名進研 合格体験記
menu
m

岐阜高校 合格体験記

自分の道は自分で決定

岐阜高校合格

 名進研の後輩の皆さん。こんにちは。僕は自分の目標校に行けた名進研生の一人です。

 僕が思うに、塾、つまり勉強することは楽しんだもの勝ちだと思います。僕は名進研に入って一年目、違う学校の子ばかりでしたが友達ができ、楽しすぎる塾生活が始まりました。そのときは、正直、名進研に行くことが一番の楽しみでした。なによりも。塾に行くことが楽しかったからこそ、勉強も楽しめました。

 塾に行くのが嫌という人や、勉強は嫌い、めんどくさいと思う人も少なくないと思います。だったら、塾を楽しい場所にしてしまえばいいと思います。塾の仕組みを壊すとか、そんな意味じゃなくて、塾の雰囲気を楽しく変えるのです。学校も嫌、塾も嫌の場合、いっぱい、いっぱいになっちゃうので、塾が少しでも楽しければ気持ちも楽になるし、勉強も苦じゃなくなるかもしれません。

 ここまで、外面的な部分を話してきました。次は内面的な部分、つまり勉強法についてです。

 正直を言うと、誰にでもあてはまる、超最適な勉強法はないんじゃないかなあと思います。でも、一人一人個人にあった最適な勉強法はあります。それは何かといっても、自分で探すほかありません。自分を一番分かっているのは自分ですから。

 僕のを例に挙げてみるとすると、量より質、ポイント制覇って感じです。具体的に言うと、めちゃくちゃたくさんの問題集を手あたりしだいにやって時間をかけるよりも、絞った問題集を一つ、短時間でスバッとやる。そして、それぞれの教科で大事な部分(数学なら公式、英語なら連語表現、など)をピンポイントで勉強するという方法です。やり方は人それぞれ違うので、問題集をめちゃくちゃやって結果の出る人もいます。だから、自分に合った勉強法を探してみてください。探し方として、一例を挙げると「試す」や「分析」があります。「試す」なら、学校の実力テストや塾のテストなどの、対策勉強のやり方をいくつか変えてやってみる……ことです。「分析」は自分を主観的、客観的に見ることで、自分は何が得意で何が苦手なのか、性格はどうなのか、ということを自分なりに考えるという意味です。

 まとめると、自分の探し出した最適な勉強法で、楽しんでやれると最高の自分になれると思います。自分の道は自分で選ぶものです。自分の人生の主人公は自分なので、自分に決定権があります。未来の自分のために頑張ってください。応援しています。

必見 !?内申の取り方の極意教えます!!

岐阜高校合格

 こんにちは~‼春から岐阜高等学校に通うものです。

 みなさんは、内申の取り方をご存知ですか⁈岐阜県では、入試の約三割、多い高校では五割が内申によって評価されます。又、内申を取っておくと、「本番多少やらかしても大丈夫。」という安心材料にもなります。そんなことは知っていても、なかなか取れないよ~、という人も沢山いることでしょう。

 そんな人達のために、中学二年生の二学期からずっとオールAオール5を取り続け、「女王」とも呼ばれた私から誰でも効率よく内申を取れる三つの極意を教えてさしあげましょう。

~その一~ 先生と出会って三ケ月が勝負‼
 内申をつけるのは、先生という「人」です。先生にだって好き嫌いはあるし、陰でコツコツ頑張る生徒よりも、「ここ頑張ったので見てほしいです」とアピールする生徒の方が、実は評価しやすいと以前伺ったことがあります。
 だから、新しい教科の先生と出会った時、まず一目置かれる存在になりましょう。積極的に挙手や挨拶するも良し、課題提出のときにプラスアルファやるのも良し……。工夫一つで先生も大きく評価してくれます。私の場合、国語で漢字ノートの課題があったけれど、「私は漢字よりも作文を書いた方が力を伸ばせます、と言って、ノートに問題と作文を書いて、毎回先生に添削をお願いしていました。
 一度先生からよい印象をつけられると、その後多少やらかしても(忘れ物や授業中寝ていても)評価は大きく変わりません‼だから、特にはじめはガツガツ先生にあたりに行きましょう(笑)。

