についてです。
 私は、テストなどがある度に、「○○できたら○○する‼」というように自分へのごほうびを作っていました。どんな小さなことでもOKです。それがあるだけであきらめずに頑張ることができます‼
 そして、少しでもわからないことがあったら名進研の先生に質問することが大切です‼先生に質問しにくいと、分からなかったところだけでなく、思いがけない裏ワザを教えてくれることもあります…‼また、分からないことを口に出すことで忘れにくくなり、一石二鳥です☆

 最後に、今まで私を支えてくれた先生方に感謝の気持ちを伝えたいと思います。勉強のことや進路のことで親身になって相談にのってくださり、ありがとうございました‼忙しいときでも、質問対応にすぐ来てくださったり、たくさんほめてくださったりしてとても心強かったです‼本当にありがとうございました‼

 受験生のみなさん、最後まであきらめず、頑張ってください。努力はゼッタイ報われます‼
 ガンバレ‼受験生‼

最後まで

旭丘高校合格

 こんにちは‼旭丘高校に通っている者です。私の体験談で、少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

〈内申について〉
 今は志望校に届いていない人もきっと大丈夫‼私も一・二年の頃は40なんて越したことありませんでしたが、42で受けました。
 最後の最後まで諦めちゃいけません。私は三年の二学期まで国語がずっと4でしたが、最後は5になりました‼(先生のご厚意だと思いますが…。)

〈勉強について〉
 わからない問題は全部質問しましょう‼質問した問題は次の日にノートにまとめるのがオススメです。ノートにまとめて理解できたらそれでよし。「昨日はわかったと思ったけどやっぱりわからない」ってときはもう一度質問しましょう。自力で解けるようになるまで質問し続けること‼

〈スランプについて〉
 私の夏休みの終わり頃から公立入試三週間前くらいまでスランプでした。正月特訓教室では一番後ろの列まで下がり、所属校の最後の席替えでは、旭丘、明和、一宮を受ける中では最後でした。それでも私は合格できました。
 成績が落ち込んでも、目標を下げることなく最後まで頑張り続けたら、きっと良い結果が待っていると思います。

〈最後に〉
 入試本番までたくさん日にちがあるような気がしますが、意外とすぐです。後悔しないように、最後まで走り抜けてください‼
 みなさんに「サクラサク」ことを祈っています。

絶対にあきらめないこと

旭丘高校合格

こんにちは‼この春から旭丘高校に通うことになった者です。少しでもみなさんのお役に立てたらと思います。

〈勉強面について〉
 私は私立の結果が散々だったので、公立のための勉強について書こうと思います。
 私が公立高校の入試のために勉強し始めたのは私立の結果発表が終わった頃だったので、本番の三週間前くらいだと思います。
 まず最初の一週間で公立の過去問の一周+間違い直しをしました。解いて間違えたところをその日のうちにもう一度解くのがポイントです。そうすると後々楽になるのでオススメです☆そして次の一週間でもう一度最初から最後まで解き直しました。この時(これ以前でも)分からなくて質問に行った問題は、大きめのふせんに自分であとで解説を書いて過去問に貼っておくと理解しやすかったです。特に数学‼それが終わったら、正月特訓の冊子や、授業でもらったプリントを同じように解いていました。

〈内申点について〉
 私は学年末テストの結果から内申ヤバイな…と思っていたのですが、気合いと根性で頑張りました(笑)。最後まであきらめずにやっとけばなんとかなります‼きっと。

〈メンタルについて〉
 私の場合、メンタルは比較的強い方だったのですが、それでも私立の結果を知った時は、ショックを受けました。私の私立の結果からすると、第一志望を下げてもちょっとキツイかな…くらいな感じだったのですが、やっぱり旭丘高校だけはあきらめきれなかったので、菊里高校を単願のつもりで旭丘高校を受験しました。なので、直前は弱気になりましたが、名進研の先生に言われた「楽しむくらいのつもりで」受けたら、受かりました。
 周りに何と言われようと、絶対にあきらめちゃダメです‼受けないで後悔するより、受けて後悔する方が絶対いいに決まってます‼

〈最後に〉
 今受験生のみなさん、いつから始めても決して遅くはないです。本番まで三週間しかなくなった時期でも、本気でやれば大丈夫です。本気になれる志望校を選んでください‼

人並みを目指しちゃダメなんだ!

