桜咲く。桜咲いた。とてもうれしく、ほっとした心持ちで受験を終えることができました。娘は、志望校であった南山中学校女子部に進学できることになりました。息子と娘で合計六年間名進研に通いました。指導していただいた名進研の先生方への感謝の気持ちを表したく、筆をとりました。

 息子が小学校三年生の時に、担任の先生と面談したときのことです。「息子さんはこのまま公立中学校に進学するといじめにあうかもしれません。中学受験を考えてみませんか。」とアドバイスをいただきました。物静かで、夢中になると周りを気にせずにとことん熱中してしまう性格の息子は、学校生活で悩みを抱えていました。親として心配はしておりましたが、公立の学校しか通ったことのない私と主人にとって、中学受験は全く考えていない選択肢でした。息子には名進研が新たな生活の一部となり、学校以外にも友達を作ることができました。三年間、「塾が楽しい。」といって喜んで家を出ていく姿を見て、成長を感じました。よく「先生から面白い話を聞いた。」と教えてくれるようになり、娘にとっても名進研は楽しい場所・いつか私も行ってみたい所になっていたようです。息子は、国語が苦手で、長文問題にずいぶん苦労をしていました。大好きな社会科、特に地理の得点が抜群に良かったため、親としてはその部分を最大限に褒めて、「あなたは大丈夫。社会で稼げるから国語は普通で良いのよ。」と息子と自分に言い聞かせながら受験を乗り切ることができました。

 息子は無事、志望校の東海中学校に入学が決まりました。親としては、長い長い期待と心配の時間から解放され、やっと終わったという気持ちだけでした。そんなとき、今度は娘が自ら「今度は私の番だ。」と言ってきました。あと三年続くのかという気持ちと、自分から言ってくれたことに対する嬉しさが同時に押し寄せてきましたが、親として決意を固められたような気がしています。娘は、学校での課外活動やバレエ・水泳など、やりたいことは無理してでもやってしまう性格でした。受験には興味がないかなと思っていましたが、自分から言ってきたことだから、何とか支援して成長させてあげたいなと思いました。

 娘の受験生活は、順調でしたが、夏期講習・志望校別プレ入試などでは、苦戦していたようです。「どうだった?」と聞いてもはっきり答えません。この時期には、褒めても、叱咤激励しても、気のない返事しかかえってこず、親として非常にストレスを感じていました。成績は悪くありませんでしたが、このまま合格できるのか不安を抱えていたのではないかと今になって感じます。

 受験は、第一志望の南山中学女子部を含め四校に願書を出しました。最初の受験である愛知中学の日、娘の緊張はピークに達しました。受験会場である学校への道で、事前の保護者会で話があった「やってはいけない親子の会話」の状態となってしまいました。とても緊張し、顔面蒼白の状態で門をくぐる事態になったのです。門をくぐると、寒風の中、名進研の先生方が大勢で迎えてくれました。いつも通りの調子で娘に声をかけ、すぐに異変を察知したようです。
 「カチカチじゃないか。ジャンプしろ、体動かせ。」
 と話しかけ、その後、娘の目線に立って声をかけてくださいました。
 娘には笑顔が戻りました。
「緊張なんかしてないよ。」と
 言い残し、普段の模擬テストに向かうように試験会場に消えていきました。

 その後は、南山中学女子部、愛知淑徳中学、滝中学と受験を続け、合格通知を受け取ることができました。結果は全て良しとなりましたが、もし最初の段階でつまずいていたらと思うと、今でも反省の念がこみ上げてきます。そして先生方に助けて頂いたことにとても感謝しております。ここまで読んでくださった御父母の皆様、子供を信じて良かったことをしっかり褒めまくり、前を向いて受験を乗り切ってください。

 長い受験生活でしたが、親子共に苦労し、成長できた貴重な時間であったと感じます。名進研の先生方、六年間の長きにわたり支えていただきありがとうございました。

合格に一歩でも

 私は金城学院中学校に通う者です。私の勉強方法について説明します(参考になればうれしいです)。

○国語 (得意でした)
 漢字のテキストを二~三回、くり返す。
 言葉の知識はファイルにとじて、時間がある時に見直すとよいです。
 物語文などは主人公の気持ちの変化を読み取ると問題がスラスラ解けます。

○算数 (あまり得意ではありませんでした)
 計算問題はミスを防ぎましょう。
 文章問題は基本がしっかりできていれば、応用も答えられると思います。

○理科 (普通でした)
 ほとんどが暗記単元です。
 計算問題もありますが、公式などを覚えていれば多くの問題が答えられると思います。

○社会 (好きでした)
 社会は全て暗記単元だと思います。
 歴史の年号などは、ゴロ合わせで覚えると簡単だと思います。
 家に白地図をはり、問題で出てきた場所などを書きこむと良いと思います。

○最後に
 六年生はプレ中学入試があります。私はプレ中学入試が終わり答案が返ってくる時に、いつも志望校判定を一番に見ます。いつも悪い結果でも入試本番は受かるかもしれません。志望校判定が悪い、点数が悪い、そういう時は落ちこむ前に、どこをまちがえたのか確認してください。そして次に同じ問題が出た時にまちがえないで答えられるようにしてください。
 その積み重ねがあなたの合格に近づいていくと思います。
 これからも希望を持って合格に近づいていってください。
 応援しています。

ガンバレ!受験生!

 みなさん、こんにちは‼私は、南山中学校女子部に通う者です。今から私の勉強法を教科別に紹介したいと思います。

♢国語♢(普通)
 漢字とサーパスは、テキストのものを完ペキにすればいいと思います。意味の分からないものは、先生に聞いたり、調べたりするのがいいと思います。

♡算数♡(大好き)
 計算は、絶対全問正解にした方がいいです。入試では、一個ミスするだけでヤバイです…。それ以外は、公式や解き方を覚えて使えるようにしたらいいと思います。

♤理科♤(単元によるけどほぼ好き)
 テキストの太字のところは覚えた方がいいです。あと、基本問題をやるといいです。てこや浮力、水溶液などの計算問題は例題も忘れずに‼

♧社会♧(苦手です…)
 社会も理科と同じように、基本問題をやったり、テキストの太字のところを覚えるといいと思います。歴史の年号はゴロで覚えるのがオススメです。漢字の間違いには注意してください‼
 今、紹介した勉強法は、私がいいと思ったものなので、みなさんも自分に合った勉強法をみつけてください‼

☆その他☆
 テストゼミは、絶対受けた方がいいです。実力ごとにクラスが分かれているので、自分のレベルを知る事ができます。テストの結果が悪くて落ち込んでしまうときもありますが、良かったときには、かなりのはげみになります。

 受験生のみなさん‼今は友達と遊べなかったり、ゲームができなかったりして、つらいかもしれないけれど、最後まであきらめなければキセキが起きるのかも(…⁈)しれません。
 私は、三年生のころから塾に通っていました。名進研へ行くのは、学校に行くことよりも楽しかったです。なぜなら、おもしろい先生方やライバルがいてくれたからです。今まで本当にありがとうございました‼

自分自身の勉強法

 ぼくは南山中学校男子部に通う者です。ではさっそく教科別に勉強法を紹介したいと思います。

☆国語☆ 得意でした。
 漢字テストでは百点をとっておきましょう。サーパスもちゃんとしっかりやっておきましょう。文章題では線引きも必ずやる。

☆算数☆ 波がありました。
 計算は六時半とかに起きて五問ぐらいは解いておいたほうがいいと思います。文章題は単位の書いてあるところに丸とかの何らかの印は付けておきましょう。図形においては問題の図形をノートに正確に書くことが重要です。

☆理科☆ 理科も波がありました。
 計算単元では基本問題を、解いておけばいいです。暗記単元では問題を解いて解いて解きまくってください。問題を解いてるうちに覚えます。

☆社会☆
 社会は覚えれば点がとれるのでとにかく覚えてください。

☆最後に☆
 どの教科も必ず直しをしてください。直しをやらないとテストで点が全然とれないので直しは必ずやってください。それともう一つ、家族への感謝を忘れないでください。家族が自分にどれだけのお金をかけてくれてるのか考えてみてください。正月特訓教室に行くだけでもかなりかかります。そのことを忘れずに勉強をがんばってほしいと思います。南山中学校男子部で待っています。

