やり抜く努力

 こんにちは。私は第一志望の高校に晴れて入学することが出来ました。今からはどんな生活をしてきたかをご紹介しましょう。

 私は、ソフトテニス部に所属しており、中学一、二、三年の最後の大会まではずっと部活ばかりで、勉強なんてテスト週間にやるだけでした。それでも、二年の終わりからは先生方や両親から受験(検)のことを聞かされ、「やらなくては~」と少し思い、部活後に眠いながらもマイペースを頑張ってやっていました。ですが眠さには勝てず…教科書を開いてから10分後には寝ている始末。とても受験(検)勉強なんて言えたものではありませんでした。

 そんな生活が変わったのが三年生の夏。最後の大会が終わってからです。
 それまで塾が嫌いで入ってこなかった私でしたが、名進研に入会することになりました。部活が終わり時間が増えたことでその時間を勉強にあてることに…。

 ただでさえテスト週間にしか勉強をしてこなかった私が、これから入試まで継続して勉強をしていけるのか、正直、不安でした。ですが名進研に入ったことで、どんどん自信をつけていくことが出来るようになりました。「これが名進研の先生なのか」と思うほど全ての先生方が明るく、とにかく面白い‼自分でも驚くほど名進研が好きになっていました。
 とは言え、自信がついたからと言って凄く成績が伸びる訳ではありません。私の場合は社会が覚えきれずにいつも悔しい思いをしてきました。しかし、私の母が社会の歴史が好きということもあり、母が家で一緒に勉強をしてくれました。また、夜に母が社会の単語などをクイズにして私に出してくれた時もありました。それらが私のモチベーションを上げ続けてくれました。

 私は、受験(検)生とは言い難い生活だったかもしれません。三年の夏までは塾に入っていなかったし、名進研に入っても自習室なんて数回しか行ったことがありません。土・日なんて十時起きでしたし、学校の卒業式の答辞を任されて四日ほど勉強しなかった日もありました。それでも、志望校は変えずにやる時に集中して頑張っていました。少しでも点数が悪いと「大丈夫かな」とも思います。ですが、一度決めた目標は変えずにやり抜こうと努力することに意味はあると思います。嫌な時期かもしれませんが、頑張ってください‼応援しています。

楽しい高校生活のために

 こんにちは。千種高等学校・国際教養科に通っている者です。これから、私が受験を通して大切だったと思うことを伝えていきたいと思います。

 ① 内申
 内申は絶対にあったほうがいいです!内申があれば、当日点にも少し余裕ができます。では、どうすれば少しでも内申を上げられるのか、もちろんテストでいい点を取ることも必要ですが、私は先生とたくさん関わることも大切だと思います。特に苦手教科の先生です。授業後に分からないところを積極的に質問したり、おしゃべりをするなど、先生と仲良くなると、好印象をもたれると思います。
 また、テスト週間の前からテスト範囲を聞いておくと印象も良くなり、また、どこがテストに出やすいのかなど、アドバイスを聞くことができるかもしれませんiそして、授業で先生が話したことをノートにメモをしておくことも大切だと思います。先生が黒板に書かなかったこともメモを取ることで、しっかり話を聞いていることが先生に伝わり、ノート提出の時の評価が上がります!大変だと思いますが、やった分だけ内申は上がります!

 ② 勉強方法
 私は、冬休みの頃から復習ノートを作りました。復習ノートでは、一年生からの内容(特に暗記内容)を写して復習しました。
 語句は、赤やオレンジのペンで書き、赤シートで隠して勉強するととてもやりやすかったです。ルーズリーフだと途中で出し入れしやすく便利だと思います。受験の前日や直前の休み時間などは何をすればいいか分からなくなると思います。そんな時にこの復習ノートが大活躍します!私は冬休みから復習をし始めましたが遅かったです。もっと早くしていればと後悔しています。なので、皆さんはもっと早くから復習してください!
 あとから後悔しないよう、一日を大切に頑張ってください!応援しています!

合格への道のり

 名進研生のみなさん、こんにちは。

 ☆ 動機づけ
 まず、私が志望校を選んだ一番の理由はやりたい部活があったこと。それだけです。そんなに高校のことを知らない私たちに、高校を決めろなんて言われても正直ムリなことです。私もムリでした。なので私は、とりあえずやりたいことを見つけよう。そう思いました。そのやりたいことが私にとっては部活であっただけで、やりたいことは人それぞれでいいと思います。

 ☆ 生活に関して
 「受験生」という言葉が頭をよぎりはじめた二年生終わりくらいから、私の生活はがらりと変わりました。
 春休みには、部活、勉強、部活、勉強。そんな生活でした。正直つらかったです。家族も私への接し方が変わりました。物音を立てないようにしたり、集中させるために私を置いて買い物に行ったり…。私は、そのおかげで勉強に集中できた部分もありましたが、日々の生活はこんな風に変わりました。

 ☆ 学習について
 私は、中一、中二までは部活一筋で、勉強なんて全くと言っていいほどやってこなかったです。中三になって後悔しました。でも、その後悔やくやしさがバネになって一時期、勉強が楽しくなった時もありました。私は、勉強が嫌いで得意な教科とかもなくて、ずーと受験が不安でした。でも私は、一教科でも得意な教科があれば自信がついてくるんじゃないかと思いました。そこで私は理科を選び、学校や名進研の先生に質問をして苦手をなくす努力をしました。実りました。私が苦手をなくそうと思ったのは二年生の冬です。それでも苦手は克服できました。そしてだんだん実力もつき、内申も上がりはじめました。
 一年生の一学期の内申から三年生の三学期の内申は、「9」UP。自分でも、すごいと思いました。みなさんもがんばってください。

 ☆ 直前アドバイス
 入試直前は何が起こるか分からない。不安や緊張でお腹が痛くなるかもしれない。前日にカゼをひくかもしれない。でもぜったいに何があってもあきらめないでほしい。誰でも、どんな天才でも不安はある。周りの人がすごいできる人みたいに見えるよ。でも周りをみんな同じように見えているんだ。と思って、落ち着いてがんばってください。必ず結果はついてくるから!私はこの合格体験記を読んで、努力は大切、がんばろうって思えました。これを読んだ人が少しでもそう思ってくれたら嬉しいです。

高校0年生へ

 こんにちは‼旭丘高等学校に通っている者です。僕の経験、考え方が少しでも皆さんの役に立てばと、今、この文章を書いています。志望動機は様々だと思うので、入試に向けての勉強のコツ、内申点を取るためのコツ、入試日直前の調整方法など、合格に必要なことを伝えたいと思います。

 ① 勉強のコツ
 「まだ時間があるし、夏休みとかに復習すれば大丈夫‼」とか思っていませんか?僕はその考え方はオススメできません。その場でその内容を完璧にするようにしてください。部活とかも大変でしょうし、休みの日はゆっくりしたいのではないでしょうか。となると、復習して内容を理解し直すのは難しいと思います。
 時間ができたのなら、名進研のテキストを完璧にしましょう。全ての問題パターンに触れて、本番でどんな問題が出ても解けるような経験値と解法を身に付けてください。間違えた問題は、なぜ間違えたのか徹底的に分析してください。合っていた問題も、もっと早く答えにたどりつく方法はなかったのかを探りましょう。

 ② 内申点を取るためのコツ
 内申点も合否を分けるとても重要な課題です。「ちゃんとやってるのに、なんで上がらないの?」「下がるなんて思ってなかった、テストもうまくいったのに、何でだろう…」と思っている人も少なくはないでしょう。やることをこなすだけでは、良い内申点はもらえません。先生の前で良い意味で目立ってください。このことに関して実際に僕がやったのは、先生の目を見て話を聞き、相槌を打つ。授業の始まりと終わりの挨拶は誰よりも大きな声で。常に笑顔で明るく。などです。

 ③ 入試日直前の調整方法
 「落ちついて解け。」と周りから言われるかもしれません。「落ちつけ。」と声に出して自分に言い聞かせても、焦りが増すことでしょう。そんな時、〔集中〕が一番大切です。問題文をよく読み、何を答える問題なのか、何か条件はないか…決して疎かにしてはいけません。どれだけ集中できるかで、また合否が分かれるでしょう。