~その二~ 苦手な教科ほど、意欲を見せろ‼
 私の場合、不器用が故に美術が苦手で、一年生の時一度も5をとれませんでした(笑)。
 そんな私は二年生の時、あえて美術係に挑戦してみました。係をやっていると、先生に質問する機会が増えました。案外質問すると、先生もよいアドバイスを沢山くださり。苦手意識もだいぶなくなって、結果的に5につながったのだと思います。
 先生も何も完璧を求めていません。特に副教材は、苦手だったら、苦手なりに最後まで頑張り、無理なら、素直に先生に頼ることもとても大事です。また、質問するときは単に「どうやってやるの⁈」ではなく、美術の場合「こういう思いを表現するためにこうしてみたが、こうなってしまった。先生ならこのとき、どうしますか?」と自分が考えたプロセスを交えると評価UPにつながります。ぜひご参考に~‼

~その三~ 完璧を求めない。
 毎日、先生にガツガツ当たって、提出物を毎日プラスアルファやっていると、疲れます。
 先生によっては、テストの点数を重視する方、授業の態度よりも、レポートや課題を重視する方と十人十色です。確かにはじめは大事だけれど、先生のパターンが分かってきたら、そこだけを頑張り、メリハリをつけましょう。

 以上三点の極意を知った君なら、確実に内申が上がるはず⁈志望校合格目指して頑張れー‼(ぜひ岐阜高校に入ってね‼)

誰よりも「岐阜高校へ行きたい」

岐阜高校合格

 受験生のみなさん、こんにちは。ずっと目標だった岐阜高等学校に通う者です。私の「合格体験記」がみなさんの励みになれればと思います。
 私は岐阜高校に通っている先輩方に対して憧れを持っていました。なぜなら、高い進学率を誇る高校に通い、勉強はもちろん、部活動にも全力で取り組む姿がとてもかっこいいと思ったからです。この思いが受験校を決める大きなきっかけとなりました。

 しかし、私にとって「遊びたい」とか「勉強したくない」という気持ちを抑えて、勉強に向かうことはとても大変でした。このとき大きな支えとなったのは、友達や家族、先生方でした。必死に志望校に向かって勉強する名進研の仲間や学校の友達を見ると、「自分も頑張らないと」と思えました。また、志望校判定を見て不安になったとき、優しい言葉をかけてくれた家族や相談にのってくださった先生方のおかげで、前向きに考えることができました。

 私は、三年生の実力テストで一度50点近く点数が下がったことがあります。とても悔しかったし、このままで大丈夫なのか不安になりました。私はこの後苦手や分からないところを減らそうと、それまで以上に努力をしました。あと、あの時、不貞腐れて勉強をやめていたら、この合格は無かったと思います。だから、みなさんもどんなことがあっても諦めないでください。
 受験勉強をしていく中で、不安になったり苦しくなったりすることはたくさんあると思います。でも、最後まで努力し続けてください。私は、誰よりも「岐阜高校に行きたい」という思いが強かったと思います。思いは大切だと思うので、ずっと持ち続けてください。みなさんが、合格を勝ち取ることを、願っています。
 最後となりますが、常に全力で支えてくださった、自校をはじめとした名進研の先生方、本当にありがとうございました。

自分に合った方法

岐阜高校合格

 岐阜高校に入学することになった者です。僕からは学習方法に対するアドバイスをしたいと思います。

~国語~
 覚えることで点数のとれる問題はしっかりととれるようにした方が良いです(漢字や文法)。主人公の心情を答える問題などや記号問題は答えが書いてあるので見落とさないようにすれば誰でも点数がとれます。

~数学~
 数学に関しては練習するしかないと思います。そうすればいつの間にか解けるようになっているはずです。

~英語~
 文法通りに覚えた単語を置くだけの作業です。長文はそれさえできれば、スラスラと読むことができるようになります。

~社会・理科~
 覚えましょう(笑)。覚えるしかない。僕は理科は好きだったので社会に苦労しました。時代の流れを意識すれば僕は覚えられました(○○があったから××があって△△が起きて…という感じ)。