何があっても動じない

 受験を終えた今、感じたことを一つだけ記したいと思います。
 我が子は、真面目・几帳面とは正反対の自由人。受験勉強にエンジンがかかったのは、正月特訓教室後からで、第一希望は不合格。参考になるような体験ではないので、不安でいっぱいの方は読まないでください。

 つい先日まで、そんな横着な我が子に向かい、保護者会でいただいた先生の「こどもを信じる」とかかれた直筆のサインを待受画面にし、合格体験記にかかれている「キセキ」を期待して、我が子と自分を鼓舞してきました。
 彼も短い期間でしたが激しく追い込みをかけ、第二希望に合格をいただけました(志望校プレで50%以下しか取れてないので、ある意味キセキです)が、第一希望は不合格の通知。「努力は『必ず』報われる」わけではないのだと思い知りました。

 第一希望に合格を決めた友達がほとんどですが、その半面、途中で受験をあきらめた友達や、最後までがんばったのに高校受験でのリベンジを選択した友達、第三希望の私立に進学する友達がいるのも事実。みんながんばったのに。
 体験記を読むと「奇跡を信じてよかった」「努力は報われる」等の内容ばかりなので、「がんばれば100%報われる」と安易に考えすぎていた私は、その結果に愕然としたのでした。
 もちろん、我が家も体験記の内容を信じてがんばれたおかげで学力が飛躍したので、信じることはとても大切です。が、何が起こるか分からない中学受験。親の頭のすみっこには、何があっても動じない心の準備が必要で、決してそれは子供には悟られてはいけないものなのだと感じました。

 そんな中、彼が救われた点は、「第一希望が三つあったこと」かもしれません。
 第三希望の合格はいただけていたので、彼は第二希望がダメなら、迷わずそちらにいくつもりでしたし、第二希望に合格した際の気持ちの切替えは、私より早かったです。
 何が起こるかわからないということは、ある確率でキセキが起こるということだと思います。最後まであきらめず、安全圏でも緩まずに、みなさんの第一希望の合格と名進研のご発展をお祈りしています。

 最後に、こんな我が子を見捨てずにご指導くださった先生方、言葉では言い表すことができないほどお世話になりました。本当にありがとうございました。

受験生、がんばれ

 受験生のみなさん、こんにちは‼
 私は、南山中学校女子部、滝中学校、愛知淑徳中学校、高田中学校を受験し、滝中学校に進学する者です。それでは少しですがアドバイスしたいと思います‼

〈算数〉
 四教科の中で一番得意な教科でした。なので過去問を一通りやって、分からないところだけ復習しました。

〈国語〉
 あまり得意ではありませんでした。なので絶対に点数をおとさない漢字と語句に力を入れて勉強しました。記述も先生にたくさん見てもらいました。

〈理科〉
 苦手でした。なのでとくにテキストを読みまくりました。また、入試直前は先生に昔の問題を出してもらい、ひたすら解きました。

〈社会〉
 すごく差がありました。特に明治以降の歴史はダメで、一生けんめいがんばりました。

 私は家に帰るとなにもしません。なのになぜここまできたかというと自習室のおかげです。自習室はまず、テレビなどのゆうわくがないので集中できます。また周りを見れば仲間のがんばっている姿があります。なのでやる気がでてきます。オススメです。
 みなさんも利用してみてください。

〈その他〉
 リラックスは大事です‼みなさんは勉強でつかれていませんか?時にはテレビを見たり運動をすると気分転換になってまた集中できます。
 また睡眠は大事です‼入試の前日は特にです‼しっかり寝てください‼
 名進研の先生方、ありがとうございました。みなさんがんばってください‼
 では、滝中学校で待ってます‼

受験を終えて…

 私は、受験した中学を全勝し、第一志望である、南山中学校女子部に通う者です。では、少しだけアドバイスしたいと思います。

《国語》←好きだった教科
 ・漢字、文法は完ペキにしておいた方が良いです。
 ・本を読んでると、問題文をスラスラと読めて頭に入ってくるので、かなり有利になります。

《算数》←嫌いだった教科
 ・計算問題は、絶対に落としてはダメです。
 ・入試直前は、難しい問題をやるよりも、基本的な問題をやった方が良いと思います(基本を忘れている可能性もあるため)。

《理科》←暗記のみ好きだった教科
 ・暗記は、自分なりの覚え方を考えると、覚えやすいです。
 ・水溶液でつまづいたら、五年生のテキストに戻って復習すると良いです。

《社会》←普通だった教科
 ・漢字は絶対覚えなければダメです。
 ・年号も覚えた方が良いです。いろんな問題で役に立ちます。

《テストゼミ》
 受けた方が良いです。なぜなら、テスト慣れするし、テストゼミを目標にがんばれるからです。私は、俊秀だったけど何度か黒星をとりました。でも、俊秀からは絶対落ちたくないという気持ちでがんばったので、結果的にそれが良かったかなと思います。

《最後に…》
 夏休み明けに過去問ができなくても、あせらなくて良いです。入試が近づく頃にはできるようになるので大丈夫です。
 ストレスがたまったら、いやされる物を探してみてください。私は、校舎に面白い人がいたので、結構楽しくストレス発散することができました(笑)。
 長くなりましたが、六年生の人は本当にあと少しなのでがんばってください‼
 応援しています‼

合格は努力の積み重ね

 こんにちは‼私は金城学院中学校・椙山女学園中学校・聖マリア女学院中学校(特待)を受けて全勝し、椙山女学園中学校に通う幸せ者です。私は本を読むのが好きです。なので椙山の学校説明会に行ったときに見た図書館の広さに心を奪われました。また、小さいころから続けてきた、大好きな新体操を中学校に入ってからも続けたかったので、中学受験の長い長い道を乗りこえることができました。こんな私の勉強法を教えるのでよかったら参考にしてください。

❀算数❀
 単元によって点数の差が激しかったです。とにかく毎朝、計算問題を解くことが大切です。そして、間違えた問題をできるまでくり返し解いてください。そうすると必ず結果はでます。

❀国語❀
 まあまあ得意でした。条件チェックは必ずやった方がいいと思います。言語・漢字は完璧にしておくべきです。また、日ごろからたくさん本を読んでいると力がつきますよ。

❀理科❀
 苦手でした。私はチェックペンを使ってとにかくくり返し解いていました。計算問題はパターンを覚えることが大切です。

❀社会❀
 超得意でした。年号はゴロ合わせで覚えると覚えやすいです。私は社会もチェックペンでくり返し覚えていました。六年の後期になるといくつもの時代が一回に出てくるので、五年と六年の前期のうちにしっかりと覚えておきましょう。

❀その他❀
〈テストゼミ〉
 受けた方がいいと思います。その週の復習をすることができます。
〈自習室〉
 できるだけ利用するといいと思います。解説を読んでも分からない問題はどんどん先生に聞きましょう。

❀最後に❀
 落ち込んだときには自分が第一志望の中学校に通っているところを想像してみてください。やる気がでてきますよ。
 入試当日は、絶対受かるんだという気持ちをもち、最後まであきらめずにがんばってください。応援しています‼

「憂鬱なメール」

 娘は第一志望校の滝中学校に無事合格できました。
 振り返って思うと、第一志望の滝中学の入試が終わり、入試結果通知書が届くまでの日にちはとても長かったです。入試結果通知書が届いた日は、学校から戻ってきた娘が、一人部屋に行き結果確認をしました。部屋から「合格」という言葉が聞こえてきた時、家族みんなで拍手して喜ぶ事ができました。このような場面に立ち会えた事、とてもうれしく思います。ここまでくるまでは山あり谷ありで、決して楽ではありませんでした。半分あきらめかけていた時、塾の先生方の励ましの言葉、そして苦手部分の克服カリキュラムを作っていただきアドバイスをしてもらい、親身に相談にのっていただける先生方にめぐり合う事が出来たからだと思います。

 我が家の場合は、普通に公立中学に進むものだと思っていました。五年生に上がる時に娘が受験をしたいといい、友人の勧めもあり五年生にあがる三月から名進研に入会しました。
 家から近い場所に滝中学があり、
 「じゃあ滝中学にしよう。」というような、簡単な決め方で志望校を決め、受験勉強はスタートしました。
 受験を決めたものの私立中学の知識が全くなかったため、いろいろな学校の学校説明会や体験学習に参加しました。六年生になるととても忙しく、学校の見学には行けなくなるため五年生の間にいろいろ参加できた事はよかったと思います。受験を考えている学校は五年生のうちに参加されるといいと思います。