 読んで頂きありがとうございました。皆さんが第一志望校に合格することを願っています。もし、第一志望校が旭丘高校なら、そして、もし合格できたのなら、バスケットボール部で待っています。一緒にバスケできることを楽しみにしています。頑張ってください‼

 こんにちは。昭和高校に合格した者です。今、この本を読んでいるあなたは、勉強の休憩かなぁと思いますが、(ちがったら、すいません)やっぱり休憩は大切です。ぼくは長時間集中できず、少し勉強して、少し休憩という風にしていました。しかしそのようにしていても、「勉強したくねぇー」って時があると思います。そんな時は勉強をしない方がいいと思います。「勉強したくねぇー」って時にやっても間違えまくるし、集中力が続かないし、覚えられません。だから無理してやらない方がいいと思います(やらなすぎてもダメですよ‼)。

 次は内申の取り方です。学校によっていろんな先生がいると思いますが、話しかけやすそうな先生に話しかけましょう。でも何を話せばいいかわからないですよね。なのでぼくが使った技を教えます。
 ① 少しわかるけど、わからんっていう問題を「先生ー、ここの問題がわかんないんですけどいいですか?」と聞く。
 ② ゲームやマンガなど自分の趣味の話をする。
 ③ 悩み相談をする      ………など。
 難しいかもしれませんがやってみてください。
(長くなってすいません。もう少しおつき合いねがいます。)

 次は最後まであきらめないことです。今ぼくが通ってる高校の合格の確率は30%以下でした(内申がぜんぜんたりねぇー)。でもあきらめず最後まで内申UPのため、テストを全力でやりました。私立のことを考え、前々からやって、五教科だけでなく、副教科も‼(五教科より内申がとりやすい)全力でやってください。ぼくは学年末のテストが良かったので内申は3上がりました。
それと実力をつけるために、日曜講座や正月特訓教室がいいです。めっちゃしんどいんですけど(みなさん覚悟しといた方がいいですよ)終わったときには、とても実力はついています。

 次に勉強法を少し教えます(自分のやり方がある方はそちらの方がいいと思います)。ぼくは私立や公立の過去問を解きまくり、わからんところやできなかったところにふせんをつけ、先生に質問しにいきました(やっぱり過去問はいいですよ‼うん。やっぱり過去問ですね‼)。そして解き直す(この作業はめんどくせぇーと思いますが、やってください)。

 あと覚えきってない公式や年表(特に日本と世界の動きが一目でわかるようなものがいい)などをトイレに貼りまくるのがいいです(ぼくん家のトイレは貼りまくりすぎて、スゴイことになりました(笑))。

 受験は辛いけど、メリハリをつけてがんばってください。Fight! !

 最後まで読んでくださりありがとうございました。長すぎて真ん中のほうを飛ばした人もいるかもしれないですが(笑)。
 最後に先生方、いろいろご迷惑おかけしました。本当にありがとうございました。

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。私は愛知高校に合格した者です。僕はこの合格体験記をみなさんに読んでもらうために少し笑いを含めてアドバイスをしていきます(お父さん、お母さん!子どもに読ませるキッカケにしてください)。

 僕からは、学校生活についてです。あたりまえですが授業態度を良くしましょう。これを読んでいる頃には遅いと思っているそこのあなた!そんなことはないです。最後の方の印象は大切です。具体的に何をすればいいかというと…

 ① 明るく、丁寧に、礼儀正しくしましょう。
 極端ですが、ヤンキーとまじめな生徒どっちがかわいい(いい生徒)だと思われるでしょうか。先生に呼ばれたら返事をし、フレンドリーに接し(注意 できない方は無理をしないように)、質問や話を自分からしに行くことが大切です。

 ② 授業中に手を挙げましょう。
 またもやあたりまえ体操(笑)ですがカンシン・イヨク・タイドの欄が良くなります。そこは必ずAをとりましょう。みんなの前で間違えるのがコワイ・はずかしいなどの理由で手を挙げない方がいらっしゃると思いますが、そのせいで内申が上がらず、目標の高校に落ちてまわりからいろいろ言われるよりましだと思います。

 ③ ノートを工夫しましょう。
 板書(先生が黒板に書くもの)を写すだけではダメウーマン(笑)。先生の話で大切なところをメモしよう。But習ったばかり(習い途中)だからどれが大切なのかわからな人もいるはず。そこで名進研の授業を♪思い出してごーらん。あんなこと。こんなこと。あーったでしょー。♪名進研の先生が青・赤ペンで書いたこと、教科書・参考書の太字をチェックしてから学校の授業に参加してみた方がいいと思います。あとマーカーペンでラインを引きましょう。同じ色だと分かりにくくなるので、
(例)黄色…一番大切、青色…二番目に大切、オレンジ色…先生が授業(学校)で見た資料、みたいにするといいかも。
 あともう一つノートのことでアドバイス(長くてすいません)。ノートを分けることです。図のように自由スペースをつくります。そこには左の板書で出てきた大切な語句、間違えやすい漢字を大きく書くといいです。これが自分が実際にやった内申アップ法です。ぜひやってみてね!

 ここからは入試直前についてです。入試直前に読んでみてください。今日までおつかれさまです。明日、今までの成果を出すときです。受験前日もゲームをしていたぼくが、模試でE判定だったぼくが第一志望に受かったんです。人生はなんとかなる!おなかにカイロをはって、あったかいお茶をもって、交通費、受験票をもってレッツゴー!

自分の頭脳を駆使する

 こんにちは。第一志望であった天白高校に通う者です。僕のこの一年間、勉強とどう向き合ってきたか紹介します。

〈動機付け〉
 僕がこの高校を受験すると決めたきっかけは、家から通うことのできる距離にあり、進学実績もあったからです。そして、自分が得意である数学でレベルの高い授業を受けることができるからです。

〈生活に関して〉
 受験勉強に欠かせないのは、規則正しい生活習慣です。勉強と部活動の両立に悩む人も出てくると思いますが、自分に与えられた24時間をどう使うか、できる限り工夫して、自分に最適な生活リズムをつくっておくとよいと思います。また、物事を前向きに考える習慣をつけておくこともいいと思います。

〈学習について〉
・国語
 国語に関しては、苦手だったので、特に物事を言う資格もないのですが、漢字や古文、または漢文は早めにできるようにした方がいいと思います。

・数学
 数学に関しては、公立入試と私立入試共に難しいのは図形です。定期テストよりも速さと正確さが問われる問題が多くあります。
 黒板や他人のノートを写すのではなく、自分自身でよく考えることが重要です。わからないと思っても、すぐ弱音をはいたり、答えを見たりをしないで、教科書や参考書を見て自分の頭脳を駆使して問題にぶつかることが大切だと思います。

・社会
 地理、または歴史のどちらかを得意にした方がいいと思います。それは、公立高校入試でどちらかが取れていれば、ある程度は点数が取れるからです。

・理科
 物理は、愛知県の公立高校で最もレベルが高いです。数学が得意という人は、物理をできるようにした方がいいと思います。
 化学は、二、三年生の単元を中心に勉強した方がよいかと思います。
 生物、地学共に暗記が多いと思います。生物にはあまり時間をかけない方がよいかと思います。

・英語
 英語に関しては、夏から長文をひたすら解き、正月特訓教室で英作文を真剣にやれば、問題はないかと思います。リスニングは全く難しくないので、心配の必要ないです。

〈直前アドバイス〉
 受験が終わったからこそ言えることですが、一生懸命に第一志望合格目指して勉強してきた人は、大抵合格しています。中三のこれからは、日曜特訓講座や正月特訓教室で本当につらいと思うかもしれませんが、投げ出さずに自分を信じて最後まで、頑張ってください。

Do your Best

 こんにちは。

〈志望動機〉
 僕は小学六年生の後半から明和高校に入りたいとぼんやりとした気持ちを持っていました。それで名進研に入ることに決めました。

〈勉強のこと〉
 最初に受験のことを意識し始めたのが、私立受験の対策が始まったときで、最初は、東海高校の過去問も六割はとれるだろうと思っていました。しかし、どの教科も五割も届かなかったので、これはまずいと思い、集中して勉強を始めました。私立は受かれば公立高校のとき、安心して受験に臨めます。だめでも私立に向けての勉強は公立の時にすごく生きます。
 僕も私立の東海高校に受かったので、二学期の内申が39の状態でも明和高校を受けることが出来ました。だからここからは僕が東海高校に向けての勉強法を書いておくので、ひとつの例として見ていただけたらと思います。