 こんな感じですかね。全く参考になっていないと思いますが…正直な話、塾で予習して学校で聞いてテスト前に勉強すれば点数はとれると思います。僕はそれで合格できました。みなさんも自分に合った方法を探して合格していってください。

三割→七〜八割

岐阜高校合格

 僕は中一・中二の頃、幸い学校の定期テストでそれなりに良い点数が取れていたため、受験勉強も中体連が終わってからやればいいと思っていました。しかし部活を引退してからも、どうもやる気になれませんでした。それが夏休み中続き、夏期講習の宿題と学校の課題以外は特にやっていなかったと思います。

 そんな僕の転機は日曜講座でした。第一回の授業で衝撃を受けました。こんなに難しい問題が私立高校には出るのかと。僕は滝高校にも合格できたのですが、当時は雲の上の存在の様に感じていました。しかし週に一度の日曜講座に通うにつれて、確実に自分の学力が上がっていると実感できるようになりました。特に数学と英語は、初めは三割程しか解けなかったのに、七~八割を正解できるようになり、十二月の頭に、滝高校の受験を決めました。そこからはかなり努力し、良い結果を得られ、その勢いのまま第一志望の岐阜高校にも合格することができました。

 ここからは、いくつか僕の経験からのアドバイスをのせます。
 まず、勉強のしかたですが、とにかく問題を解いてください。教科書などを読んだりまとめたりするのは効率が悪く、一時的な知識にしかなりません。塾で習い、覚え、学校では忘れていた知らなかったことだけを色ペンでメモ。問題を一問でも多く解いて慣れ、間違えた事はその場で覚える。それを繰り返せば、効率よく学べます。
 そして、体を動かすことの大切さです。僕は部活を夏に引退した後、駅伝部に入り、十二月までは朝練、夕練に参加する生活を送り、週に一度テニスもしていました。自習室で疲れて寝てしまうこともありましたが、ストレスもなく、勉強に集中できていました。皆さんも、勉強だけしていては、いつかつらさの限界が来てしまいます。たまには体を動かし、ストレスを発散しながら、受験勉強を頑張ってください。

 最後に、岐阜高校を目指す受験生へ。
 少しでも余裕があれば、東海高校や滝高校といった県外の難関私立高校を受けてみることをオススメします。
 対策の勉強はかなりキツイですが、特に国数英において、本当に強くなれます。数学で明暗が分かれる岐阜県の公立入試で、大きな武器になるし、なんなら簡単と思えるはずです。
 自信を持って、来年の春まで努力を続けてください。

学習スタイル

岐阜高校合格

 こんにちは。私はこの春から第一志望校である岐阜高校に通うことになりました。今回みなさんに少しでも役に立つようなアドバイスを伝えたいと思います。

◎名進研のテキストを使いこむべし‼
 名進研のテキストはとても質が高く分かりやすいです。(書店で売ってるような参考書とはわけが違う‼)私は、一時期、参考書を買った事がありましたが、結局名進研テキストに移行…。マーカーとか書きこみとかをして、フル活用しました。私は名進研のテキストを使いこむことをオススメします‼

◎分からない所は先生に聞くべし‼
 分からない所はどんどん先生に聞いてください。先生方は、分かるまでていねいに教えてくださいます。苦手な教科や単元では個別にプリントをくださったり、この問題を解くとよいなどアドバイスをしてくださったりしました。プロフェッショナルな先生方からの教えはとても助かりますよ‼

◎学校では思いっきり楽しむべし‼
 私は塾の宿題は学校では解きませんでした。休み時間は普通に友達とおしゃべりをし、授業のときは集中、休み時間にはしっかり遊んで楽しみました。中三はとっても楽しい上に時間が過ぎるのがとても速いです。“受験”というプレッシャーの中で、いかに学校で楽しく過ごすかが大きな鍵だと思います。だから、学校では仲間と過ごす時間を大切にしてください。「勉強と関係ないじゃん‼」と思っているあなたっ‼このクラスの仲間の存在に助けられました。

