名進研 合格体験記
menu
m

向陽高校 合格体験記

努力は必ず報われはしないが

向陽高校合格

 こんにちは。この春から向陽高等学校に入学する者です。一年後に受験を迎える皆さんの役に、少しでも立てたらと思い(図書カードをもらえるならと思い)、アドバイスを送らせてもらいます。

 勉強方法のアドバイスです。まず基本的なことかもしれませんが、何となくで答えを書かないことです。本番は空欄は無い方が理想ですが、普段はたくさん間違えてもOKです。むしろカンで答えを書いて合っていたら、なんでその答えになるのか分からないままになる可能性があります。もちろん答え合わせ後、解説を見たりして、理解しなければ意味がありません。

 次に、学校でも塾でもいいのでライバルを見つけることです。受験は他人との戦いではなく自分との戦いとは言いますが、僕はいた方がいいかなと思います。そのライバルに勝つために頑張って勉強して、テストで勝てば、嫌われない程度に(これ大事)あおってやって下さい。そうすれば、相手も悔しくなって、あなた方に勝つために勉強を頑張ってする……はずです。そうやって切磋琢磨しながらやっていけば、少しは勉強するモチベも上がる、はずです。これらは僕自身の考えであり、実際に有効であるかは保証できません。

 次に直前のアドバイスです。これも自分の考えですが、直前は過去問を解いて教科書を見返してを繰り返していました。それ以外はほぼしていませんでした。直前になると、ほぼ知識はついている、はずなので、それをすぐに引き出しから出せるようにすることが大事だと思っています。だから、過去問を解いて、間違えた問題か教科書のとこを使って解くのか確認をしていました。間違えた問題以外でも、少しでも難しいと思った問題は何度も教科書を見返して、完成度を高めていました。今書いたことは、特に理科や社会での話です。他の三教科は、とにかく過去問を多く解いて、慣れることが大事だと思っています。正直、僕は本番一ケ月以上前から不安にかられていました。不安になること自体は自然なことだと思いますが、なりすぎることは実力が出せなくなる原因になるので、気を付けて下さい。

 合格発表の当日は、心臓がバクバクしすぎていましたが、「本校に合格」の文字を見た瞬間、思わず声が出てしまうほど、嬉しかったです。これを見ているみなさんの中でも、志望校に合格する人もしない人もいるとは思います。受験は結果が全てといえば、それまでですが、志望校合格のために努力したことにも意味はあると思います。皆さんも、志望校に本当に行きたい‼と思っているなら、この一年だけは勉強して下さい。後になって、もっと勉強しておけば良かったと思うことがないように‼

 僕は自習室に行きだしたのが冬休みと遅めだったので、皆さんは早めに力を入れるのをおすすめします。「努力は必ず報われる」とは限りません。しかし、合格を勝ち取った人は努力をしています。長くなりましたが、これを読んでくれたより多くの人が、合格発表を見て笑顔になれることを願っています。

名進研での一年

向陽高校合格

 こんにちは!僕は向陽高等学校の国際科学科に合格できた者です。僕は二年生の春期講習から名進研に通い始めました。一年間でものすごく実力がのびました。僕からは特に教科ごとのコツを伝えたいと思います。

 僕が名進研に入ろうと思ったきっかけはあせりからでした。向陽高校はレベルが高く、さすがに三年生になって塾に入っていないのは入試に不利だと思い比較的近所にあった名進研に入りました。僕は毎週のように自習室を活用しました。自習室は集中するには最適の場所です。ぜひ活用してください。内申点も自習室に通い始めて勉強の量が増えると共にかなり伸びました。

 ここから学習について書きます。

〈国語〉
 ・二点問題の文章を書く問題をたくさん解くとよいです。文章を書く能力は高校でも必要になるので、今のうちに身につけた方がよいです。
〈数学〉
 ・日曜講座に参加することをおすすめします。見たことのない問題ばかりなのでとても力がつきます。私立対策にもなります。
〈理科〉
 ・理科は暗記科目ではありません。しっかり思考や計算ができるようにするとよいです。
〈社会〉
 ・資料の読みとりはめんどうくさいです。しかし、試験で絶対に出されるので練習した方がよいです。
〈英語〉
 ・単語を覚えるだけでなく文章を読み、書けるようにするとよいです。そうすると、最近出題されるようになった英作文が楽に解けます。

 最後に、自信をもって来年の春まで努力を続け、合格を勝ち取ってください。

継続は力なり!諦めるな!