〈国語〉
 長文はどの私立の問題でもいいですが、一日二~三本を毎日解いていくことが重要だと思います。文章を書く問題は採点基準が難しいので、書いた答えを先生に見てもらい、本当に合っているかどうかを確かめると良いと思います。

〈数学〉
 この教科に関しては五教科の中で一番難しいです。試験50分の間に解いたことのない問題全ての解法を思いつくのは不可能なので、三年の夏休みの内から難関校の問題を少しずつ解いていって様々な問題にも対応できる力が必要だと思います。僕はこのことに気づいたのが一週間前だったので本番でも40点ぐらいしか取ることができませんでした。

〈英語〉
 東海の長文は日本語で答えさせる問題が出されます(何十字以内で解答)。対策していないと答え自体を書けないので過去問を冊子の四年間分だけでなく十年間分くらい解いて慣れておくといいと思います。

〈理科〉
 理科は、資料集の隅に書いてあるようなことが出題されるので今の内から全部覚える勢いで読みましょう。また、化学や天体や地震の計算は複雑なので、計算ミスしないように途中式を残しておくのもいいと思います。

〈社会〉
 社会は、歴史、地理、公民の全ての分野で一~二問全く答えが分からないものがあります。そこを解答するために隅から隅まで覚えるよりは、他の教科に力を入れたほうがいいと思います。

〈最後に〉
 受験一週間前からでも学力は伸びます。後、模試の合格判定を気にしすぎると負けなので判定が良くても油断せず、悪くても落ち込まず志望校のランクを落とさないでください。最後の最後まで希望を捨てないでください。すべての名進研生に喜びが訪れますように。

気楽に行こう!

 入試を控えている三年生のみなさんへ、いろんな不安を抱いているでしょう。通知表の数字を上げなきゃ、とか実力を今からしっかりつけなきゃとかいろいろ思うことはあるのでしょうが、入試を終えたボクが君達に言えること。それは「案外なんとかなるよ!」ということです。根拠をお話いたしましょう。

 まず、内申書の話ですが、ぼくは三年生になったからと気負って授業態度を変えたり、まじめにノートをとってテストで高得点を取ったりしましたが、数字は変わりませんでした。結局今までと同じで先生のイメージが良い人がかっさらっていきます。「そんなもんだ」と割り切っていきましょう。実際ボクは内申が五も上の人と同じ学校に受かったのであまり影響はしないかと…。

 次は実力の話ですが「よし、四月からがんばるぞぉーっ!」はあまりオススメできません。成功する人は極稀だと思います。なぜならそれをやると絶対に後々やる気が下がっていって入試までもちません。あと、受験勉強があるから夏休みは部活をサボるとかは絶対やらない方がいいです。今になってボクは後悔しています。その時やった勉強はきっとほんのわずかにプラスされるでしょうが後悔してしまいます。今しかできないことは大事にしましょう。

 菊里高校入学を決めたボクがオススメする勉強法について、特にないです(笑)。名進研の先生についていきましょう。自然と合格します。適当に模試の結果じゃなく間違えた問題をやり直すだとか、真面目に入試本番シミュレーションをうけるだとかしておけばいいのではないでしょうか。なにを必死こいて勉強してたんだ(定期テストとかの)と笑えるくらいあっという間に終わります。

 総じて言いたいのは、こんなちょくちょく文脈がおかしい文章を書くぼくでも一応受かりました。ボクより真面目にやれば行きたい高校には余裕でいけます。なんとハードルの低いことでしょうか⁈この文章に目を通した人、ラッキーですね!

 最後にひとつ、名前で高校の良し悪しをキメるのは悲しいことです。視野をせばめてしまいます。

 今はそんなこと言われても不安だと言われるかもしれませんが、冷静に考えることをオススメします。それでは頑張ってください!

受験を楽しもう!

 名進研の皆さんこんにちは。私は去年、この合格体験記を楽しく読んでいたので、今年は楽しく書こうと思います!

 ○勉強のモチベーションをキープする
 正直これが一番大変です。自分が勉強しようと思うきっかけが「危機感」からなのか、「充足感」からなのか知ると◎。危機感を感じる為には、受験までの日数をカウントダウンすると良いです。充足感は、勉強量を確認すると良いです。危機感タイプの方が成績は上がると思います。でも私は充足感タイプでした!あと、ライバルを作ると良いですよ!

 ○各教科の勉強法
 《国語》
 ・内申点…小テストをしっかりとる!
 ・受験勉強…漢字、歴史的仮名遣いなど、暗記はしっかり。あと、普段から文章を読む。
 《数学》
 ・内申点…定期テスト、提出物、挙手!
 ・受験勉強…基礎を固める、公式暗記、一番大事なのは問題を多く解くこと!慣れが大事!
 《社会》
 ・内申点…数学と同じ。あと、小テスト!
 ・受験勉強…歴史は教科書と資料集で流れをつかむ。地理は基本語句の暗記と国や県のグラフにふれる。公民は覚えまくるのと、ニュースに絡めた出題に備え、時事の確認!
 《理科》
 ・内申…数学と同じ。
 ・受験勉強…苦手範囲の克服、暗記しっかり。
 《英語》
 ・内申…数学と同じ。
 ・受験勉強…長文は毎日。文法は例題やりながら暗記。単語はスキマ時間にコツコツと!先生に好かれてない人は特にですが、結局は実力ですよ。実力で周りを見返してやれ!!!

 ○生活について
 寝る。食べる。運動する。以上!あとは、勉強と休憩のメリハリをつけることが大事!
 ここまで読んだ皆さんはきっと思ったでしょう。コイツ絶対コツコツできるやつじゃんと。今だから言えますが、私は過去問を受験二週間前から解き始め、名進研にいない時はほぼ勉強しないという、コイツ本当に受験生かよ、という生活を過ごしました(笑)。
 間に合わないとは言いませんが、絶対に早めから始めるべきですから、私のようにならないように!継続は力なり!

 最後に言わせてください。名進研で一緒に学んだ友達は一生の宝物です。受験生の一年はとても速い。だから、受験を楽しむべき!私はこの一年、名進研の先生、友達のおかげで受験楽しかったです。先生方、友達ありがとう!
 皆も受験楽しもう!頑張れ!

名進研での一年

 こんにちは!僕は向陽高等学校の国際科学科に合格できた者です。僕は二年生の春期講習から名進研に通い始めました。一年間でものすごく実力がのびました。僕からは特に教科ごとのコツを伝えたいと思います。

 僕が名進研に入ろうと思ったきっかけはあせりからでした。向陽高校はレベルが高く、さすがに三年生になって塾に入っていないのは入試に不利だと思い比較的近所にあった名進研に入りました。僕は毎週のように自習室を活用しました。自習室は集中するには最適の場所です。ぜひ活用してください。内申点も自習室に通い始めて勉強の量が増えると共にかなり伸びました。

 ここから学習について書きます。

〈国語〉
 ・二点問題の文章を書く問題をたくさん解くとよいです。文章を書く能力は高校でも必要になるので、今のうちに身につけた方がよいです。
〈数学〉
 ・日曜講座に参加することをおすすめします。見たことのない問題ばかりなのでとても力がつきます。私立対策にもなります。
〈理科〉
 ・理科は暗記科目ではありません。しっかり思考や計算ができるようにするとよいです。
〈社会〉
 ・資料の読みとりはめんどうくさいです。しかし、試験で絶対に出されるので練習した方がよいです。
〈英語〉
 ・単語を覚えるだけでなく文章を読み、書けるようにするとよいです。そうすると、最近出題されるようになった英作文が楽に解けます。

 最後に、自信をもって来年の春まで努力を続け、合格を勝ち取ってください。

楽しんだもの勝ち

 皆さん、こんにちは。私は旭丘高等学校に合格した者です。

 もう自分が行きたい高校は決まっていますか?
 私は、中三の夏休みになっても自分が行きたい高校が決まっておらず、あせっていました。旭丘高校だけは絶対行けないと思っていたのですが、明和高校の文化祭や向陽高校の説明会に行ってもビビッとくるものがなく(個人の感想です)、どんな感じなのか一応見に行くかという軽い気持ちで旭丘の文化祭に行きました。そこでの学校の雰囲気や生徒のいきいきした表情にひかれ、旭丘もいいなと思い始めたんです。
 人から聞いたり、インターネットで調べたりして情報収集するのもその高校を知る手段として有効ですが、やっぱり実際に行って自分で雰囲気を感じるのが一番です。
 まだ行きたい高校が決まってない人や、一応決めたけれどなんかしっくりこないなぁと思っている人は、いろいろな高校に行くことをオススメします。ビビッとくる高校に出会えるはず!