 (五年生の時)
 自宅での学習ですが、学校では解ける算数も名進研の算数は難しく、すぐには理解することができず親子で解き方を考えたりしていました。それでも、例題、類題、基本、練習問題は出来るまで何度も解き直しをしました。
 理科に関しても、てこ・滑車・水溶液の計算は解き方が分からず一つの単元に三週間ぐらいかけて考えたりしていました。結果的に、時間は大変かかりましたが、解き方がしっかり理解できたので、そうそう簡単には忘れることはなく良かったと思っています。
 社会の学習においては、きちんと覚えることが出来ているか確認をしてこなかった事はとても反省すべきでした。六年生に入ってから、歴史が本格的に始まり、日本国憲法・国会とますます覚える事が増えます。五年生の社会は五年生のうちにきちんと定着させておくべきだと思いました。

 (六年生の時)
 六年生になってからはテストゼミを始め、塾に行っている時間のほうが長くなり、五年生の時の様に親子で机に向かう事は少なくなりました。ほとんどすべてを塾の先生にお任せしていました。
 私はというと、毎週火曜日のお昼ごろにくるテストゼミのメールが恐怖でなりませんでした。テスト結果が上がったり、下がったりと変動が激しく、白星を取って喜んだと思えば、黒星を取ってくるという事がざらにあり、本当にこのメールから逃れたく、受験を辞めてほしいと何度思ったことかわかりません。そんな親とは対照的に、娘はテスト結果をみてショックを受けている様子はなく、どのように考えているのか疑問に思ったこともありました。それでも、毎日、一生懸命勉強している姿をみていたらとても怒ることはできませんでした。中学受験をしていない親の私から見たら、本当に尊敬するばかりです。
 夏休みが過ぎたあたりからはテストゼミの成績一覧をつくり、偏差値の低いところの直しを何度も繰り返し解いていました。また、社会の暗記が苦手だったので、毎朝六時に起き、先生に作っていただいた娘専用の社会科の宿題・計算五問・漢字を受験日前日まで欠かさず勉強していました。
 一月に入ってからは、理科・社会の暗記確認・算数のテキストの直しを主に勉強していたようです。娘いわく、一月が精神的にとても辛かったそうです。
 このような感じで二年間を過ごしてきました。

 (受験日当日)
 「入試日、本番っていう感じがしない」なんて言い、ピリピリした感じもなく会場に向かいました。そのように思えたのは、六年生になってから毎週テストゼミやプレ中学入試を行ってきたからでしょう。こんな気楽な気持ちで入試を受けていいものなのか疑問に思ったりしましたが、入試を終え結果がでた限りでは数々のテストを受けてきたおかげで緊張せず、いつも通りテストを受ける事が出来、合格を手にする事ができたと思いました。

 初めて受験をされる方は、“どんな学習をすればいいのか?”ささいな事でも不安になると思います。不安に思うことがあれば、先生方に自分の不安な気持ちを伝えられたらいいと思います。我が家の場合も諦めていた中学に無事入学する事ができました。先生方に相談する事ができたからだと思います。長い間娘を見守っていただきありがとうございました。

目標達成は小さな一歩から

 僕は第一志望校の東海中学校に合格しました。それでは、僕の勉強法を書きます。

〈国語〉
 漢字とサーパスは毎回コツコツやり、まちがえたところは印をつけ、わからない言葉は辞書やネットで調べました。
 ゼミやプレ中学入試の直しは、文章中に出てきたわからない言葉などを調べ、ノートに書きました。解説を読み、筆者の考えなどを図に表し、まとめました。

〈算数〉
 算数で、一番大事なのは、ミスをしないことだと思います。そういう僕も、もったいないミスを何度もし、悔しい思いも経験しました。でも、そのおかげですごく気をつけるようになり、きっと本番ではそんなミスはしていないと思います。ミスをなくすために、休みの日も毎日計算を解くことをおすすめします。

〈社会〉
 東海を目指すなら、明治~昭和の年号(特に日清戦争~太平洋戦争あたり)は、丸覚えしましょう。
 地理は、地図帳で場所の確認をし、マーカーペンなどで印をつけておくと良いと思います。僕は透明付箋紙を使いました。

〈理科〉
 僕は植物や動物など、生物が苦手で、こん虫はテキストを見るのもいやでした。けれど、理科は様々な部類(てこ、水溶液、地層、電気などなど…)があるので、全体的にできるようにするのが大事です。

〈まとめ〉
 全ての教科で大切なのは毎回のゼミ直しだと思います。毎週大変だけれど、一週間の内容がどれだけ理解できているか確認し、直しをすることで力がつきました。また、テストを毎週受けることでテストに慣れ、本番でも緊張することはありませんでした。
 国語や社会など、漢字を使うことが多い教科では、間違っていても自分では合っていると思いこんでいる場合があるので、僕はよくお母さんにチェックしてもらっていました。
 今は大変だと思いますが、今思うとあっというまだったと感じます。体には気をつけて、受験勉強をがんばってください。

自信を持って諦めないで

 こんにちは‼私は受験した全ての学校から無事合格をいただき、南山中学校女子部に通う者です。みなさんの役に立つかは分かりませんがさっそく私の勉強方法を紹介していきます。

▼勉強
☆国語☆まあまあ得意
 条件チェックをしっかりしましょう‼記述はあきらめず絶対に書こう‼
☆算数☆得意??
 すごくいい時もあれば悪い時も…(汗)朝の計算は毎日欠かさず行いましょう‼計算ミスが減ります。間違えた問題は理解をして次に進みましょう。苦手な単元はサーパスや④テキストを使って基本を固めることがオススメです‼質問はどんどんしましょう。
☆理科☆単元によって…
 条件チェックをしっかり‼ね…(汗)。私は六年生の夏期講習でまちがえた暗記ものの問題をオレンジのペンを使ってノートにまとめ、赤シートで覚えていました‼これはすごく役に立ちました。計算問題は整理してキレイに書くことを意識してパターンを覚えよう‼
☆社会☆ふつう
 私はとにかく基本問題を解きまくりました。漢字ミスが見つかるし、点数が安定しました。あと、年号を覚えることも大切です‼

▼講座
・テストゼミ
 絶対受けた方がいいです‼これで私は成績が一気に上がりました。
・正月特訓教室
 私はサボってしまいそうだったので受けました。いつもと違う場所で集中して勉強できるし、ごはんもおいしいです!ホテルもとてもキレイです☆何より自信になります。

▼最後に
 私はゼミで★もとったし、六年生の一番最後のプレ中学入試で時間配分を間違え算数で五十六点をとってしまいました。でも本番で気を付けることができ、分からない問題をとばす勇気にもつながりました‼あきらめず走り抜けることが大事です。支えてくれた家族、先生方、本当にありがとうございました。皆さんの合格を祈っています☆

諦めない心が生んだもの

 私たちの体験は、他の方々のものとは随分違っているかもしれません。ですが、こんな綱渡りのような体験でも、これから受験をする方々にお役に立てることがあるかもしれないと思い、筆を執りました。

 ほんの一年半前、私の息子が滝中学校に入学するなんて、予想もしませんでした。私たち夫婦は、国公立の学校と私立の専門学校に一年通ったことがあるくらいで、私立中学の受験など考えたこともありませんでした。東海中学校などの難関校に受かるお子さんは、きっと特別高い遺伝子や頭脳を持っていて、「私たち凡人には無理。」と思っていました。また、地域的にも私立中学までは遠く、裕福なご家庭の優秀なご子息でも公立中学に進学するご家庭がほとんどで、中学受験をするということを奇異の目で見られる方もいらっしゃいました。息子たちは、家の周りの自然を楽しみ、魚や虫を捕まえたり、走り回ったりして毎日暗くなるまで遊んでいました。

 そんな中、五年生の夏休み前、息子は「中学受験がしたい」と言い出しました。どこでどう調べたのか「自分の就きたい職業につくためには高い知識や学歴が必要だから」と言うのです。私立中学のことなど全く知らなかった私は、インターネットで調べてみて、最初は名進研、南山中高女子部出身の名古屋大医学部の学生の方に家庭教師として来てもらいました。その家庭教師さんは優秀な方ですし、一生懸命やってくださったのですが、ライバルがない状態ということで息子は怠けてしまい、宿題もこなしきれないまま次の講義を迎える日々が続きました。これでは到底、早くから受験勉強を始めている方々には追いつけないと判断し、距離は遠いのですが六年生四月から名進研に入会しました。入会テストは、入会ラインギリギリの点数でした。また「今から始めても滝中は無理かも」と言われました。それでも息子はやると言いました。今考えると彼は、その後の道のりやゴールが見えていなかったのかもしれません。