旭丘高校合格

 僕は旭丘高校に通うことになりました。今、合格者登校日にもらった生徒会出版の「旭苑」を読みながらゲラゲラ笑って過ごしています。本当に合格できて良かったです。

 それではここからは、三年生の一年間の流れについて話します(勉強の仕方は他の人が書いてくれると信じて…)。
 まず四月~七月、九月~十二月、一月は定試に集中してください(もちろん副教科もすべて五位以内を目指して‼)。上位を取ってください。また、九月~十二月、一月のテストでコケると内申に響いて面談で先生に難癖つけられるかも?そして、夏休み(七~九月)は一~二年と三年一学期の復習を頑張ってください。この時点でのニガテは一掃しとくと私・公立のときの気がついていないニガテやとりこぼしを楽に片付けられるよ‼後、九月から部活が終わって暇を見つけた部活動終了生がガンガン追いあがってきます(特に副教科)。
 これは三学期まで続くので二学期内申が上がって有頂天になってたら、三学期に急降下して絶叫ということも少なくないです。
 実際友達は二学期4上がり三学期4下がりました。結果志望校を下げて泣きを見ることになりました。

 十月、十一月の模試は点数が伸びずに悩むかもしれませんが、伸びないのが当たり前です。僕は定試に力を入れて模試はノー勉で行きましたから(笑)、模試もいい点を狙いたかったら日曜特訓の復習がオススメです。
 十二月から私立の練習してください(受験校全て)。各学校それぞれ違うので一番難しい高校だけやってては落ちます(特に名城高校の試験時間と問題の多さは僕にとって大変だった…)。
 私立が終わったら後は公立の過去問を解き倒してください。時間が無い時は苦手なカテゴリだけやるのも手です‼

 これで流れは終わりですが他に言えることは志望校は絶対に「ブレ」ないでください。内申が足りないなら一生懸命努力して、成績が足りないなら人並み以上の努力するつもりで頑張ってください。その為にも、学校見学は必ず行ってください。僕は名古屋六校全てに行き旭丘には二回行って、その上で志望校を決めました。それでモチベーションが保てました。

 最後に体調管理、時間がとれない中でもしっかり睡眠をとってください。僕は七時間寝ました(まだ眠いけどね)。睡眠は昼の復習をしてますから。
 本当に志望校に合格したい人は人並みでなく、それ以上に努力してください(ガス抜きも大切だよ)。それでは皆さんの健闘を祈ります。(うちの文化祭も来てね~。)

最高のライバルとユニークな先生

旭丘高校合格

 こんにちは‼この春から旭丘高校に通っている者です。
 私は「大好きな先輩と同じ高校に入りたい‼」という思いがきっかけで受験を決めました。でも、私の所属していた部活は「もはや文化部ではない。」と言われるほど大変で、引退はなんと三年生の十一月‼先輩の後を継いで部長になった私はそんな部活をまとめていました。
 このように部活三昧だった私でも念願の旭丘に合格できた秘訣を少しお話します。

 ① 学校生活について
 まず、自分の納得いくまでやり切りましょう。私は勉強・部活・恋・行事などを全力で行ったことで、後悔することなくサクッと次へ進むことができました。後から悔やむくらいなら、今できることを最大限やろう‼という思いで過ごしてみてください。

 ② 勉強について
 何といっても内申点は本当に大切です。そこでオススメの方法は「先生と話す」です‼たくさん話すことで、気にとめてもらえるようになりました‼また、苦手な科目などは、係になるのも良いですよ。
 そして定期テストです。どれだけ多忙でも大丈夫です‼自習室を有効活用し、早めの対策をすれば点数アップになります。先々の出題傾向を知るために過去問を使うこともオススメします。