 次は、勉強についてです。
 まず、中三の夏休みはニガテつぶし+歴史の流れを覚えるということに使うといいと思います。夏休みが明けたら、行事もあるし定期テストのために中三の内容をしっかり勉強しなくてはならないので、中一、中二の内容を復習する時間がなかなかとれません。
 歴史も、夏休みに年号を覚えたり、日本と世界の出来事を結びつけたりしておくと、後の勉強が大分ラクになると思います。私は夏休み歴史の勉強をあまりしなかったのですが、後でつらい思いをしました…。
 そして、模試は問題を解いた時間の倍以上を使って答え合わせ&間違い直しをしてください(特に社会)。模試は、どんな問題が本番で出るかを予想し、その中でも厳選されたもの達がつまったテストです。いい問題しかない‼合っていた問題でも、解説を読むと役に立つことが載っていたりします。やみくもに問題を解くより、一つ一つ完璧に理解していったほうが効率がいいです!

 最後に、入試当日について。
 当日に不安になっても何もいいことはありません。ポジティブにいきましょう!私は「私が受からなかったら他に誰が受かるのよ」っていうくらいの強気でいきました(笑)。あと、失敗をひきずらない。
 私は入試本番に二点問題を凡ミスしてしまいましたが、切りかえて残りの教科に挑んだら大丈夫でした。放課は廊下に出たり、お茶を飲んだりするとリフレッシュできます。
 模試は入試本番、本番は模試だという感覚でいきましょう!最終的には楽しんだもの勝ちです。

 ここまで長文を読んでくださりありがとうございました。つらいときもあるかと思いますが、それを乗り越えた先には素敵な高校生活が待っています!自分を信じて頑張ってください!

 「国語が五教科の中で最も嫌いです。」
 と言っていた或る人が入試で国語が満点だったらしい。その人は嬉しさのあまり狂いそうになったという。それもそのはずだ、彼は純理系男子なのだから。

 前の段落は皆も分かっていると思うが僕のことです。僕が本番でそのような力が出せたのは幾つか理由が在ると思います。
 まず、正月特訓教室ですね。正直、キツかった。でも、その分のリターンは大きい。模試の結果は十点のアップでした(嬉)。
 次は、公立直前の対策かなと思う。本番より短い時間で解かされるので、本番ではヨユーができて見直しタイムが確保できたりする(やったね)。あと、宝の山が先生方から授与される(宝の山とは課題のこと)。物凄い力がつくヨォ。
 三つ目は、自分を信じること。一種の自己暗示。自己洗脳。超人。自分はこれだけやってきたんだし、大丈夫だ、と考え続ければオーケーだったり。脳内で松岡修造が叫んでいる。でもオーケー。とにかく、ポジティブ思考になれ。そうすれば力が出せる(割と楽に出せる)。ビリーブマイセルフ。イットウィルビービッグパワー。

 辛いのは受験(受検)期だけです。そのときぐらい電子機器とか封印して勉強に励め。学校の先生が言っていた。「夢と希望は自分で見つけろ。自由なんてものはないんだよ(つまり勉強しろ)。」本当にその通りだと今は思う(言われた当時、なにそれヒドいと思った)。超が九回つくぐらい頑張ったとき、合格したときの名状しがたい嬉しさの様な気持ちの大きさは比例するから。いや、二乗比例だなこれ。

 最後にエールを。

 否定的にならないこと。
 諦めないこと。
 歩み続けること。
 更なる高みを目指すこと。
 生き続けること。
 生きているということ。
 今、生きているということ。
 自分を信じること。
 合格を確信すること。
 最後の〇・〇一秒まで解くこと。
 できることをできるだけやること。
 持たないこと。
 作らないこと。
 持ち込まないこと。
 勉強と入試を楽しむこと!!

 こんにちは。念願の高校に晴れて合格し、楽しい高校生活を送っている者です。僕からは公立高校入試のアドバイス・メッセッージを名進研生の皆さんにおくります。

 ★国語★
 〈国語は僕にとって最大の苦手教科でした。なので参考になるかは分かりませんが…〉
 まず、漢字と文法をハイクオリティに仕上げてください。基本的な内容の設問しかないので確実にとってほしいです。現代文の問題では、筆者の考えを正確に読みとる能力、文章の内容を正しく把握する能力が求められます。この能力を身につけるために必要なことは、やはり演習だと思います。過去問や予想問題をうまく活用してください。

 ★数学★
 数学もやっぱり問題をひたすら解くしかないですね。最初の大問は基本問題を中心としているので、正確にそして速く解けるように練習してください。図形の計量の問題の中には難問が含まれていることが多いので、発展問題にも取り組んでおくべきです。
 また、問題を解き終えたら見直しをする癖をつけておいてくださいね。

 ★社会★
 通常のテキストなどを利用して、重要語句、人物を年代や場所、内容も合わせて覚えておけば大丈夫だと思います。資料の読み取りの問題も、ひとつひとつ丁寧に調べていけば確実に得点できるので、焦らずに落ち着いて解くようにしてください。

 ★理科★
 理科も基本的な内容の設問がほとんどなので、通常のテキストなどを利用して基礎固めをしっかり行えば問題ありません。ただ、問題文がとても長いですし、複数のグラフ、表を利用する問題はやや難しいので、過去問、予想問題も忘れずに演習してほしいです。

 ★英語★
 空欄に当てはまる英単語を答えさせる問題が厄介ですね。空欄の前後の文の内容や、文章全体の流れから判断するしかないので、過去問・予想問題を演習して慣れておいてください。
 自由英作文は、難しく考えずシンプルに書きましょう…と言いたいところですが、語数指定がある上に理由を二つ書くよう指示されると厄介です。自由英作文対策のプリントをもらえるはずなので、練習しておいてください。

 ☆面接☆
 志望理由や、中学校でがんばったこと、将来やりたいことなど、基本的な質問への回答は予め用意しておくとよいでしょう。もし予想外の質問をされたとしても、焦らずに自分のことばで表現してください。面接の質問に正しい答えなんて存在しません。身だしなみを整え、正しい言葉遣い、マナーを意識して面接に臨みましょう。

 こんな感じですね。ここまで長々と書いてきましたが実は本当に言いたいのはここから先なんです……。ここまで読んでくださった方ごめんなさい。

 特に言いたいことはこの一つ、「志望校の合格判定を信じない」ということです。
 三年生になると、数か月に一回のペースで模擬試験を受けることになります。その成績個表には志望校ごとに合格率が出されますが、その合格率を信じてはいけません。なぜこんなことを言うのかというと、僕自身が合格率三連続95%だった私立のトップ校に落ち、合格率50%台から抜け出せずいた第一志望校に合格できたからです。合格率が高かったからといって油断していると不合格になることがありますし、合格率が低くても、その後努力をすれば合格を勝ち取ることができます。
 模試の結果や先生、親のことばなど、周りの環境に影響されることなく、ひたむきに努力することのできる人こそが合格を勝ち取ることができます。そんな「努力できる天才」に皆さんにはなってほしいのです。

 努力の先には、すばらしい未来が待っています。がんばれ、名進研生!!