 そこからは勉強漬けの毎日でした。名進研の、成績によって席順も決まるシステムは、前に何人いるかが視覚的によくわかり、息子のスイッチがつき、ようやく本気モードに入ったようです。また、保護者会ではいろいろな情報をいただいたので、名進研という大手の塾に入会させたのは正解だったなと思いました。私は勉強についていけなくなったので、勉強は塾にお任せし、健康管理や宿題を終えたかどうかのチェックをするというスタンスでした。

 ただ、息子はやっていない単元も多々ありましたし、通塾して宿題を終えるだけでも精いっぱいで、成績は芳しくありませんでした。夏期講習で全範囲を総復習すると聞いていたので夏期講習の総仕上げテストに息子の本当の実力が出るだろうと思っていました。

 ところが、総仕上げテストもそれまでと変わらない成績でした。私は、ここで諦めたほうが良いのではないかと散々悩みました。友達や弟と遊びたいのもテレビを観るのもゲームをするのも我慢して、ストレスから弟にあたることもありました。体調を崩し、二週間で二回も高熱を出したこともありました。睡眠時間も、ほうっておくと十一時間も眠るような子です。これから本番に向かってプレッシャーがかかってくるのは目に見えていましたし、この成績で滝中を受けると言うのも恥ずかしいと思いました。私は相談相手もなく、孤独にこの感情と戦っていました。そんな時支えになったのが、BUMP OF CHICKENというバンドの「HAPPY」という曲でした。それにはこんなくだりがあります。『終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる』これは人の生死を歌った歌ですが、その時の状況と重ね合わせ、終わらせて淀んだ生ぬるい自由な時間を過ごすなら、最後まで諦めずに挑んで砕け散る方が、より良くその後を過ごせるのではないかと考え直しました。これを読んでいる皆さんも、支えになる言葉や歌があると強くなれると思います。

 私が考え直した後、九月末のプレ中学入試で偏差値が上がりました。私の心の状態がこんなにも子供に影響するのかと驚きました。声や表情に出していないとこちらが思っていても、子供には伝わってしまうのかもしれません。その後も、子供の状態をチェックしながら、私自身のメンタルケアにも気を使いました。成績が思うようにならないと、親もピリピリしてしまいますよね。でも親がピリピリしたところで悪影響しかないのです。それよりもどうしたら子供が気持ちよく勉強できるのか、どのようにしたらやる気・モチベーションを高められる声かけができるのかをネットで調べ、息子の様子を観察して最適なタイミングで良いアドバイスができるよう努力しました。

 結局、九月のプレ中学入試が最高の偏差値となりました。早くから受験勉強をされている方々の追い上げは私たちに迫ってきて、ものすごく恐怖でした。でも、心を整え強く持ったことは間違いではなかったと思います。なぜなら、成績が落ちても、前向きな言葉をかけたことが息子の努力を維持し支えていく最大の要因だったのではないかと思うからです。「きっと受かる」とか「頑張っているね」など、温かい言葉を多くかけるよう意識していました。また、校舎の先生からは、滝中の入試十日ほど前に手書きで息子に応援のメッセージをくださり、四日前にも電話をくださって、その翌日に時間を割いて息子に滝中対策としてのアドバイスをしてくださいました。先生の努力に大変感謝しています。先生の応援が息子に力をくれたことは間違いありません。

 滝中入試の前夜、就寝直前の布団の中で時事問題を確認していた息子。その同じ所が入試に出たそうです。良い成績でなくても、最後まで諦めなかった心が合格を呼び寄せたのかもしれません。

 終わってみて改めて、「無謀なことをしたな。」と思います。でも、充実した日々でした。神様っていると思います。それほどに、祈ってばかりの毎日でした。前述した曲に『続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う』というくだりもあります。恐怖の中進んできましたが、息子の諦めない心という勇気をみることができました。

 最後に、中学受験はやりたくてもできない人がたくさんいると思います。夫が仕事帰りに塾の迎えに行ってくれたこと、悩みを私に話さなかった母親、プレ中学入試や保護者会に連れ回した下の子、みんなが一丸となって迎えた入試であり、周りの人に感謝することを忘れてはならない、と強く思いました。

 こんな平凡な家庭の私たちでもなんとか乗り越えることができました。皆様ならきっと大丈夫だと思います。皆様のご活躍を心からお祈りしています。

笑顔でいること

 こんにちは。金城学院中学校に通う者です。休憩時間にでも読んでもらえたら幸いです。では、私が行っていた学習方法を紹介しようと思います。

︱国語︱
 国語に関してはこれといって特別な事は行っていませんでしたが、漢字(特に間違えたもの)を五回書きしていました。サーパスのまとめのページをコピーしてノートにはって持ち歩くのもオススメです‼

︱算数︱
 算数では問題の読み間違えや計算ミスなどのケアレスミスが起こりやすいので、日頃から計算問題を解いてみると良いですね。私は学校で暇なときに学校の教科書の「もっと練習」を解いていました。意外に楽しいです‼

︱社会︱
 授業中に先生がさらっと言っていたことが入試に出る可能性が一番高い科目です(と、私は思っています)。年号は「自分の校舎の先生」のゴロが一番良いと思いますよ‼

︱理科︱
 計算問題は、意味を理解してから解き始めないとたまにへんてこりんな答えがでてきてしまいます。植物は実際に目で確認しましょう。月食や日食も見れたら見た方が良いです。

︱全体︱
 似たような用語の、意味を入れ変えて覚えたりしないようにしましょう。計算問題では公式の意味を理解しましょう。

︱成績︱
 成績が下がっていたとしても笑顔でいましょう。「え?下がっていてヘラヘラしてたらママにおこられちゃうよ‼」と思った人。ヘラヘラではないです。笑顔です‼難しいですよね。だからといってネガティブになるのはお母さんにおこられるよりもNGです。

︱最後に︱
 公園で遊んでいる子がうらやましい…。と思うかもしれません。だけど、その一・二時間で楽しい六年間を手に入れられる、といわれたら六年間楽しめる方が良いですよね‼だからみんな、がんばって楽しい六年間を手に入れてください。そして、三、四年の出始めを手伝ってくださった先生、過酷な六年を支えてくださった先生方、ありがとうございました。

雨があがれば虹がたつ

 はい、皆々様こんにちは。愛知中、名古屋中、東海中に合格し、東海中学校に通う幸せ者です。ちなみにこの文章は、六年前期までサボッちゃったー‼的な人のためなので、スッとばしていただいてかまいません。でもまあ、はじめからしっかりコツコツやるのが一番よいです。

 で、まず始めに、志望校別特訓講座というのが六年後期からありますが、こいつはとっておいた方が絶対いいです。特に東海中などの難関校をめざす方は、理由は簡単。名古屋中学の入試問題と、東海中の入試問題に、志望校別と同じ問題が出題されたのです‼サボリまくってた人も、コツコツやってた人も、ぜひとってみてください。

 サボッちゃった人へ。そんな人は、まず先生にどのようなところをやっていけばいいか聞いて、そのとおりに進めてください。絶対に合格に近づくはずです。

 次は学習方法です。

 〈算数〉
 公式はしっかり覚えましょう。計算は毎朝やるといいです。

 〈国語〉
 計算と同様、漢字も毎朝やりましょう。あと、記述問題を解きなれておくと便利です。

 〈理科〉
 「暗記する」のはとことん覚えましょう。計算単元は解きまくるしかないですね。

 〈社会〉
 僕は社会の中でも、歴史、地理とかは大好きでしたが、公民とか政治はきらいでした。歴史の年号は語呂合わせで覚えましょう。
 例えば、廃藩置県の年号は、
 「もう藩のんだ 県の人」で1871年とか。
 そんな感じでがんばって。

 「体調管理」気をつけましょう。僕は赤いパッケージのヨーグルト飲んでいました。けっこう効果あります。
 最後になりましたが、所属校の先生方と、その他これまで教えてくださった多くの先生方、三年半ありがとうございました。

明るく前向きに!