 ③ 面接について
 私は推薦で受かることができたので面接についても少しお話しします。
 まず、聞かれそうな質問とその答えを考えて、言えるようにしてください。私は専用のノートを作っていました。
 また、今年からの「一分スピーチ」はとにかく実戦あるのみでした。たくさんの方と練習し、本番は笑顔で話せば大丈夫です。

 ④ 最後に
 私が合格することができたのは、ずっと隣りに最高のライバルがいて、名進研のユニークで素晴らしい先生方が支えてくださっていたからです。みなさんも仲間とバトルしてください。先生方にどんどん質問してください。必ず力になってくれます。
 いつも「ダメ元」だった私も最後まであきらめなければ夢は叶いました。自分を信じてやり抜いてください。
 大丈夫‼みなさんならできます‼心から応援しています。

自信をもって

旭丘高校合格

「絶対合格するぞー」
「おー」

公立高校入試前日。こんだけの準備で大丈夫なのか…不安もあった。ま、自信の方が強いけど…(笑)

私立高校の時は違った。過去問だって、時間計って解いたのは一年分。あとは名進研の私立対策テキストをやっただけ。周りの皆、手に五年分くらいの過去問を持っている。不安だった。自分を信じきれなかった。でも、私立の合格通知が届いた日。私は変わった。

「どっちも受かってたー!」
「どっちの学校にお金振り込めばいい?」

っていきなりかい…両親は私が私立高校二校とも合格したのに、当然という顔。なんでだよ?そのときはわかんなかった。私はみんなに信じてもらって支えられているということを。

とにもかくにも、今までの積み重ねが自分の力になっているとわかって一安心。公立入試まであと一カ月のことだった。
あと一カ月。それのとらえ方は大きく二つあった。一カ月しかない。一カ月もある。私は後者をとった。それからは公立過去問解き直し、プリント直しなど、新しいことは何一つやっていない。
入試直前に自信をもたらしてくれた実力はどうやって身についたのか。中一から名進研にお世話になっているが、宿題をやらずに先生にみんなの前で怒られたこともあった。でも、そのままにしたことはない。なぜか?

ライバルがいたからだ―――………!

常に目標があった。家の壁には、「旭丘合格しました。感謝します。」そう書かれた紙が貼ってある。
弱い自分に負けそうになった時。目標を達成している自分を想像すればいい。素直に自分を信じればいい。自分で自分を信じなきゃ周りも信じてくれない。それに、名進研での勉強量は半端ない。(数えたらテキスト40冊超え。ノート50冊以上。)大丈夫だ。

「ありがとう」「感謝します」常に前向きでいる。それが合格への近道だと思う。
読んでくださった皆さん。ありがとう。少し小説というか日記みたいに書きました。わかりにくいかもしれませんがここからなにか、合格のためのヒントを見つけてくれたら嬉しいです。

旭丘で待っています。最後に支えてくれた方々、ライバルに。
「感謝します。ありがとう。」

合格を勝ち取るためには

旭丘高校合格

私は旭丘高校に通うことになりました。名進研の先生方、ご指導ありがとうございました。私は名進研のテストや模試では、安心して旭丘に行けるような結果は、最後までほとんど出したことがありませんでした。模試では、志望校のところにいつも「旭丘」と書いていましたが判定はBとCの境目をさまよっていました。学校のテストも五回中、三回が二十位程度でした。

そんな私が合格できた理由を、私なりに考えてみました。

大きな理由の一つが「内申点」だと思います。私は中学校三年間、それなりに内申を取ってきました。主要科目の五教科は、テストの点数を取り、提出物を普通に出していれば大丈夫ですが、問題は副教科ですよね。私は夏休み、冬休みに自由課題の絵を出したり、体育で苦手な競技になると先生にアドバイスを頻繁にもらいに行きました。「一点でも多く取る。」という意識は常に持っていました。