諦めたらそこで終わり

 みなさん初めまして。名東高校に通う者です。私のやっておけば良かったこと、やっていて良かったことを紹介します。

◎国語◎
 本を毎日読むこと。部活に燃えている人は部活を題材にした本が読みやすいかも⁈そして、いろんな問題に挑戦してみること。

◎数学◎
 これは私の敵でした笑。公立・私立ともに過去問を二周やっておけば良かったと後悔しています。数学が苦手だった私は、教科書や学校のワークを二周程度やりました。

◎社会◎
 通常テキストを三周やること。教科書の暗記。名進研でもらえるプリントを解けばOK‼

◎理科◎
 対策冊子を二回以上やり込むこと。分からなければすぐ質問‼学校の問題集を大切にすること。

◎英語◎
 教科書本文暗記(一日十回以上音読すれば自然と覚えられます‼)。熟語表現などはノートにまとめておくと良い。

 ここまで偉そうに書いてきましたが、実は私は第一志望に落ちています。悔しかったけれど後悔はしていません。それは、今までやってきたことは無駄ではなかったと思っているからです。もし途中で諦めて志望校を変更していたら、内申を上げる努力もせずにいまいち勉強に身が入らなかったと思います。だから、これを読んでいる皆さんも最後まで諦めないでください。

 最後になりましたが、今まで温かく優しいご指導をしてくださった先生方、本当にありがとうございました‼私はこの悔しさをバネに大学受験に向けて頑張っていこうと思います。
 皆さんが笑顔で春を迎えられるように祈っています‼諦めずに頑張れ名進研生‼

楽しんだもの勝ち

 皆さん、こんにちは。私は旭丘高等学校に合格した者です。

 もう自分が行きたい高校は決まっていますか?私は、中三の夏休みになっても自分が行きたい高校が決まっておらず、あせっていました。旭丘だけは絶対ないと思っていたのですが、明和高校の文化祭や向陽高校の説明会に行ってもビビッとくるものがなく(個人の感想です)、どんな感じなのか一応見に行くかという軽い気持ちで旭丘の文化祭に行きました。そこでの学校の雰囲気や生徒のいきいきした表情にひかれ、旭丘もいいなと思い始めたんです。
 人から聞いたり、インターネットで調べたりして情報収集するのもその高校を知る手段として有効ですが、やっぱり実際に行って自分で雰囲気を感じるのが一番です。
 まだ行きたい高校が決まってない人や、一応決めたけれどなんかしっくりこないなぁと思っている人は、いろいろな高校に行くことをオススメします。ビビッとくる高校に出会えるはず‼

 次は、勉強についてです。
 まず、中三の夏休みはニガテつぶし+歴史の流れを覚えるということに使うといいと思います。夏休みが明けたら、行事もあるし定期テストのために中三の内容をしっかり勉強しなくてはならないので、中一、中二の内容を復習する時間がなかなかとれません。歴史も、夏休みに年号を覚えたり、日本と世界の出来事を結びつけたりしておくと、後の勉強が大分ラクになると思います。私は夏休み歴史の勉強をあまりしなかったのですが、後でつらい思いをしました…。
 そして、模試は問題を解いた時間の倍以上を使って答え合わせ&間違い直しをしてください(特に社会)。模試は、どんな問題が本番で出るかを予想し、その中でも厳選されたもの達がつまったテストです。いい問題しかない‼合っていた問題でも、解説を読むと役に立つことが載っていたりします。やみくもに問題を解くより、一つ一つ完璧に理解していったほうが効率がいいです‼

 最後に、入試当日について。当日に不安になっても何もいいことはありません。ポジティブにいきましょう‼私は「私が受からなかったら他に誰が受かるのよ」っていうくらいの強気でいきました(笑)。あと、失敗をひきずらない。
 私は入試本番に二点問題を凡ミスしてしまいましたが、切りかえて残りの教科に挑んだら大丈夫でした。放課は廊下に出たり、お茶を飲んだりするとリフレッシュできます。
 模試は入試本番、本番は模試だという感覚でいきましょう‼最終的には楽しんだもの勝ちです。

 ここまで長文を読んでくださりありがとうございました。つらいときもあるかと思いますが、それを乗り越えた先には素敵な高校生活が待っています‼自分を信じて頑張ってください!

 「国語が五教科の中で最も嫌いです。」と言っていた或る人が入試で国語が満点だったらしい。その人は嬉しさのあまり狂いそうになったという。それもそのはずだ、彼は純理系男子なのだから。

 前の段落は皆も分かっていると思うが僕のことです。僕が本番でそのような力が出せたのは幾つか理由が在ると思います。
 まず、正月特訓ですね。正直、キツかった。でも、その分のリターンは大きい。模試の結果は十点のアップでした(嬉)。
 次は、公立直前の対策かなと思う。本番より短い時間で解かされるので、本番ではヨユーができて見直しタイムが確保できたりする(やったね)。あと、宝の山が先生方から授与される(宝の山とは課題のこと)。物凄い力がつくヨォ。
 三つ目は、自分を信じること。一種の自己暗示。自己洗脳。超人。自分はこれだけやってきたんだし、大丈夫だ、と考え続ければオーケーだったり。脳内で松岡修造が叫んでいる。でもオーケー。とにかく、ポジティブ思考になれ。そうすれば力が出せる(割と楽に出せる)。ビリーブマイセルフ。イットウィルビービッグパワー。

 辛いのは受験(受検)期だけです。そのときぐらい電子機器とか封印して勉強に励め。学校の先生が言ってた。「夢と希望は自分で見つけろ。自由なんてものはないんだよ(つまり勉強しろ)。」本当にその通りだと今は思う(言われた当時、なにそれヒドいと思った)。超が九回つくぐらい頑張ったとき、合格したときの名状しがたい嬉しさの様な気持ちの大きさは比例するから。いや、二乗比例だなこれ。

 最後にエールを。

 否定的にならないこと。
 諦めないこと。
 歩み続けること。
 更なる高みを目指すこと。
 生き続けること。
 生きているということ。
 今、生きているということ。
 自分を信じること。
 合格を確信すること。
 最後の〇・〇一秒まで解くこと。
 できることをできるだけやること。
 持たないこと。
 作らないこと。
 持ち込まないこと。
 勉強と入試を楽しむこと!

Time is money!

 名進研に通っているみなさん、はじめまして。念願の加納高校に通っているものです。僕はどうやったらみなさんの力になれるのかを考えたところ、やはり勉強法をアドバイスすべきだという結論に至ったので、個人的に気に入っている勉強法を伝えていきたいと思います。

 僕は、中三になっても、自分は受験生だという自覚がわかないという状態が続き、あまり勉強に手がつきませんでした。そこで、自分がやるようにした勉強法は、学校の休み時間に問題集を解くというものです。短時間集中するものなので、集中力がなくなるということもなく、効率よく問題を解けるのではないかと思います。休み時間に、まわりの人が遊んでいたり、話していたりしている中で勉強をできるかは、人にもよると思いますが、そんな中で自分だけが勉強をすると、自分がまわりの人よりも勉強をしているということが感じられ、自信もつくと思います。分からないことをすぐ人に聞くことができるのも、大きな利点だと思います。
 そして、家に帰ったら、その日間違えた問題の直しや、その日判明した自分の理解してないところを重点的に、問題を解いていきます。それを毎日していけば、他の人と大きく差を付けることができると思います。その日の内に間違え直しをすることを意識して、一度でもやってもらいたいです。どうしても、休み時間に問題を解けない、という人は教科書などを読むだけでも違うと思います。
 自分は名進研の先生がつくってくれた、プリントを活用したりもしました。このように、休み時間を使うのも一つの手だと思います。

 志望校に合格した時、とても大きな喜びと達成感が味わえます。ぜひみなさんにも味わってもらいたいです。必ず合格できます。
 がんばってください‼
 最後に、自分が受験勉強をがんばることができたのは、名進研の先生方の助けがあったからこそです。ありがとうございました!

