名進研 合格体験記
menu
m

西春高校 合格体験記

Tomorrow never knows

西春高校合格

 皆さんこんにちは‼西春高校に通っている者です。受験を終えた私からアドバイスをしたいと思います。受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

☆学習方法
 自分自身にフィットした学習方法を身に付けることが大切です。他の人と比べる必要はありません。私がしていた学習方法を紹介します。

〈国語〉 初見の文章題を解き、なぜ間違えたのかを必ず確認する。

〈数学〉 苦手分野や応用問題を多く解く。毎日解くことが大切。何とも言えないコツがつかめてきます。

〈理科〉 覚えることはノートにまとめる。難しい物理分野は数をこなす。問題文が長い公立高校の問題は小問を一番初めに読む。
(問一、問二くらいまでは問題文を読まなくても解けることが多い。※例外あり)

〈社会〉 夏休み中に、少なくとも理解が曖昧な範囲は、テキストを読み込んだりノートまとめをする(夏休みが過ぎると、こんなことできる時間がありません)。地理の資料問題を多く解く。

〈英語〉 覚えたい単語、連語はノートにびっしり書いて書きまくる。100%覚えられます‼これをやるとノートが文字だらけですごいことになり、定期テスト前に学校で書きまくっていたら、何人もの友達から「気持ち悪い‼すごい‼」とか言われたけど、実際そのテストは90点超えました。

《全教科》 自習室を利用してください。私は部活を引退してからほぼ毎日行っていました。そして、分からないことがあればすぐ質問していました。どんな些細なことでも何でも質問してください。必ず答えてくれます。あと復習と解き直しは必ずしてください。

☆体験談
①今まで以上にめちゃめちゃ勉強したのに成果が出ないことが多くありました。悔しくて悔しくて泣いたときもありました。けれどそこであきらめませんでした。次のために何をすべきかを考え、さらに努力しました。

②数学が苦手でとんでもない点数をとることが多くありました。いくら問題を解いても、質問しても点数が上がりませんでした。何度もいろんな人に怒られたり、ばかにされたりしたけど一度も下を向いたことはありません。
 何を言われてもひたむきに問題を解き、質問し続けました。そして、最後の入試シミュレーションで花開きました。そこで先生に初めてほめてもらえたことが何よりも嬉しかったです。

☆最後に
 体験談でも述べたように、何があってもあきらめてはいけません。必ず努力した分だけ良いことが待っています。安心してください。一年後に皆さんが第一志望校に合格することを祈っています。
 そして、今までお世話になった先生方には本当に感謝しています。名進研でよかったです。

悔いのないように

西春高校合格

 西春高等学校に通うものです。僕が皆さんに伝えたいのは学習においてです。定期テストから入試においてやはり大事になってくるのは、メリハリと早めからの勉強です。

 部活が終わるまでは特にメリハリを基調としてコツコツと勉強することが大切になってきます。実際、僕もそれによって安定して定期テストで高得点を重ねることが出来たので、皆さんにも少し余裕があるのであればためしてもらいたいと思っています。
 夏休みや冬休みだからといって、長時間無理に勉強する必要はないと思います。僕は、勉強する時は名進研の自習室で勉強し、それ以外は、家でアニメを見たり、音楽を聴いたりしていました。僕は時間で区切るのではなく、その日に何をしなければいけないかという課題を与えて勉強していました。やるべき事が明確になるので短時間で集中して身に付けることができると思います。

 内申については、定期テストの順位のわりに周りより低かったです。二学期には、一学期から2も下がり、なかなかのピンチでした。学年末でどうにか一学期の内申まで戻したぐらいであせりもしましたが、最後まで地道に己を見つめながら、改善していくべき所を改善していくにつきるのかなと思います。

 模試についてですが、名進研に入った時は、40パーセントぐらいしか合格可能性がありませんでしたが、根気よく粘り続けていったら、90パーセント近くまで最終的には上がりました。模試は、あくまで模試です。一喜一憂しないでください。本番は入試当日なのですから。