向陽高校合格

 こんにちは‼向陽高校に晴れて合格し、通っている者です。少しでもみなさんの力になりたいと思い、この「合格体験記」に寄稿することにしました。私からは、勉強の仕方と受験生中の気持ちについてお話します。

 1.勉強の仕方について
 勉強の仕方といっても「あの教材を何周しろ‼」という事ではありません(笑)。そこはまあそれぞれ自分に必要なことだけやってくださいね(名進研から大量にもらう問題も、私は必要だと思ったものだけやってました)。それで私が言いたいのは「計画を立てて勉強する」という事です。例えば、
 4時~ 国・漢字
 5時~ 理・運動関連のワーク
 6時~ 社・条約とその内容まとめ
 7時~ 名進研
というように、一時間ごとに何をするかを朝、紙に書きます。そして終わったら線で消す‼(どんどん消えていくとうれしい─)

 計画を立てることのオススメポイントは、
 ・やるべきことがどれだけあるか把握できる
 ・時間が意外とないことに気付く(特に入試直前……)
 ・サボるとすぐ分かる
 ・どれだけ頑張ったかもすぐ分かる
 ・時間が決まっているから休憩との切りかえができる
 などなどたくさんあります‼一度試してみてください!継続は力なり、ですよ~~~‼

 2.受験生中の気持ちについて
 これから何度も何度も不安になると思います。私も一学期の内申点が全然足りなかったし、凡ミスばかりで向陽は夢のまた夢…と落ち込んできました。ですが、今、向陽生としてこの文章を書けています。それは最後まで諦めずに頑張ってきたからです。入試が終わってから合格発表までの一週間、本当にこれで良かったのか不安でしたが、今なら私はよく頑張った‼と胸を張って言えますよ‼みなさんも志望校への熱い思いを抱いて最後の最後まで頑張ってください。きっと大丈夫です。その努力が報われることは私が一年かけて証明してきました。内申はいくらでも上がります。苦手だった数学も得意な教科になります。心からみなさんが志望校に合格できるよう応援しています‼頑張れ‼

 「最後まで諦めなかった人が合格する。」

自分のペースで大丈夫

向陽高校合格

 こんにちは。私はこの春、向陽高校に入学しました。私の体験が少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

 私が高校受験というものをひと通り経験して、特に大切だったと思うことは二つです。
 ① 内申点は全力で獲得する‼
 ② 自分のやり方、ペースを突き通す‼

 まず一つ目の内申点について。内申点はあればあるだけ自信がつくし気持ちに余裕ができます。内申点が低いとその分当日点を取らなくてはならないからです。それだけかと思うかもしれませんが、いざ自分がその立場になると結構苦しみます。絶対取りに行ってください‼では、どうすれば獲得できるのか。テストの点数が全てではありません。もちろんテストで高得点をとることはとても重要ですが、それと同じくらいに、提出物と授業態度、先生とのコミュニケーションが大事です。
 授業を受けるうえで私が意識したのは、先生の話を適度に頷きながら聞き、先生が黒板に書かなかったこともメモを取ることでした。そうすることで、先生に「自分が話をしっかり聞いている」ということが伝わりやすいし、自分自身も自然と集中できます。
 ノート提出がある場合メモを取っていると確実に評価が上がります。正直、簡単そうに思えますが大変だし疲れます。自分のためと言い聞かせて乗り切ってください。どうしようもありません(笑)。

 次に、二つ目の自分のやり方やペースを突き通すということ。これはあくまで個人的な考えですが、つまりは周りに流されず呑まれないでください。先生に無理だと言われたからと志望校も諦めたり、友達はとっくに進路や目標がはっきり決まっているのにと焦ったり。そんな必要はありません。受験の時期になると、どうしても周りの大人に色々言われて不安になりがちですが、気にしなくて大丈夫‼気張らず、休みながら自分のペースで進めば良いんです。
 ただ、自分に甘くて良いというわけではありません‼甘やかすと後で苦労することになるので、メリハリは大切です(笑)。

 高校受験は人生の分岐点のようなもので、変化もたくさんあり、重いものに感じますが、終わってみると意外とあっけないです。
 だからその分皆さんには後悔をしてほしくありません。うまくいくことの方が少なくて、何度も壁にぶち当たると思いますが、焦らずゆっくりと、自分を見つめながら頑張ってください。応援しています。

YELL

向陽高校合格

こんにちは、この春から向陽高校に通います。では、テーマごとに分けて書いていきます。

1.動機
私が向陽高校を選んだのは、同じ高校に通っていた兄が文武両道の高校生活を送っていて、中学時代に部活が忙しかった私もこのような高校生活を送りたいと思ったからです。向陽高校は部活動の終わりの時間が決められていたり一つ一つの授業時間が長いので、部活動も勉強も頑張りたいあなたの味方です!