合格を勝ち取るために

 こんにちは。旭丘高校に通っている者です。ここでは僕が受験までに大切にしたことを書きたいと思います。

 まずはたくさん問題を解いて苦手をなくすことです。僕は中学三年一学期の期末テストの結果が悪かったことを受けて、「数学は夏期講習のテキストを二周解く」、「国語は毎日文章題を解いて読解力を伸ばす」というように苦手をなくすための目標を立てました。そして夏休みは目標達成のためにほぼ毎日自習室に行って、夏期講習や通常授業のテキストをひたすら解きました。その結果基本を定着させた状態で二学期以降の勉強に取り組むことができ、数学のテストの点数も大きく伸びました。目標意識をもって勉強することが苦手克服への近道です。

 二つ目は分からない問題をそのままにしないことです。二学期からは日曜講座や私立対策が始まり、取り組む問題の難度が一気に上がります。初めての日曜講座のとき、問題の難しさにとても驚いたことは今でも覚えています。しかし難しい問題に対応するためには解き方を覚えるしかありません。分からなかった問題は必ず先生やチューターに質問するようにしてください。解説を読んで理解しようとするのは正しい解き方が分からないまま理解した気になったり、ますます問題の意味がわからなくなったりしてしまうので逆効果です。また、同じミスを繰り返すのを防ぐために、間違えた問題はその原因と正しい解き方をメモしておくといいです。

 三つめはメンタルを強く保つことです。僕は内申点が下がったり模試の結果が悪かったりして苦労することが何度もありました。特に入試の直前に分からない問題に多く直面し、かなりショックを受けました。しかしそのようなときでも「絶対に合格する」という気持ちを持ち続けた結果、合格することができました。受験の前はどんなことがあっても絶対にマイナスにとらえないでください。テレビを見たりして気分転換するのもメンタルを保つために大切です。

 受験までにはいろいろなことがありますが、「絶対合格する」という気持ちがあればきっと乗り越えられます。決してあきらめないでください。皆さんの第一志望校合格を心から願っています。

 最後に、今まで僕を支えてくださった名進研の先生方、ありがとうございました。

諦めないこと

 こんにちは。憧れの瑞陵高校に通う者です。これを読んでいる皆さんの役に少しでも立てることができたらと思い、筆をとらせていただきました。

 皆さんには苦手な教科がありますか?私は数学がとても苦手でした。苦手を克服しなくてはと思っても、数学からは逃げ回ってばかりで、それは中三の冬まで続きました…。
 中三の冬に、「このままじゃ駄目だ!」と思い、数学と誠実に向き合うことを決めました。私はまず、名進研でもらったプリントをひたすら解いて、わからなかった問題にチェックを入れ、解説をしっかり読む、ということを心掛けました。しかし、結果はすぐについてきてはくれませんでした。最後の模試では数学の点数が半分以下で、合格率も前回より17%も下がってしまいました。
 その判定を見た瞬間は瑞陵高校に合格する!ということを諦めそうになりました。しかし、ここで諦めてしまったら駄目だと思い、粘り強く数学と向き合い続けました。その結果、公立入試では、過去問や模試より良い点をとることができました。

 私は受験勉強を始めるのがとても遅かったです。結局は合格できていますが、早いに越したことはないと思います。苦手な教科を苦手だと思い込まず、誠実に向き合えば、きっと得意に変えることができるので、諦めずに頑張って下さい!努力は裏切りません。

 長くなりましたが、ここまで読んで下さって有難うございました。これを読んでいる皆さんが希望した進路に進めることを祈っています。そして、ここまで指導して下さった名進研の先生方、本当に有難うございました!

カコモンください…

 こんにちは!旭丘高校に通っている者です。

 突然ですがみなさんは過去問を使いこなせてますか?
 定期テスト前や受験前に使いますが過去問のすごい点を知り、意識して用いることで、これまで以上に効果的な勉強ができるはずです。ちなみに僕は過去問に魅せられた人間で定期テスト前はずっと過去問を解いていました。そしたらいつの間にか部屋が紙でカオスと化していましたが…(汗)

 それはさておき。
 過去問のすごい点
 ① 傾向をつかむことができる。
 ② 取りこぼしを防ぐことができる。
 特に重視したいのが②で過去問以外ではなかなか補えません。定期テストではときどき定期テストならではの、すみのすみをつくような問題がでます。過去問でそのすみのすみに気付ければ、本番で取りこぼす可能性もぐっと減ります。

 では過去問を使いこなせていない(そもそもあまり使っていない)人の理由は何でしょう?
 ① 先生に過去問をたのむのが面倒
 ② 範囲外の問題があるのが嫌
 みなさんにあてはまる理由はありますか。①だったあなたへ。確かにその気持ちよくわかります。しかし、こんな経験いつかはすると思います。長時間必死に自習した後、先生との「過去問ください」から始まるたわいもない会話に、自分の勉強をしすぎて乾いた心が満ちていくということを。面倒くさがらないでください。その短い会話は受験期では大きな意味をもつものです。
 ②だったあなたへ。逆転の発想をしてみませんか。どうせ受験では全部でるんです。それに僕自身、範囲外のところを解いていたら次の定期テストの勉強が楽になったこともあります。範囲外の問題を解くのも目先を見れば嫌ですが、長い目で見ればそんなに悪いことじゃありませんよ。

 最後に。いろいろ書きましたがこれを一つの参考としてもらえればうれしいです。みなさんの第一志望校合格を願っています。
 頑張って!

 まぁ、ムリでしょうね。理由は簡単。
 ~細いから…土台がないから…?
 何事も土台がしっかりしていないと前に進めません。それは、勉強だっていっしょ。では、勉強の土台とは何か?僕が思うに、それは、「やる気と量と質」です。これは、僕が中学三年生のときにつくづく感じました。そして、これをしっかりやれば、グングンと竹のように成長していきますよ!それでは、具体的なことを書いていきたいと思います。

 ① やる気
 いわゆるゲーマーと呼ばれる人。彼らはやる気があるからこそゲームをし続け、ゲーマーと呼ばれるようになったのだと思います。ようするに、僕が言いたいのは、すべての始まりはやる気だということです。勉強が得意になりたいと思う人(ほとんど全員)はまず、やる気を持ちましょう!
 〈やる気の持ち方〉
 ・具体的な目標を立てる(ちなみに、僕の目標は学年一位をとることでした)。
 ・受験や定期テスト後の楽しみをエネルギー源にする。

 ② 量
 努力せずに、栄光を勝ち取るなんて九九・九パーセント不可能です。机と向き合う時間を増やしましょう!
 〈机と向き合う時間の増やし方〉
 ・自分が一番集中できる場所を早いうちに見つける(自習室・家・図書館など)。
 ・ついつい遊んでしまう人は勉強と遊びをきっぱりと分けましょう。事前にスケジュールを立てておくと良いですよ!

 ③ 質
 僕(私)、めっちゃ勉強しとるのに成績上がらん。なんでなん? と思う人いませんか。ズバリの原因は質です。質はとても大事。悩んでいる人、安心して。質を極めましょう!
 〈質の極め方〉
 ・間違えたところに印をつけて、週末に解く。分からないところはすぐ質問しよう!
 ・グダグダ勉強せず、一定時間(約一・五時間)、集中して勉強する!
 ・週末に一週間の予定を決める!そうすることで、ムダな時間(何したらええの?)を減らせるよ!
 ・名進研や学校から帰ってきた後、遅くとも翌日までには復習をして理解度を深めよう!
 いろいろ書きましたが、ぜひ、実践してください。そして、自分が行きたい志望校に合格できる可能性を高めましょう!

 NEVER GIVE UP !
 NEVER TOO LATE !
 がんばれ!名進研生!
 応援しています!