 みなさんこんにちは。僕は、海陽中等教育学校(特給)、東海中学校、滝中学校、名古屋中学校、愛知中学校に受かった明るい前向き男です。お役にたつかわかりませんが、よろしければ参考にしてください。

まず・国語
その1 時間があったら本を読んでおこう。何冊も読むことで、スピードもあがるし、何より文章の展開を途中でつかめるし、入試に読んだ事がある文がでるかもしれないからです。
その2 サーパス、漢字はしっかりやる。サボってもいいことはありませんよ~。

次は算数です。
その1 公式をしっかり覚える。見て読むだけでなく、声に出して、リズムにしてみるのもいいと思います。
その2 トップレベル講座EXはできるかぎり受けよう‼

そして理科
…他の人の文章を見てください。
一つ言うとすれば、基本をしっかりです。答え、そして解説を暗記するくらいやりこみましょう。

最後に社会
その1 絶対に×100、条件チェックをしよう。なかなかなおらないので、今のうちになおしておこう。
その2 みんな、少なくとも一つは好きな歌がありますよね。その歌の替え歌をつくり(工業などの)うたいましょう。覚えられるし、気分もよくなりますよ。
その3 家の人にも協力してもらおう。家の人に、問題をだしてもらうと、印象的で頭にのこりますよ。

☆最後に☆
 僕を合格させてくれた、所属校の先生、ありがとうございました。受験生のみんな、今はつらいかもしれないけれど、何かに一生懸命になるのはとてもすばらしいことです。ほこりをもってがんばってください。僕から言えるのはこれくらいです。それでは受験生のみんな、がんばれ‼

初めての一回きりの受験

 三年間通塾し先生方には大変お世話になりました。娘は祖母の出身校でもある椙山女学園中学校を第一志望としておりましたが、先生方はそんな娘にも平等に対応し、きめ細かに見ていただきましたこと、大変感謝しております。

 四年生から通学しておりましたが、最初は塾の雰囲気に慣れず帰ってくるなり泣きだすこともあって心配しました。徐々にその雰囲気にも慣れ夏休み以降は楽しく通うことができ、それ以降塾をやめたいと本人の口からは一度も出ることはありませんでした。
 なかなか娘の宿題や勉強を見てやることのできなかった私達夫婦で、全て塾におまかせでしたが、最後まで親を頼らず頑張って乗り越えてきたこと、あらためて褒めてあげたいと思うと同時に、先生方には感謝の思いでいっぱいです。

 最後のプレ中学入試では偏差値がガクッと落ち、焦りを覚え大変心配をしましたが、先生方は決して不安を煽るようなことはおっしゃらず、受験本番までには調子が戻ってくるから大丈夫ですよ、とお声かけいただいたことにどれほど心強く感じたことでしょう。
 私達親子にとっては初めての一回きりの受験ですが、毎年たくさんの子供たちをみていらっしゃる先生方の言葉には本当に救われました。
 結果としては受験した三校(金城学院中学校、椙山女学園中学校、聖霊中学校)の合格をいただくことができ、名進研を選んで良かったと実感しております。

 そして、こう思える親御さんがこれからもたくさん出てらっしゃることを願っております。娘はまだまだスタート地点でこれからも勉強は続きますが、名進研で学んだことを糧に頑張ってもらいたいと思っております。三年間、本当にありがとうございました。

合格の道も一歩から

 受験生の皆さん、こんにちは。
 僕は愛知中学校、名古屋中学校、東海中学校、滝中学校を受け、愛知中学校は特奨、名古屋中学校はスカラー、東海中学校は普通の合格、滝中学校は特待で、東海中学校に通う超幸せ者でございます。これから、僕の勉強法やオススメの講座を書いていきます。勉強で忙しいと思いますが、第一志望校を合格できた自分を想像して読んでください。

〈国語〉⇨コレは、…激苦手
 僕に国語の授業をしてくださった先生。…ごめんなさい。これだけはテストの結果は上がったり下がったり。この章だけは読みとばしていいかもしれません。でも、僕に分かることだけ書くと、
 ☆漢字は完ペキに
 ☆いろいろな言葉を知っていると強い
 ☆本を読む
  日頃の行いが悪いから人の気持ちが分からないのかも知れません…。

〈算数〉⇨まぁまぁの実力
 得意だったので書くべきことが分かります。
 ☆問題を解きまくる‼
 ☆一日にいつも計算をして計算力をつける‼
  余談ですが僕は方程式で解くことが多かったのですが、計算力のある人は相当強い武器になります。

〈社会〉⇨僕は大好きで得意‼
 言い方が悪いかもしれませんがこれは覚えるだけで点がとれます。
 ☆単語を紙に書きまくる
 ☆チェックペンと下じきが強い
 ☆年号はゴロ合わせで

〈理科〉⇨楽しく解いてた
 これは単元によって点数が上下します…。重要なのは、
 ☆生物は社会同様。図かんを見たりするのはすごく乙。
 ☆物理はどれだけ理解できるかです。てこや地層、天体などは、問題を多く解くといいでしょう。

 ここで僕のオススメの講座を紹介します。
 ①トップレベル講座EX これは資格があれば絶対にやるべき。
 ②志望校別特訓・志望校別プレ入試 その学校ならではの問題が解けます。
 ③正月特訓教室 厳しいですがそれなりに力もつきます(料理がとてもおいしかったです)。
 ④テストゼミ 復習ができます。自まんですが一位カード二十三枚とれました。

 最後になりましたが、僕を合格に導いてくださった先生方、ありがとうございました。

最後まで諦めずに

 皆さん、こんにちは。僕は海陽中等教育学校、愛知中学校、名古屋中学校、東海中学校、滝中学校に合格し、東海中学校に通う者です。それでは、僕の学習方法を紹介していきたいと思います。

〈算数〉
 ノートは贅沢に使って、計算ミスを減らしましょう。あと、3分で解けない問題は答えを見ましょう。勉強の効率が上がります。

〈国語〉
 漢字、ことわざなどの知識系分野は完璧にしましょう。母にクイズ形式で問題をだしてもらうと、精神的にラクに楽しく覚えられます。

〈理科〉
 ・生物
  図鑑で確認して暗記をしましょう。
 ・化学
  実験の結果を問う問題は、実験の写真を見ましょう。
 ・地学
  月の満ち欠けや星座の問題は実際に夜、外に出て確認しましょう。印象に残ります。
 ・物理
  たくさん問題を解きコツをつかみましょう。

〈社会〉
 日本史の流れは漫画で覚えましょう。僕は「学習まんが日本の歴史」(小学館)を読みました。

〈その他〉
 ・勉強をするときにタイマーを使うと集中力が上がるのでオススメします‼
 ・教科別にケースを作ると教材を探す時間がゼロになってイライラ解消‼是非やってみてください。
 ・覚えられない漢字や単語は暗記カードに書いておくと見直すときにラクになります。

〈本番では〉
 本番で緊張したら深呼吸をしましょう。あと、僕は休み時間に角砂糖を食べていました。頭が働くようになります。

〈最後に〉
 僕は、最後の東海中プレ入試で合格率20%を取ってしまいました。だけどめげずにがんばって勉強をしたら受かることができました。みなさんも最後まで諦めずにがんばって合格を勝ち取ってください。

これからも進み続けて

 みなさん、こんにちは。滝中学校に通うものです。勉強方法を少し伝えたいと思います。行っている人もいると思いますが是非読んでみてください。

★国語…成績が上がった。
 ・間違えた問題が文章題の場合→解説文をよく読み、間違えた理由をよく考えてください。
 ・漢字などの語句等は、書いて覚えることがいいと思います。

★算数…好きで得意。
 ・まず、ノートは大きく使いましょう。
 ・文章を読むのと同時に、頭の中で想像してみましょう。
 ・練習問題や発展問題も解いて、やり方を覚えましょう。

★理科…好き嫌いが激しい。
 ・計算は基本型を覚えるとやりやすいです。
 ・暗記はテキストを読む→問題を解くを繰り返すことがいいと思います。
 ・記述問題ではテキストに書いてあるのを使うのが一番正解に近いと思います。

★社会…まぁまぁ
 ・理科の暗記と似ていますが、一気にやるとめちゃキツいので太文字から覚えるのがいいと思います。
 ・記述は考える記述(テキストや学校の教科書にかいてない記述)で点差が開くので少し・・考えてください(考える記述が分からなくても大丈夫。たぶん出来る人はさほどいないから)。