◎スランプに陥ったら…
 私も、テストで点がとれなかったり、授業が全く分からなかったりしてスランプに陥ったことがあります。そんな時、私は名進研の先生に相談をしました。誰かに話すだけで楽になるし、先生方は的確なアドバイスをくれるのでとても心強いです。

 また、苦手なものは繰り返し解きました。何度も何度も解いて、語句や文法の用法をたたきこみました。演習量が決め手です‼

 最後に、私は中学生の三年間名進研に通いました。一、二年の頃は“受験”という意識はありませんでした。しかし、三年生になって少し意識しはじめ、気がつけば三月になっていました。それぐらいあっというまに“受験”はやってきます。私は、早めに志望校を決定する事をオススメします。目標が明確になる上に同じ学校を目指すライバルと高め合うことができます。私が今まで書いた事を試すかはあなた次第です。志望校に合格できるかどうかもあなた次第です。ただ、ものは試し。自分に合わなければやめるのもよし、合うと思えば実戦してみるのもよし。でも、この合格体験記に書いてある元名進研生からのアドバイスはぜひ参考にするべしです‼本当に役立ちます。では、みなさんが志望校に合格することを願っています。

 長くなりましたが、この場をおかりして…今まで教えてくださった先生方、ありがとうございました。先生たちの授業は楽しく、分かりやすく、とても助かりました。「努力は人を裏切らない。」と言ってくださった先生をはじめ、多くのアドバイスをいただきました。感謝しています。ありがとうございました。

受験勉強を楽にしよう

岐阜高校合格

 名進研のみなさんこんにちは。ぼくはこの春、岐阜高校に入学しました。高校に入学して、二週間が過ぎたのですが、とっても自由で、友達もいい人ばかりで楽しい学校ですよ‼

 さて、合格体験記ということで、過去の先輩のものをみると自分の勉強法とか、どうやったら集中できるかとか、いろいろ立派なことが書いてあるのですが、正直自分の勉強は褒められたものではありませんでした。受験の前日も平気でパソコンを見ていたり、ゲームをしていたり… でも、一応合格できたので書いてみたいと思います。

 ぼくは塾で出されたもの以外、受験勉強をほとんどしませんでした。それに、受験勉強はあまり苦労した覚えがありません。公立受験の前は、とにかくさっさと受験したいと思っていました。友人も「正直落ちる気がしない。」「受験まだかよ…。」「試験、明日でいいよな…?」なんていっていました。(もちろんみんな岐高に合格できましたよ‼)「勉強なんてしなくても受かる‼」といいたいわけではないんです。ぼくは一年生のころからきっちり定期試験の勉強をして、名進研の勉強をしていれば受験が楽になると思うのです。夏休み明けくらいからびっくりするほど成績が上がる子もいるのですが、聞いてみると相当苦労していたようです。

 次に教科ごとにどんな勉強をしていたか書きます。

〈国語〉
 とにかく本を読むといいです。どんな本でもいいです。物語、推理物、自己啓発などなど…なんだったらライトノベルでもいいです。本を読んでいれば、国語の読解がグっと楽になります。友人曰く、「国語は、唯一勉強を必要としない教科。」だそうで…

〈社会〉
 教科書を、定期試験があるたびに範囲を丸暗記していました。範囲の教科書に載っている年号、用語はすべて網羅しました。また、友人と問題の出し合いをしていました。人に話すと長く覚えていられますよ。それでも何か月かすると忘れてしまうのですが、一度覚えると、もう一度覚えなおすときとても楽に覚えられます。

〈数学〉
 三年生になると、図形の問題が難しくなるのですが、問題の解き方がひらめかなかったときは、問題用紙をクルッとまわしてもう一度見直してみるといいです。見方が変わって、ひらめくことがあります。それでもわからなかったら、ほかの問題を解いて、あとでもう一度やりなおすと、ひらめくことがあります。一度試してみてください。

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求