毎日ポジテイブ

 こんにちは。僕は菊里高等学校に通うものです。
 僕は中学校二年生までは、高校のことはほとんど知らず、周りの人の話を聞いているぐらいでした。ですが三年生になり、やらないといけないのでいろいろと調べていると、様々な条件から、ここに行きたいという学校が自然と決まりました。特に体験入学では中々知ることができない事も教えてもらえるので、しっかり行った方がいいです。

 さて、僕はこんな雑な人間だったので、勉強方法も雑でした。大雑把な計画も想定通りいかず、受験前でも緊張感がなくダラダラとしていました。しかしそれでも、二年生まで学力も内申も絶望的だったのに合格することができました。そこで、これはやっておいた方がいいと思うことをいくつか紹介します。

 一つ目は、とにかく名進研の授業をしっかり集中することです。それだけで点数が伸びるようになります。どうしても集中できない人はメモを多くとるようにすると良いです。

 二つ目は、毎回定期テストの一、二週間前に、「自分はこんなに勉強するのか!」と思うほど勉強量を増やすことです。もちろん、継続的にやる方が良いのでしょうが、僕にはできませんでした。この方法を行なったテストでは結果はでないかもしれません。自分はでませんでした。しかし、これをすれば次からは、全然やってないと思っても、今までに比べて勉強量が結構増えていて、成績が上がっていきます。
 三つ目は早く寝ることです。夜更かしや徹夜は無駄、無意味です。それなら早く寝て、朝や夕方に短時間集中して勉強した方が有意義です。
 たしかに勉強はつらいかもしれませんが、楽しむとはいかないまでも、嫌だな、などと思わずにできるようになった方がいいです。そのためには目的があるといいと思います。それは誰かに負けたくない、何かをもらうためにとか目先の目標でいいです。その方がやる気がでると思います。

 最後に、受験はそんなに緊張しなくても大丈夫です。携帯やゲームをしてても、やる必要のあることをやればなんとかなります。僕はなんとかなりました。
 今、自分は珍しいゲームや遊びをしてる人だなと、軽い気持ちで楽しむくらいが丁度良いと思います。頑張って楽しんでください。

 僕は一、二年の間は季節講習だけをとっており、本科生になったのは、三年の九月からです。というのも学校で卓球部に入っていて、朝練、放課後練も毎日あるうえ、土日も毎週のように練習試合や大会があり週三日九時間の塾をしっかりこなせないと思ったからです。それまでは、近所の学研教室に通って英・国・数の基本を固めました。週二日、二時間ずつだったので、部活との両立も充分出来て、部活引退と同時に名進研に移りました。

 最初は、ついていくのは大変で、三年の最初から名進研に入っておいたほうがよかったのではとも思いました。特に、それまで学校の授業でしかやってなく、苦手だった社会には最後まで苦しめられました。そもそも社会の受験勉強といっても何をやっていいのかわからない状態でした。それでも夏期講習から名進研の授業と宿題をしっかりこなす中で、なんとか学校の定期テストでは高得点を取れるようになり、4だった社会も最後5にすることができました。

 第一志望のB日程、やっぱり社会で少し失敗して、すごくあせりました。でも得意であった数学、英語、理科でカバーすることができました。数学は入会時点で基礎はできていたのですが、名進研のおかげで応用力がつき、得意教科にすることができました。苦手教科で少しくらい失敗しても、得意教科でカバーできるという自信は落ち着いて本番に挑むためには必要なものでした。

 僕はずっと前から理系の分野に進みたいと志望していました。瑞陵のコスモサイエンスコースでは、自然科学の分野でたくさんの校外学習や、校外講師を招いての特別授業、時間をかけて取り組む研究課題などがあり、今からとても楽しみです。早くから理系を選択した仲間とともに切磋琢磨し、夢に向かって努力をしていきたいと思います。
 名進研の先生方は、苦手のつぶし方も、得意の伸ばし方もよくわかっています。先生方を信じてがんばってください。

努力は必ず報われる

 こんにちは。第一志望校であった昭和高等学校に通っている者です。ここでは勉強方法と、内申点の獲得方法を紹介したいと思います。ここに書いてある事柄が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 最初に勉強方法をお伝えする前に、二つだけアドバイスをしたいと思います。
 一つ目は、志望校のレベルを高めに設定することです。実際、昭和高校は元々第二志望でした(元々の第一志望はこれだけで大ヒントになっているので名前は伏せておきます)。それで、どんな効果があるのかというと、高い意識を持ち、やる気を出して勉強ができるという効果があります。もし、初めに昭和高校を第一志望に設定していたら、この合格は無かったでしょう。
 二つ目は、今からでも巻き返せることです。一学期で思わしくない成績だった人が皆さんの中にもいると思いますが、絶対に勉強の手をゆるめないでください。

 前置きが長くなりましたが、本題です。まずは勉強方法についてです。教科別のきめ細かな勉強方法は他力本願ですが、多分他の人が書いてくれると思うので、五教科全般について言えることを取り上げます。
 問題を解けば、誤答が出てくることがありますよね。その時に、なぜ間違えてしまったのかを徹底的に分析してください。これは、解説を読んだり、名進研や学校の先生に質問したりする前にやりましょう。解説・質問は分析できなかった時の最終手段です。
 具体的な分析の方法については、「ここで三平方の定理が使えたのに使わなかったから間違えた」とか、「ここの前後の出来事を勘違いして覚えたから間違えた」などです。とにかく間違えた原因がどこにあるかを究明していってください。間違えたことは財産になります。

 次に、内申点についてです。まずは、定期テストで結果を残してください。でなければお話になりません。さらに、副教科についてです。五教科は定期テスト対策で何とかなるので割愛。副教科は定期テストで内申点を稼げるものがあれば、絶対に勉強をおろそかにしてはいけません。副教科の勉強は、語句を徹底的に殴り書きすることです。ほぼ直前向きのやり方なので、直前(一週間前または一週間切った後)にやることをおすすめします。そして、副教科の中で厄介なものは「定期テストが行われない」ものです。
これに関しては授業を頑張るしかないです。実際に、僕の学校でも美術のテストだけありませんでした。さらに、僕は美術が苦手だったので、評定で4以上を取ることができませんでした。自分で、「どうしても無理‼」というものも副教科では出てくるので、無理して内申点を稼ぐ必要はないと思います。稼げるもの優先で。

 最後に、突然ですが、僕が名進研に入会したのは二年生の終わりで、当時の内申点は29でした。しかし、三年生になって36→36→37という感じで内申点が上がりました。つまり何が言いたいか、それは、内申点は誰でも努力すれば上げられるということです。
 それまでの過程には、九割方、名進研の先生方が関与していると思います。本当にありがとうございました。

 そして、名進研生の皆さんへ。受験勉強はつらいものですが、終えた後の達成感はかけがえのないものです。これからも頑張って、志望校の「合格」を「奪取」してください。応援しています。

一日一日大切に

 受験生のみなさん、こんにちは。私は菊里高等学校に通っています。ずっと目標にしていた、ライン付きのスカートをはいて、毎朝登校‼高校生活、まだ慣れないこともたくさんですが、新しい友達をつくって楽しんでいます。

 さて、いきなりですが、私は中三の夏期講習から名進研にお世話になっていました。それまでは部活‼部活‼の生活で、勉強も普段あまりしない…という受験生らしくない生活を送っていました。ですが、塾に入った私は時間を見つけては自習室へ行く生活を始めました。最初は疲れるし、寝そうなこともありました(笑)。でも自習室に行くと、分からないことがあったらすぐに教えてくれる先生達がいてくれました‼定期テスト前は特に、たくさんの対策をしてもらい、点数は入会前より高くなりました。どれも名進研の先生達のおかげです。みなさんには、その頼れる先生達がすぐ周りにいます。だから是非、自習室に行きましょう‼そして質問しちゃいましょう‼私も最初、先生に質問するのは少し緊張していましたが(笑)、みなさんも知っているとおり先生達は優しく教えてくれます。ちなみに、質問して教えてもらった問題は後で自分で解くといいと思います。理解できているかのチエックにも、深く理解することにもつながります。もし解けなかったらもう一回質問しちゃえばいいと思います(笑)。とにかく、その問題の理解だけはきちんとしましょう‼

 次は完全に個人的なオススメですが、入試前にはとにかく「自分はここまでやってきたぞ‼」という物があれば安心できます。
それまで使ってきたノートだと、復習にもなりますよー。自分のそこまでの頑張りを思い出して自信が持てると思います。すぐ緊張しちゃう人など、是非。私は苦手だった社会のノートや、正月特訓の終了証書みたいなやつを入試の日に持って行きました‼みなさんも、自分達の大事な一日のために、入試までは自分の全力で勉強に励むことができたらいいですね‼そうすれば自信はついてきます。