★健康管理
 ・ある中学校の入試の前にインフルエンザにかかりました。でも保健室受験はまぬがれました。みなさんも健康管理に気をつけてください。

★最後に
 教えてくださった先生方ありがとうございました。読んでくださったみなさん第一志望校合格を目指してください。

偶然の出会いからの合格

『これも何かの縁ですから……』
 五年生の夏休みも目前に迫った日曜日に掛けた電話。たまたま出勤されていた先生との会話。この二つの偶然から長女の私立中学合格までの長い道のりは始まりました。

 長女は、長男の時とは違い一年生から基本的な学習はしていましたが、成績の伸び悩みと人間関係から、中学受験もどうするかというような状況でした。親子で悩んだ末、五年生の夏休みからが最後のチャンスと思い名進研での中学受験を決断しました。
 入会テストの結果は、可もなく不可もなくのレベル。まずはJAクラスからの夏期講習が始まりました。授業についていくのと宿題をこなすので限界の毎日が続きました。それでも名進研の進め方と先生方との相性が良かったのか十月からは、ギリギリJSクラスに昇格しました。その後は、本人も頑張りましたがJSクラスの一番後ろの席が精一杯でした。

 六年生になっても毎週のテストゼミの結果に一喜一憂の連続。プレ中学入試の成績もJAとJSクラスを行ったり来たり。それでも夏期講習は、朝から弁当持参でターミナル校へ、講習後はそのまま夕食の弁当に持ち替えて所属校の自習室で夜までの毎日。この夏休みでの頑張りが十月のプレ中学入試に最高の成績という結果に出ました。この後は、安心したのか成績は伸び悩み。正月特訓教室でも頑張りましたが、最後のプレ中学入試では、周りの頑張りもありまさかの失速。それでも本番まで頑張り続けた結果、愛知淑徳中学校を含め三校の合格を頂くことが出来ました。

 長女は、反抗期も早く親の言うことには、全くというほど聞く耳を持ちません。逆に名進研の先生方から言われることは、しっかり聞いていました。そのため機会ある毎に先生と本人との面談をお願いしました。その結果を電話で聞いて状況を確認することの繰り返しが最後まで続きました。先生の前では、本心を話したり、精神的にも追い込まれ泣き出したりしていたそうです。これは合格してから知りましたが、どうしても歴史の年号が覚えられず、泣きながら授業を受けていたことも一度や二度ではなかったそうです。それでも最後まで一度も逃げることはありませんでした。本人の意地もあったのでしょうが名進研と先生方との絆がそうさせていたのだと信じています。愛知淑徳中学校合格の連絡時は、電話の向こうで先生方の拍手喝采。長女の頑張りを実感した瞬間でした。

 長女には、中学受験での苦労を忘れずに、夢の実現に向け努力を続けて欲しいと思います。これまでの名進研の先生方の熱意と生徒の頑張りを引き出す努力には、頭が下がる思いです。本当にありがとうございました。

完全燃焼

 こんにちは。私は、愛知淑徳中学校に通う者です。勉強方法をアドバイスするので良かったら参考にしてください。

〈算数〉 四教科の中で一番苦手でした。でも、先生のおかげで最後まであきらめずがんばる事ができました。
 ⃝毎朝、簡単な問題でもいいので、計算問題をやるといいと思います。
 ⃝難しい問題を時間をかけて解くより、基本の問題を解いた方が、基礎を固める事ができます。

〈国語〉 授業が楽しく、四教科の中で一番得意でした。
 ⃝読解力をつけるために本を読んだ方がいいと思います。
 ⃝漢字や言語は、覚えれば得点源にすることができるので、毎日少しずつやりましょう。

〈理科〉 普通でした。
 ⃝暗記単元が多いので、しっかりと覚えてください。植物単元は覚える事が多く、忘れてしまいがちなので、空いた時間に教科書を見るといいと思います。
 ⃝力の単元は、難しい問題が多いので、基礎から固めてください。

〈社会〉 やや得意でした。
 ⃝複雑な内容は、進んで勉強すると、他の子と差をつけられると思います。
 ⃝漢字間違いに気をつけてください。私は、間違いやすい漢字は十回書きました。
 ⃝年代が覚えにくい場合は、ゴロ合わせを考えたり、ネットで調べたりしてみてください。

〈最後に〉
 私は、第一志望が受からなかったら、すべてが無駄になってしまうと思っていました。でも、そんな事は絶対にありません。必ず力になっているはずです。タイトルを完全燃焼にしたのは、理由があります。それは、第一志望に合格する事はできなかったけれど、最後までやりきることができ、悔いはないと思えたからです。みなさんも、どんな結果であっても、落ち込まず、前を向いてください。
 最後に、今まで私を支えてくれた先生方、お父さん、お母さんありがとうございました。愛知淑徳中学校で待ってます‼

復習は絶対に

 こんにちは。私は、南山中学校女子部・金城学院中学校・岐阜聖徳学園大学附属中学校(全額免除)を受け、南山中学校女子部に通うものです。そんな私から勉強についてのアドバイスをしたいと思います。

〈算数〉 計算ミスが多かったです。
 ・とにかくたくさんの問題を解く。
 ・式を飛ばさない。
 ・基本を完璧にする。

〈国語〉 平均点以下の時もありました。
 ・記述は必ず書き込む。
 ・線引き。

〈理科〉
 ・暗記単元は赤シートなどを使って覚える。
 ・計算問題は公式を覚える。

〈社会〉
 ・地理は、地図帳で調べる。
 ・歴史は、年表で順番と一緒に覚える。
 ・公民は、ゼミの問題を解く。

〈講座〉
 ・テストゼミは受けて直しまでやる。←私は、なかなかできませんでした。
 ・トップレベル講座EXは、六年生は資格を持っているなら受けた方がいいです。五年生は時間に余裕があれば。
 ・正月特訓教室はどちらでもいいと思います。受けるのならプリントを全てやりましょう。
 ・志望校別特訓講座は絶対に受けた方がいいです。
 ・東海・南女攻略講座も受けた方がいいです。古い過去問ができます。
 ・入試実戦講座と復習・宿題指導講座も受けた方がいいです。私の場合ずっと受けてましたが、入試が近づいてきた一月は受けずに、30分ほど自習室に行き帰っていました。
 いずれにせよ、復習を絶対にしましょう‼どの問題が入試に直結するかわかりません‼

〈その他〉
 ・入試が近づいたら早寝早起き。そして、朝に勉強する。
 ・学校はインフルエンザが流行っていたら休んでも仕方ありませんが、できるだけ休まず登校したほうが良いと思います。朝型、生活の規則正しいリズムが大切です。

〈最後に〉
 今は本当につらいと思いますが、最後まであきらめず自分を信じて頑張ってください‼南山中学校女子部で待っています。

最後まであきらめない

 私は、南山中学校女子部、滝中学校に合格し、第一志望校の南山中学校女子部に通っています。そんな私が行っていた勉強方法を書こうと思います。

☆算数
 ・図を大きく書く。
 ・公式を覚える。
  特に、円周率の計算は、絶対に覚えた方がいいです‼計算のスピードも速くなります。

☆国語
 ・問題条件に線引きをする。
 ・漢字、言語は一番最初に解く。

☆理科
 ・暗記は、チェックペンで。
 ・生物単元は、写真を見て覚える。

☆社会
 ・単語帳を使う。
 ・理科と同様、チェックペンを使う。
  私は、チェックしたところを下敷きで隠し、紙に何度も書いて覚えていました。チェックペンは、とてもオススメです‼

☆四教科
 ・まとめノート
  自分なりにまとめると覚えやすいし、見やすいです。
 ・間違えたところにしるしをつける。
  私は、間違えた回数ごとに色を変えてしるしを付けていました。こうすると、自分の苦手な単元が分かりやすいです。また、復習がしやすいです。

☆その他
 私は、三校受験申込をしていましたが、最初の試験日の朝、39度の熱がでました。インフルエンザでした。結局、受験することができず、いきなり第一志望の南山中女子部の試験日を迎えることとなりました。プレ中学入試やテストゼミとは違う本番の試験を受けたい気持ちでいっぱいだったため、試験を受けられなかったことがとても悔しかったです。
 南山中女子部の入試当日、私は無事に試験会場に向かうことができ、本当に嬉しかったです。そして「絶対に合格する」という気持ちで臨んだから合格することができたのだと思います。
 受験勉強はつらいと思いますが、「絶対に合格する」そんな強い気持ちを持って頑張ってください。
 応援しています。