2.誘惑に勝つ方法
これは本当に難しいです。人によると思いますが、私の方法を紹介します。私は運動部だったので夏に引退でした。引退後すぐに勉強を頑張るのはなかなか難しい。そう思った私は一週間後悔なく遊びまくりました。そうすることで遊ぶことがなくなった私は勉強するしかないと思い、それから必死に勉強に励みました。この方法で見事誘惑に勝つことができました。思いきって遊んでみるのも一つの方法かもしれません。是非参考にしてください。

3.独自の学習方法
いろいろあると思いますが、私がやってたなと思うのは友達に教えることでした。人に教えることで理解していたつもりのところが本当はよく分かっていなかったことに気付き、さらに理解を深めることができました。

4.部活との両立
これを読んでいる人の中に部活動が忙しい人も多いと思います。もしその人たちの中に今、勉強する時間がないと思う人がいるなら、自分の一日をふり返ってください。少ないながらその中に余裕はあると思います。その空いている時間、はじめは座っているだけでも良いです。自分で椅子に座って机に向かう習慣をつけることが大切です。これから大変な日々が続くと思いますが、この先これほど大変な時期はそうそうないと思います。頑張れるのも今のうち!!!

5.テストの結果
模試の結果を見て落ちこむこともあると思います。でも模試は練習であって本番ではないので本番大逆転できる可能性はまだ十分あります。それが本番の一か月前でも気にしすぎないでください!

6.最後に…
長すぎてすいませんでした。最後まで読んでくださってありがとうございました。これからも名進研生を応援してます!来年の春、みなさんが良い結果を出せるように祈っています。

最後まで諦めない

向陽高校合格

 こんにちは♪私はこの春から毎日楽しく向陽高校に通っています。早速、私がやってきたことを紹介したいと思います。みなさんのお役に立てたら嬉しいです。

○勉強について○
 「ちゃんと勉強やっていけるかな…」中三になったとき、私はこれから始まる受験勉強を乗り越えることができるのか、とても不安でいっぱいでした。私と同じようなことを思っている受験生、大丈夫です‼自然と勉強するようになります。各教科の勉強法は人によって様々ですが、どの教科にも言えることは、たくさん問題を解いて分からないところをそのままにしないことだと思います。私は小さなことでも疑問に思ったことはすぐに質問しました。名進研の先生方はとても分かりやすく教えてくださいます。受験直前は質問が先生に殺到して、質問する時間を予約したことも何回かありました(笑)

 私は理数が苦手で、最初の方は過去問を解いていても全然わからなくて本当にどうしようかと思ったときもありました。それでも諦めないで勉強していったらだんだん正解する問題の数が増えていくようになりました‼やっぱり、量をこなすって大事‼

○自習室○
 名進研の自習室を利用することをオススメします‼私はほぼ毎日自習室に行きました‼分からないところはすぐ質問できるし。自習室には友達もみんな頑張って勉強しているので、家よりも勉強がはかどります☆是非、自習室を利用してください‼

○志望校を決めるまで○
 自分の志望校以外にも、受けることになりそうな学校など、なるべく沢山の学校を知ってください。学校について知るのに一番いい方法は体験入学や文化祭に参加することだと思います。学校案内を見るよりも実際に足を運んで行ってみると、新たな発見があったり、志望校に対する気持ちも強くなるはず‼より多くの学校について知っておくと受験校を決める際に役立ちますよ‼

 私は受験校を決めるのにとても時間がかかりました。私立高校の受験で上手くいかず、公立高校の受験校をどうするかとても悩みました。出願直前まで悩んだ結果、志望校を変えましたが、受けると決めたからにはその学校の合格に向かって頑張りました。

○生活面○
 体調管理‼本っっ当に大切です‼私は三年生の二学期、期末テストの直前に風邪を引いてしまい十分に勉強できず、テストの結果は散々で内申も下がった、ということがありました…。最悪…。ここで体調管理がいかに大切か、よく分かりました(-_-;)

 考えてみてください、体調悪かったら勉強できませんよ‼なので忙しくても、食事や睡眠はしっかりとってくださいね‼

○入試○
〈私立〉解ける問題から解いていく
 私立の問題は難しいです(+_+) 難しすぎて心が折れそうになったときも…。でも難しい問題はみんな解けないから、解けそうな問題からやっていく‼
〈公立〉ミスをしてはいけない‼
 前日…勉強は暗記物の確認程度にして、早めに寝ましょう‼問題をいっぱい解いて分からないところが出てきたらとても焦ってますます不安に…。