 こんな感じに書いてきましたが…
 ○自習室に行って、分からないところは質問
 ○自信を持てるくらい頑張る
の二つが、みなさんのこれからを、ほんの少しでもいい方向にできていたらいいなと思います。私が今、これを書いているのは合格したからであって、私にたくさんのことを教えてくださった先生達には、すごく感謝しています。ありがとうございました。

 受験生のみなさん、大変な時期だとは思いますが、応援しています。合格して、笑顔で先生達にお礼が言えるようになることを願っています。ファイト‼

勉強だけが全てじゃない

 こんにちは。僕は、旭丘高校に通っています。これを読んでいる皆さんは、学習方法や内申の話を期待しているかもしれませんが、そこは他の人に任せて(笑)、その他の大切なこと話します。

《体調管理》
 皆さんは自分の体を大切にしていますか?僕は公立Bグループ入試前日に風邪をひいてしまい、とても辛い思いをしました。喉は痛いし鼻水は出るし…(泣)。もしこれがAグループ(旭丘)の入試の日だったら、と思うと今でも背筋が凍りつきそうです。
 毎日三食しっかり食べ、良く寝て、適度な運動をして…。言い出したらキリがないですが、一番大切だと思うことは『手洗い』『うがい』そして『マスク』です。僕はマスクなんてつけたことがなく最初は抵抗がありましたが、中三の冬に初めてマスクの素晴らしさを知りました(汗)。菌やウィルスを吸い込まなければ良いのです。学校でも塾でもマスクは絶対にしてください。

《メンタル》
 え?メンタルがどうした?と思った皆さん。メンタルの重要性は計り知れません。学校では特に秋頃から周りも全員ピリピリモード。机の上から物を「落とす」と縁起が悪いと責められます(笑)。そんな中で大事なのは、周りに流されないことです。
 受験当日、周りが何と言おうとも、『これだけやってきた自分が受からずして誰が受かるんだ‼』という強い気持ちで挑んでください。メンタルで負けていてはダメです。そして少しでも気持ちを落ち着かせる自分なりの方法を見つけてください。深呼吸、手のひらに人という文字を書く、目をとじる、どんな方法でもかまいません。それを準備しておくだけで安心感が違ってきます。

 勉強以外のことを色々お話ししましたがどうでしたか?

 最後に、悩むことが出てきた時には名進研の先生に相談してみてください。必ず助けになる強い味方です。受験が終わった今、先生方には本当に感謝しています。
 高い目標を持って第一志望校合格に向け突き進んでください。
 がんばれ‼名進研生‼

華の高校生に向かって

 私は、第一志望の西春高校に合格しました。これから書くアドバイスが受験を控える名進研生の役に立てば嬉しいです☆

〈内申〉
 私は三年の二学期に内申を5落としてしまい悔しかったです。でも時間がない中でも、今まで以上にノートを埋めたり先生に話しかけたり、わざと先生の前で勉強したり(笑)なんとか三学期で3上げました。愛知県の入試は内申が本当に大事なのでどんどん先生にアピールしてください☆

〈志望校決め〉
 志望校はできるだけ早く決めた方が絶対に得です。私は決めるのをダラダラ伸ばしてしまって秋ぐらいに焦り始めたので(笑)高校は入れば絶対楽しいし自然と「ここで良かった」と思えるようになります。周りの評判や先生の言葉も大事ですが最後は自分で納得して決めてください。

〈入試直前〉
 入試が近付いてくると皆ピリピリしますが、最後の中学校生活は思いきり楽しんでください。友達と勉強を教え合ったり、問題のグチを言ったり(笑)行事も本当に受験生かと疑うくらい盛り上がって、そういうことも受験の支えになりました。だから我慢ばかりせずしっかり楽しんでください。

〈入試当日〉
 私は朝の電車から席に着くまで、一緒に合格しようと頑張ってきた友達とずっとおしゃべりしていたおかげで、全然緊張せずに試験を受けることができました。テストの答え合わせは絶対しない方が良いですが、それ以外だったらおしゃべりしたり、合格した瞬間のイメトレを勝手に友達としたり、変顔対決したり(笑)とにかく緊張を振り払ってください。ちなみに「緊張をする=合格する自信がある」らしいです☆

 私は受験した三校を全て合格できました。確かに受験勉強は大変でしたが、今思い返すと達成感でいっぱいだし、頑張った分これからの高校生活がホントに楽しみです☆

 これからめげそうになるくらい勉強をしなければいけないと思いますが、キラキラした高校生活を目指して頑張ってください!!!

受験の心得

 受験生のみなさん、こんにちは。旭丘高校に合格した者です。みなさんは今(寄稿当時)、部活も終わる時期で、「受験」という実感がわいてきた頃ではないでしょうか。勝負の夏休み、頑張ってくださいね。さて少し気が早いですが、僕は受験直前、そして受験当日についてお話ししたいと思います。
 
1⃣受験直前
 みなさん、受験直前は何をしたらいいと思いますか?いつもと同じ?それはあまりおすすめしません。きっと塾の先生方は「教科書を読み返せ」などとおっしゃるでしょうが、手が動かないと勉強してる感じがしませんよね。そこで僕のオススメが、教科書の章末問題やまとめテストです。これなら基礎が固まるし、少し考える問題もあるので、いい確認になると思います。ちなみに絶対にやってはいけないのが難問。入試には気合いで解ける問題もあるので(特に私立)、直前でそれを下げるのはもったいないです。
また、難問で点を落とすより基本問題を落とす方がダメージが大きいので、基礎は固めておきましょう。

2⃣受験当日(本番)
 来ました。僕の一番話したいところです。ここまではむしろ前置きといってもいいくらいです(長いですね…最初から読んで頂いたみなさん、すみません)。では、大きく二つのポイントに絞って説明します。
 ① 受験校の前の塾の先生方には必ず会おう‼できれば多少雑談をしましょう。学校説明会や願書提出でしか行ったことのない場所に、顔見知りの大人がいるというのはとても安心します。「あんなに勉強したのに、本番緊張して力が出せなかった」ということにならないよう、塾の先生方とお話をして緊張を和らげておきましょう。
 ② 休み時間の答え合わせ厳・禁・‼
 質問です‼A君は一限の国語で友達と答え合わせして、30点くらいでした‼さて、A君はどうなるでしょう?ハイ、もちろん後の教科に集中できなくなります。お察しのとおり、A君とは僕のことですし、様々な本にもあることですが、僕は改めて声を大にして言っておきたいです。休み時間に絶対に友達と答え合わせをしないでください。僕のように残り教科だけならまだしも、次の高校、さらには面接に影響が出ると、もう取り返しがつきません。受験は一つ悪くても、他で取り返せます。なので、めげずに集中して頑張ってください。

 長くなりましたが、みなさんの合格を心より祈っています。ありがとうございました。

あきらめないで

 皆さんこんにちは。これから受験へと向かう皆さんを勇気づけられるように私が実際に体験したことを伝えたいと思います。

 中学三年生の冬。受験まであと数ケ月という時期に学校の先生から、
 「その内申では受からないことはないですが、受かる確率は低いです。」
 と言われました。
 とてもショックだったし、あきらめそうになりました。これだけでなく正月特訓でも後ろから数えた方が早い順位だったり、模擬テストの判定で合格ラインに一度も達しなかったり、不安しかありませんでした。不安に押しつぶされそうになった時、名進研の先生に相談しました。すると先生は、今からでも遅くない。絶対合格できる。と背中を押されました。そこでスイッチが入りました。

 そして私は今まで以上に頑張りました。家では集中ができないので塾の自習室に住みつく勢いで始まりから終わりまでずっと勉強をしました。「テレビ見たいな。」や「遊びに行きたいな。」などしたいことや欲しい物など、なにもかも我慢しました。最後の最後まで、入試の前日まで自分が満足するまでやりきりました。

 そして、私は岐阜北高等学校に合格しました。名進研という存在があったから私は合格することができました。名進研の先生方には本当に感謝しています。そして家族にもです。
 受験に不安をかかえている皆さん、自分を信じてください。たとえつらくてもそれは一瞬です。輝く三年間のためにその一瞬をたえぬいてください。名進研の先生についていってください。絶対合格へ導いてくれます。最後まであきらめないで!!

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー

【中学受験】

【高校受験】

【お知らせ】