親としてできること

 母親として何ができたのだろう……今思えば、私は息子の受験に際し、学習面では、すべて名進研の先生方にお任せして、ただ“心と体のケアとサポート”に徹していたような気がします。というか、それしかできませんでした。

 息子は三年生から名進研でお世話になりました。入会のきっかけは、家からの近さと習い事との兼ね合いでぴったり合う曜日に塾があったこと、でした。息子はサッカーが好きで、クラブチームに所属していましたが、四年生の頃、東海中学校サッカー部が市の大会で優勝したことが分かり、サッカー部が見たくて、東海中のサタデープログラムに行ったり、文化祭に出かけたりしました。東海中の雰囲気を味わう中で、息子は東海中にあこがれを持つようになり、そこでサッカーができることを目標にするようになりました。

 私はフルで仕事をしているので、入会した時から、宿題はすべて本人任せで、勉強に付き合ってあげたことはありませんでした。
ただ、自主的に宿題だけはやっていたようで、その積み重ねだけでも、息子にとっては大切な基礎力の定着となった気がします。
 そしてそれは、六年生になってからも変わらず(と言っても、五年後半くらいからはおそらく質問されたとしても、簡単には教えてあげられない内容に進んでいきました……)、今どんな内容の学習をしているのか、全く把握していませんでした。そういう点では、私は本当にダメ親だったのかもしれません。
 ただ、六年生では毎週テストゼミがあったので、その結果を見ながら、次への課題を話すようには心掛けました。テストで悪い成績を取れば、本人が一番ショックを受けているはずなので、それを責めることはせず、ただ間違えた所を分かるまでやり直して、その後は絶対に間違えないようにする、それを続けて行くことが、自分の力になっていくんだということを、繰り返し言い聞かせていました。テストゼミでも、プレ中学入試でも、志望校別の模試でも、間違えた問題については、「テストゼミ(プレ中学入試・志望校別プレ入試)で間違えて良かったね‼本番で同じような問題が出てももう大丈夫だね‼」と、前向きな気持ちで頑張れるように声を掛けようと心掛けていました。

 息子は、家で勉強するよりも、自習室でやる方が断然集中してやれると言うので、毎日夕食の弁当を運んでいました。肉や魚のタンパク質と野菜をたっぷり詰め込み、果物も必ず入れるようにして、家での食事同様、ビタミンの摂取に気を遣っていました。
 睡眠時間も、子ども自身はあまり気にしないので、強制的に打ち切らせて、寝るようにさせたことは何度もありました。そして気づいたときには、一年間、風邪をひいたり、体調を崩したりしたことは一切なく、最後まで乗り切ることができたのが何よりの強みになったと思います。
 十二月、一月と受験本番が近くなって来ると、子どもよりも親の方がキリキリしてきて、ちょっとしたことでもつい子どもに口うるさくなってしまいがちだった私。そんな頃の保護者会で、先生からこんな言葉をいただきました。
 「かぜと焦りはうつります。」
 私ははっとさせられました。入試が近づき、精神的に追い詰められていく子どもにとっての癒しであり、安心感を得たいはずの母親がこんな状態ではダメだと反省し、それからは“大丈夫だよ”と自信を持たせたり、“最後まで強い気持ち”と励ましたり、“やり切りなさい‼”と鼓舞したり。親の不安な感情は見せないように。それだけは気を付けました。
 名進研の先生方が常に「勝ち取れ」と言われる意味が、本当によくわかりました。自信の裏打ちとしての学習量。そして最後の最後まで絶対にあきらめない強い気持ち。自ら「合格を勝ち取りに行く」こと、それがすべてだということを教えていただいた気がします。

 息子は、名進研での貴重な経験を通して、精神的に本当に大きく成長しました。壁にぶつかっても、ぶれることなく目標に対して一心に向かっていき、努力することを怠らず続けて行けば、結果はついてくるのだ、という自信をもつことができた受験になりました。
 すべて名進研の先生方のお蔭だと思っています。息子は名進研のテキスト以外の勉強は全くしていません。親子とも最後まで名進研を信じ、やり切った結果、「勝ち取った」合格だったと思っています。
 これまでお世話になった先生方、心から感謝しております。ありがとうございました。

フルスイング

 Hi‼南山中学校女子部に通う者です。
 この前まで、先輩方の合格体験記を読んでいて、今はこれを書いているのが夢のようです。そして私は、合格体験記に載っていたことを参考に受験勉強をしていたので今から書くことはほかにも載っていることばかりかもしれませんが、これで私は南山中学校女子部に合格したので、ぜひ最後まで読んでくださいネ‼

〈どの教科においても〉
 ノートはマジできれいにしておいた方がいいです。ノートをめちゃめちゃに使うと成績下がります。これは、私の実体験の話です。本当にそうです。そして先生が言ったことまでちゃんとメモしましょう。

〈テストゼミ〉
 私は、テストゼミの為の勉強をあまりやりませんでしたが、これはやっておいた方がいいです。今思えばこれは私にとって相当な力になっていました。先生に言われたことだけをやれば、これはいいと思います。

〈トップレベル講座EX〉
 受講した方が有利です。私の成績が上がったのはこの講座のおかげも大きいと思います。ものすごく面白いです。そして、解けなかった問題が解けるようになった時の達成感、半端なく気持ちいいです。私は、あの感覚が味わいたくて復習していました。

〈入試が近くなってきている人へ〉
 今が一番つらいですか?私は、入試が近づいてきて緊張しているより、早く受験勉強を終わらせたいという気持ちの方が強かったです。いや、早く終われーという気持ちが90%を占めていました。
 同じ気持ちの人はきっといると思います。でも私は、今こう感じています。
 もし私が南山中学校女子部に受からなかったら今こんな楽しい生活はおくれてないのではないかって。きっとそうです。絶対そうです。楽しい生活を信じて頑張ってください。今からもう緊張しちゃっている人、大丈夫‼最後のプレ中学入試の偏差値が52でも、合格できます⁈⁈⁈⁈

〈最後に〉
 なぜ私がタイトルをフルスイングにしたかというとつらい時に私を支えた歌だからです。
 NEWSというグループが歌っていて、本当にいい歌です。一度聞いてみてください。そして、この歌のように何度でも何度でも賽を振ってフルスイングで入試に臨んでください。

入試直前で変わるんだ

 僕は第一志望の滝中学校に合格しました。
 「勉強が出来るんだ」と思う人もいるかもしれませんが、僕の偏差値は52ぐらいでしたし、滝中学校の一週間前にあった名古屋中学校の入試に落ちました。
 その僕がなぜ滝中学校に合格できたと思いますか?それでは説明していきたいと思います。

(1)ケアレスミスをしない
 ケアレスミスをしなければ、合格がぐっと近くなります。だから、日ごろから集中する練習をしてください。

(2)絶対にあきらめない
 むずかしい問題も基本問題の組み合わせです。基本問題は解けます。試験はあきらめたらそこで終わりです。それは本当ですよ。始めからやる気がなかったら出来ないことと同じです。だから絶対にあきらめないでください。

(3)直前の一週間が合否のわかれ道
 合格者と不合格者との平均点の差は30点くらいです。だから、直前は暗記科目が大切です。社会などの暗記は、一年前に覚えたことは忘れていますが、一日前のことはせん明に覚えています。でも、最初から全部直前にすればいいと誤解しないでくださいね。

(4)試験が終わるまでは遊びのことを考えない
 最後の入試は、どうしても、終わった後の楽しいことを考えてしまいます。でもそこで考えてしまったら気が抜けて問題に集中できなくなります。だから、本当に考えてはいけません。
 みなさんは、だいたい、滝中が最後の人が多いと思います。滝中はねばり強くがんばれば解答できます。なので、最後の入試でも最後の一秒までがんばってくださいね。

(5)最後に
 試験は必ず合格できるぐらいの能力を持っていても落ちることがありますし、逆に合格できるのか心配な人でも合格します。今言ったことを気をつければ合格けん内です。
 あきらめないでくださいね。