もう一つ、合格に必要なのは本番に強くなるということです。テストは一回きりなのでその日に自分の実力を発揮しなくてはなりません。私は三年の夏まで部活をやっていました。勉強との両立はきついけれど、部活を通して精神的に強くなれたので、私が合格できたのは部活のおかげだと今になって思います。だから、今部活をやっている人は最後まで悔いのないように頑張って続けてください。その経験がきっと自分を強くしてくれます。

最後に、自分をよく知ることが大切です。自分は今、何が出来ないのか、自分はどうすれば勉強にやる気が出るのか、自分なりの勉強法を見つけてください。人に流されず、自分を信じて頑張ってください。応援しています。

常に感謝

旭丘高校合格

こんにちは。僕は、この春、旭丘高校に入学しました。早速ですがいくつかアドバイスをしたいと思います。参考になればうれしいです。

①内申点について
とても大切です。中三の三学期になってから、後悔しても遅いです。内申というものは、ありすぎて困ることは絶対にありません。とれそうな一点の内申を、死ぬ気でとりにいってください。テストがだめでもあきらめないでください。いつか、その一点に感謝するときがくるはずです。

②日頃の勉強
毎日毎日終わりの見えない勉強をし続けることはとてもつらいです。ですが、そんな勉強も、発想の転換が大切です。目標がないか、もしくは目標が遠すぎてしまうからつらく感じてしまいます。ですから、どんなに小さくてもいいので、目標をもって勉強してください。例えば定期テストだったら、だれかに勝つとか、何点以上とるとか、目標を決めて下さい。そうすれば、ある意味ゴールが見え、とりくみやすくなると思います。最終的に、その目標が第一志望合格になっていけば、何の問題もないと思います。そして自習室に通いましょう。僕は、ほぼ必ず、名進研があいている時は自習室にいました。あんなにいい環境はないと思います。ぜひ活用してください。絶対に力がつきます。

③入試直前について
僕は特別なことはなにもしませんでした。名進研の授業をきちんと受けて、きちんと宿題をこなせば、全然心配はありません。

④最後に
突然ですが、みなさん、何に感謝をしていますか?何に対してでも誰に対してでもいいです。今パッと思いつきますか?タイトルにもありますが、常に感謝の気持ちをもっていてください。このすばらしい名進研という塾に通えているみなさんはとても幸せです。すばらしい先生方、友達、家族に対して常に感謝の気持ちをもっていてください。自ずと勉強する理由、がんばる理由が見えてくるはずです。そして、第一志望に合格することで、その感謝の気持ちを伝えてください。全力で駆け抜けたその先に、確かなものはきっとある!心から応援しています。

若水校及び各種講座でお世話になった先生方、感謝してもしきれません。これからも名進研出身という誇りを胸に、自分を磨いていきます。本当にありがとうございました!

最後まであきらめるな!

旭丘高校合格

こんにちは。僕はこの春から旭丘高校に通っている元名進研生です。僕が合格することができたのは、金山校の先生、その他指導してくださった先生方のおかげです。ありがとうございました。
まず、僕の受験勉強のスタートは、とにかくひどかった、参考にはなりませんが、勇気を与えられる自信はあります(笑)。
僕が勉強をしなくてはと気付いたのは、夏休み。それまで部活でサッカーばかりやり、勉強なんてろくすっぽやらず、塾では、「ノート忘れた」とかいって宿題やらなかったり、やっても答えを写したり。三年の七月のテストでは偏差値四十四・三でした(泣)。
そんな僕ですが、夏からは少し真面目になったのでそこからアドバイスしたいと思います。

〈夏からの過ごし方〉

[夏休み]
ここの過ごし方で入試の結果は必ず変わってきます‼そしてこの休みが一、二年の復習ができる最後のチャンス‼これを絶対にものにしてください。夏休みは長いので、逆に何をすればわからない人は、ひたすら夏期のテキストとこれまでのテキストを何周も何周も繰り返しましょう。おのずと力はつきます。