 最後になりましたが、僕がこれから通うのは第二希望の学校ですが悔いはありません。最後までやれることは全てやったのですから。また、一からだという初心にかえった気持ちで頑張りたいと思います。
 名進研の先生方にはとてもお世話になりました。ありがとうございました。みなさんが悔いなく、次のステージへ上がられることを心から応援しています。

華の高校生に向かって

西春高校合格

 私は、第一志望の西春高校に合格しました。これから書くアドバイスが受験を控える名進研生の役に立てば嬉しいです☆

〈内申〉
 私は三年の二学期に内申を5落としてしまい悔しかったです。でも時間がない中でも、今まで以上にノートを埋めたり先生に話しかけたり、わざと先生の前で勉強したり(笑)なんとか三学期で3上げました。愛知県の入試は内申が本当に大事なのでどんどん先生にアピールしてください☆

〈志望校決め〉
 志望校はできるだけ早く決めた方が絶対に得です。私は決めるのをダラダラ伸ばしてしまって秋ぐらいに焦り始めたので(笑)高校は入れば絶対楽しいし自然と「ここで良かった」と思えるようになります。周りの評判や先生の言葉も大事ですが最後は自分で納得して決めてください。

〈入試直前〉
 入試が近付いてくると皆ピリピリしますが、最後の中学校生活は思いきり楽しんでください。友達と勉強を教え合ったり、問題のグチを言ったり(笑)行事も本当に受験生かと疑うくらい盛り上がって、そういうことも受験の支えになりました。だから我慢ばかりせずしっかり楽しんでください。

〈入試当日〉
 私は朝の電車から席に着くまで、一緒に合格しようと頑張ってきた友達とずっとおしゃべりしていたおかげで、全然緊張せずに試験を受けることができました。テストの答え合わせは絶対しない方が良いですが、それ以外だったらおしゃべりしたり、合格した瞬間のイメトレを勝手に友達としたり、変顔対決したり(笑)とにかく緊張を振り払ってください。ちなみに「緊張をする=合格する自信がある」らしいです☆

 私は受験した三校を全て合格できました。確かに受験勉強は大変でしたが、今思い返すと達成感でいっぱいだし、頑張った分これからの高校生活がホントに楽しみです☆

 これからめげそうになるくらい勉強をしなければいけないと思いますが、キラキラした高校生活を目指して頑張ってください!!!

私にもできた

西春高校合格

私は、中学校の一番最初のテストで二百五十人中、百二十一番をとってしまいました。けして頭のいい中学ではなかったし、そこの真ん中というのは、本当に「危ない」と感じました。

しかし、そんな私が、西春高校に合格しました。本来なら、もっと頭のいい高校の合格者の人が、勉強のやり方とか、コツを伝えてくれるほうがいいのかもしれません。ですが、私と同様に「危ない」と感じている人に読んで、「こんなやつでもがんばれたんだから自分だって大丈夫!」そう思ってもらいたいです。だから、私が今までに大切にしてきた、単純な二つのことを伝えたいとおもいます。

一つ目は、「素直になる。」ということです。学校の先生や塾の先生は、私たちのためにたくさんの課題をだしてくれたりします。いやなときもあるかもしれないけど、不満は言わずに素直にやってみてください。先生が、すごいね、というくらいに。そうすると、ちょっとずつかもしれませんが、実力がついてきます。ただ課題をこなすのではなく、前向きに取り組むだけで変わると思います。素直になってみてください。

二つ目は、「学校の先生と仲良くする。」ということです。私は、三年間で、室長から生徒会、合唱の指揮などを数え切れないほど経験しました。どれも自分にプラスとなるし、先生とも親密になれるので、できるだけチャレンジするといいと思います。それが難しいのであればノート提出で丁寧にまとめたり、授業中、しっかり発言したりするのもいいかもしれません。先生と仲良くなると、本当にピンチのときに助けてもらえるかもしれません。ヒントがもらえるかもしれません。だから、大切にしてほしいです。

この二つのことは、できる人には当たり前なのかもしれません。しかし、当たり前のことを馬鹿にせずちゃんとできたら、大きな力と、自信になると思います。こんな私でもできました。みんなできると思います。目標に向かってがんばってください。

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求