 当日…絶対に見直しをしてください‼一点が合否を分けます。試験終了後も、終わった教科について色々言っている人が周りにいても気にしないで、次の教科に向けて気持ちを切り替えましょう。面接もリラックスして受ければ怖くない‼みんな同じように緊張しているのだから、大丈夫(*^^*)

○最後に○
 受験勉強は山あり谷あり。成績が良いときもあれば、悪いときもある。私は良いときと悪いときの差が激しく、辛い思いをしたときもあったけど、合格発表で自分の番号と「本校に合格」の文字を見た時は、今まで頑張ってきて本当によかった‼と思いました。これまで私を支えてくれた家族、先生方、友達のおかげです。ありがとうございました。

 ★受験生の皆さん、これから夏期講習や日曜講座など大変だと思いますが、自分を支えてくださる人に感謝の気持ちを忘れないで、最後まで諦めずに悔いの残らないよう頑張ってください‼応援しています‼

 ★今までお世話になった鳴海校の先生方、いつも私の大量の質問や相談に乗ってくださって、本当にありがとうございました。こうして合格体験記を書くことが出来て、本当に嬉しいです。これからも私らしく頑張ります‼

 ★元鳴海校のみんな、今までみんなと一緒に過ごせて本当に楽しかったです‼ありがとう‼

 最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんに合格桜が咲きますように…

諦めたら負け!!

向陽高校合格

 こんにちは!!私はこの春から憧れだった向陽高校に通う者です。私なりに合格へのアドバイスを書いていこうと思います。参考になれば嬉しいです☆

【勉強】
各教科説明していこうと思います。
○国語……たくさん問題を解くことです。これはやればやるほどできるようになると思います。「なぜこの答えにしたのか。」と説明できるようにすると良いと思います!!
○数学……これもたくさん量をこなすことです。色々な問題にふれましょう!!
○社会……暗記教科と言われていますが、丸暗記って結構大変ですよね(笑)歴史については「流れをつかむこと」が大切だと思っています。この出来事があるからこの出来事がある…など時代の流れをつかむと効率よくできると思います。ちなみにこれは学校の先生にずっと言われてきたことです(笑)本当にこれ、いいですよ!!
○理科……これも量をこなすことです。特に計算問題などは!!
○英語……これは本当に苦手でした。一番は長文問題を苦手にしないことです!!私は本当に長文が嫌いで、学校の教科書の文章で精一杯でした。でも、これじゃダメだ!!と思い、私立の勉強のときにくじけそうになりながらも毎日長い長い文を読み続けました。私立の文量に慣れておくと公立の文章が本当に短く感じます!!
○その他…気になったことや疑問に思ったことは必ず覚えておきたいものをメモするようなノートをつくると良いと思います。一ページ一ページうまるたびに嬉しくなってヤル気がでると思います!!

【志望校】
 志望校は早めに決めた方がいいと思います。人っていうのは目標がある方が頑張れるものです!!理由はどんな些細なことでもいいと思います。でも、一度決めた志望校を諦めることはしてはいけませんよ!!ちなみに私が向陽に決めたきっかけは「高校名がかっこいいから。」でした(笑)そこから体験入学などに行き決定をしました♪

【内申】
 内申は本当に大事だと思います!!内申が少しでも多い方が当日余裕を持てます。そのためにも、三年生は一学期から内申をとりにいきましょう!!受験がおわった後、私の周りの人は口をそろえて「内申って本当に大事だ。」と言っていました。あっ、もちろん当日も大事ですよ(笑)!!

【入試】
 私は正直あまり緊張しませんでした(笑)リラックスしてのぞみましょう!!私は英語のリスニングで失敗をして筆記まで引きずりました…。英語は最後だから良かったのですが、もし一時間目で失敗をしてひきずっていたら大変なことになっていました。なので「だめでも、次頑張ればいい。」と考えて切りかえることが大切です!!それと自分に自信をもつことも大切です。

【アドバイス】
 頑張れば頑張った分だけ合格発表のときは本当に幸せな気持ちになれます♡今までの苦労なんて一瞬でふきとびます!!本当に!!楽しい高校生活を思い描いて目標に向かって頑張ってください。諦めない人が合格を勝ち取ります☆それと、自習室を利用してください!!先生に積極的に質問してください!!名進研には素晴らしい環境が整ってます。大いに利用しましょう┐

 最後に、私を合格へ導いてくれた新瑞校の先生方。本当にありがとうございました。本当に感謝しています。

学校別 合格体験記Content for each school

年度別 合格体験記Contents

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求