[二学期]
勉強の基礎を完成させましょう。二学期をすぎると演習が実戦に近くなり難しくなってしまうので…。九月から始まる入試実戦講座にも参加するのがよいと思います。他の校舎の人と一緒に勉強できるのはよい経験になります。

[冬休み]
一日五時間の冬期講習、そして正月特訓と勉強づくしですが、これを乗りきるとすごく力、自信がつきます。

〈各教科の勉強方法〉
国語:これは文章をどれだけたくさん読めるかにつきます。
数学:公式を覚えるのは当然。それをどこで使うかをきたえましょう。
理科:気合いで用語を覚えましょう。
社会:日本の出来事と世界の出来事の時代を関連づけて覚えましょう。
英語:最終的結論は単語を覚える。イディオムを覚える。語彙力を高めましょう。
そして全教科にいえることですが、一教科ごとにポイントノートをつくることをオススメします‼分からなかった問題の解読。解き方のコツをまとめると自分だけの最高の参考書ができます‼そして入試前など見直すと最後の復習ができます。

〈最後に〉
根性論みたいになりますが、あきらめたら終わりです。絶対合格してやる‼という気持ちを持って一日一日頑張ってください。

目標は高く!

旭丘高校合格

 名進研生の皆さん、こんにちは‼僕は旭丘高校に合格し、四月から通うことになりました‼

【勉強法のアドバイス】
 ○国語
 僕は国語が苦手だったので、なるべく毎日一題の文章題を解くようにしていました。

 ○数学
 とにかく量をこなしてください‼いろいろな問題にあたることで、解き方のパターンがだんだん身についてきます。僕は毎朝、計算問題を解くようにしていました。計算のスピードを上げれば、他の問題に使う時間を増やすことができます。

 ○社会
 〈地理〉
 地図帳の後ろに載っているデータ(日本・世界の両方)を見ておいてください。よくテストで狙われます‼

 〈歴史〉
 一つの出来事を関連させて覚えることがとても大事です‼(年号・人物・きっかけ・その頃の世界の出来事など)とくに同時代史はテストでよく聞かれます‼教科書や資料集の年表には「日本の出来事」と「世界の出来事」が並んで載っているので、セットで覚えましょう‼

 ○理科
 これも量をこなしてください(特に一分野)。名進研のテキストを何回も解きなおしましょう。数学と同様に解き方のパターンが身につくと思います。二分野は自分の覚えやすい方法で暗記してください。

 ○英語
 とにかく長文に慣れましょう。慣れてきたら時間を計って解くようにしてください。

【その他、アドバイス】
 ◆入試実戦・正月特訓
 いろいろな校舎から生徒が集まってきます。だいたい自分と同じレベルの生徒が同じクラスにいるので、ライバル心が芽生え、良い刺激になると思います。自分の学力を伸ばすチャンスだと思って勉強に励んでください‼
 また、入試実戦・正月特訓の授業を受けることで必ず自分の身についているものがあります。大変だと思いますが、特に正月特訓教室を乗り越えた時の達成感は凄いです…
 あと、これらの授業で友達を作っておくといいです(笑)友達とまで言わずとも話しかけるくらいでも…。あなたのクラスの中に、あなたと同じ高校に行く生徒がいるはずです。

 ◆目標は高く‼
 目標を低く設定していては、それ以下の成果しか遂げることができません。とにかく目標を高く設定することが本当に大切です‼

 ◆自習室
 僕は中三の途中まであまり利用していませんでした。使うようになったのは中三の夏以降です。僕は、自習室を使うことで自分自身をさらに追い込むことができました。勉強しやすい環境がきちんと整っているので、ぜひ利用してください。

 僕からのアドバイスは以上です。みなさんも目標を高く持って、志望校へ突き進みましょう‼

 名進研の先生方、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求