書いて書いて書きまくって

 みなさん、こんにちは。私は愛知淑徳中学校に通う元名進研受験生です。今勉強をがんばっているであろう皆さんにアドバイスをします。よかったら参考にしてね。

~国語~
 漢字とサーパスはしっかり覚えた方がいいです。記述は、だ~っと書いて字数に合わせてました。私は本が好きなので、ゼミで物語文がでるのが楽しみでした。

~算数~
 計算と公式は絶対に力を入れましょう。問題をときまくる‼のも大事だよ。

~理科~
 書いたり、マーカーで色をつけたりして覚えてました。色のつけすぎは逆にみにくくなる(目がチカチカする)ので気をつけましょう。

~社会~
 書いて書いて書きまくって覚えるしかないと思います。年号は絶対に覚えた方がいいですよ。年号プリントが私には配られました。

 正月特訓教室…食事がおいしい。しかもその時だけ友達と話せます。友達といっしょに(食事の時)なりたいなら近くにいた方がいいです。修了証が最後にもらえますよ。けっこう楽しかったよ‼
 最後に、読んでくれてありがとうございました。受験生のみなさんテストは悪夢のような感じかもしれませんが、がんばってください‼
 愛知淑徳で待っています‼

国語を大切に。

 新聞折り込み広告をきっかけに四年生から三年間名進研にお世話になりました。
 受験が終わって振り返ってみると、私にとってはとてもかけがえのない学びの時間と、息子にじっくり係われる時間をいただけたという感謝の気持ちで満たされています。
 三年前に名古屋市に引っ越してきて、主人が「僕の母校に通ってほしいな」と言ったことから、我が子の中学受験が始まりました。

 子どもが生まれてから、親子で野山を駆け回ったり、自然に戯れる時間に重きをおき、教育ママとは程遠かった私です。そんな私が月に数日しか休みのない主人に代わって、名古屋のどこにどんな私立中学校があるのかを知ることから始まり、保護者会や個人面談で様々な情報をいただき先生方にご指導いただきながら息子と二人三脚で三年間過ごしてきました。
 そして息子はというと、周囲の受験生と比べるとあまりにも幼過ぎて、私立中学校に入学するために受験勉強するという意欲はなかなか芽生えず、かといって、受験勉強をやめたいというわけでもなく、のんびりとした歩みでした。そんな彼が私と一緒に行った名古屋中学校の学校説明会で、「ここにきたい」とポツリと言ったときにやっと、自ら前向きになったようです。主人の母校ではないのですが、息子自身の思いを大切にしたいという気持ちは私たち夫婦に共通していましたので、主人の思いと、息子の思いとどちらも大事にしました。

 学習面については、わからないことは保護者が教えるよりも、できる限り先生に尋ねるようにと、先生から教えていただきましたので、スケジュール管理や生活のサポートに徹していました。ところが、六年生になってから国語が足を引っ張り、他の教科にも悪影響があったため、夏休みに、夏期講習の合間をぬって、息子と一緒に文章読解を中心とした中学受験国語を学習し、過去問の学習にもつなげていきました(先生、首を突っ込んでしまってすみません)。しかしこれが結果的に、息子にとっても私にとっても効果を発揮し、二人とも国語が好きになるという思いがけないプレゼントとなりました。後から思うと、これは低学年のうちから家庭学習ですべきだったことを私が怠っていたのだと確信しています。
 夏期講習で息子の学力が少しずつ定着するとともに、国語の読解力も少しずつですが上がっていきました。遅まきながら国語はすべての基本ということを実感しました。
 この学習効果がテストの点となって表れたのは受験直前のことでしたので、それまでなかなか点数の上がらないことに息子よりも私がやきもきすることもありましたが、待つという忍耐力もつきました。子育ての中で「待つ」ということが私の大の苦手分野なのです。

 主人の母校には届かず、残念な思いをさせてしまいましたが、息子自身が行きたいと言っていた名古屋中学校に合格でき、私と息子は大満足しています。そんな私たちの姿をみてきっと主人も納得してくれています。
 まだ十二歳の子供、されど十二歳。あっというまの時間ですね。大きな木になるための根っこをまだまだ伸ばす時期です。目には見えなくとも丈夫な根っこを育てつつ、私も息子と共に風にゆらゆら揺られながら、成長していこうと思います。

 受験勉強が終わった今、遊ぶ時間、学習の時間をメリハリつけて過ごすことができています。
 名進研で教えていただいた学習習慣がわが子にとって、私にとって、そして、娘たちにもしっかりと定着しています。
 六年生のプレ中学入試の時の保護者会では、松元先生と、各教科の先生のお話に励まされ、親としてどんなサポートをしていったらいいのかとか、今後のスケジュールなども詳しく教えていただけましたし、大変助かりました。
 三年間、所属校の先生方をはじめ、たくさんの先生方にお世話になり、大変感謝しております。

息ぬきと気持ちを大切に

 みなさん、こんにちは。僕は滝中学校に通っています。僕がこの中学校に決めたのは親のすすめや自分の夢に近づけてくれそうな中学校だったからです。さて、こんな僕の生活の事や学習面についてアドバイスなどをしていきたいと思います。

 まず、生活についてです。僕は名進研(月・木以外)と水泳(月)をやっており、空いている日は木曜日だけで名進研との両立が大変でした。でも、家族が「木曜日くらい息ぬきしなさい。」と遊ぶ事を許し、勉強を支えてくれたので僕は遊ぶかわりに勉強をよりがんばろうという気持ちや、暗記単元を手伝っていつも支えてくれる家族に合格を見せたいという思いがわいて、より勉強をがんばることができました。

 次に学習についてです。
 国語…とても苦手でした。苦手な人は漢字と言語はしっかり解けるように、意味や解き方までしっかり理解しましょう。文章題は条件チェックをしてから取り組んでください。
 算数…とても得意でした。いくら得意な人でも計算問題は落とさないように見直してください。また、「たこすもち」は大切です。そして、解き直しは何度もやってください。
 理科…ふつうでした。暗記は覚えられるまで取り組んでください。計算問題はミスをなくしてパターンをつかみましょう。
 社会…得意でした。年号や関連しているものは、連想ゲームのようにつなげながら覚えていってください。そうすると時代や人物のうつりかわりがしっかり理解しながら楽しく覚えられます。
 テストについては悪くても落ちこまずに、次がんばろうという気持ちやこの間違いが入試じゃなくて良かった。解き直そう。というプラスの気持ちを持ってください。

 最後に僕が伝えたかったことをいくつか伝えます。まず、息ぬきはしっかりしてください。勉強ばかりではつかれてしまいます。
 次にプラスの気持ちを持つことです。思う気持ちが強ければ、必ずその通りになります。また、入試直前は早く寝て次の日のために体調をしっかり整えたり、入試前はカイロで指を温めておいてください。

 今まで支えていただいてくれた名進研の先生方、本当にありがとうございました。

楽しく乗りこえて

 みなさんこんにちは‼わたしは金城学院中学校に通う者です‼

☆算数☆
 わたしは一番苦手です…でも公式をおぼえてくり返し問題をといていってください。そうすれば成績も上がりますよ‼

☆国語☆
 漢字テキストやサーパスをしっかりやってください。金城を受験する予定がある人は詩・短歌・俳句も勉強した方がいいですよ‼

☆理科☆
 植物など覚えるところは表にまとめたりした方が分かりやすくていいですよ。水溶液やばねなどの計算問題は分からなくなったらすぐ先生やチューターに聞いてください。とても分かりやすく説明してくれますよ。

☆社会☆
 とにかく年号を覚えてください‼語呂合わせにすると覚えやすいです

❀テストゼミ❀
 わたしは六年生から入りました。毎週朝早くてつらかったけれど、テストゼミを始めてからけっこう成績が上がりました

❀正月特訓教室❀
 一人部屋で本当に不安になりました。だけど精神力がとてもきたえられて入試の時とても自信になりますよ‼

●最後に●
 勉強はとても大変になってきます。そんな時は色んな学校のオープンキャンパスや文化祭に行くとちょっとした息抜きにもなっていいと思います。わたしは勉強は嫌いだったけど、塾へ行くことは嫌ではありませんでした。

 皆仲が良い方だったと思います。そんな友達と一緒に同じ中学校へ通えると思うと、とても楽しみです。だからこそつらい今を乗りこえてください。良い事が待っていますよ。入試の日はやっぱり「気持ち」が大切です。「絶対受かる」と思ってがんばってください。