皆さんこんにちは。愛知中学校に特奨で受かった者です。では、さっそくどうやって合格を勝ちとったか、書いていきます。

一、私立受験の動機
 自分の好きなことをのびのびとやりたかったので受験を決めました。

二、受験勉強中の生活
 小学校はほとんど真面目に授業を受けていませんでした(笑)。その間に自作の問題を解いたり、暗記事項を復習したりしていました。

三、学習について
 ①算数←一番不安だったやつ
  成績が一番伸び悩んでいました(泣)。得意不得意で分かれるので、勉強は怠らないのがベストです。
 ②国語←大得意でした☆
  文法や漢字は覚えて、文章題は慣れていくしかないと思います。後回しにしがちなので、あえて最初にやっておくといいですよ。
 ③理科←普通かな
  きれいに右肩下がりとなった教科。理由は中和。化学はやっておいた方がいいです。僕みたいにならないようにね。
 ④社会←嫌いだったけど好きになった
  一番単調な作業をくり返していく教科です。常日ごろから意識しておくと覚えやすいですよ。

四、直前アドバイス
 あまり緊張しないことです。緊張すると普段の実力が出せなくなってしまいます。緊張しないということは難しいですが、心をリラックスさせてがんばってください。

五、最後に
 勉強、とても辛いと思います。努力というものは、中途半端なものでは報われません。今できることをすべてやりきって、合格を勝ち取ってください。応援しています。

 みなさんこんにちは。ぼくは四年生の夏期講習から名進研に通い始め、無事、愛知中学校、名古屋中学校(スカラー)、東海中学校、滝中学校に全勝し、夢だった東海中学校に通う者です。これから僕の勉強法を教えます。

 《生活》
 友だちと遊べないのはキツイですが、いい点を取った時は最高です。みなさんもがんばってください。

 《学習》
~国語~(得意 ≧▽≦)
 漢字・サーパスは完ペキに。文章題は筆者の主張、登場人物の心情に必ず線引き‼
~算数~(普通 -_-)
 一度間違えたものは必ず直しをして、理解すること。計算問題は完ペキに。
~理科~(暗記……ふつう -_- 計算……得意 ≧▽≦)
 暗記単元は暗記マーカーで。計算単元は「解き方」を意識してやっていくこと。
~社会~(大得意 ≧▽≦ ≧▽≦ ≧▽≦)
 地理は、地図帳と仲良くなる、また、歴史は歴史本と仲良くなるといいことある。学校の教科書とも仲良くなれば、もはや最強です。

 《その他》
 テストの点が悪いときは必ず原因をつきとめてください。そうすれば自分の欠点が分かって次に備えられます。

 《最後》
 もっと書きたいぐらいですが一番言いたいことを言います。それは、題の通り努力は絶対裏切らないということです。僕は今までこのことを信じてがんばってきました。みなさんもがんばってください。
 最後に、所属校の先生方、ゼミや講習でお世話になった先生方、お父さん、お母さん、僕を支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 中学受験、振り返ってみると最後の一年は、息子のモチベーションを上げるのに四苦八苦しました。最後まで「ニンジンぶら下げ作戦」を使いましたが、果たしてこれでよかったのか……未だ模索中です。一つだけ言えるのは褒める内容、タイミング、褒め方をもう少しうまくできていたら、息子のやる気に繋がっただろうと思うと、母親として反省しています。

 息子の中学受験を決めたのは、本人ではなく私たち夫婦でした。父母、従兄妹が私立中学へ進んでおり、息子が小四になると当たり前のように中学受験を促しました。幸いにして親友が中学受験をすることもあり、すんなりその環境に入ることができました。親友の存在はとても大きかったし、感謝しています。

 親がやらせた割には、私自身が自由人ということもあり、小四時代はほったらかしのスタンスでした。名進研以外の習い事をいろいろしていたので、四年生のうちは「習い事中心」に考えていました。五年生になって習い事の都合でテストゼミは取らず、トップレベル講座EXのみにしました。EXでは好成績でしたが、実力テストの成績が二学期以降徐々に下降し、これはまずい‼とこの頃初めてメスを入れました。息子の学習に目を向け始め、不意打ちで彼の部屋を開けると……テキストの間から出てくる出てくるiPadやら漫画やらお絵描きやら……(-_-;)

 考えてみれば、本人の意志が弱く、親の監視もないとなれば、誘惑物に手を出すのは小五男子なら当たり前ですよね。以後は、リビング学習に切り替え、私は宿題を確認するようにしました。習い事を整理し、体力維持のためのスイミング以外は辞めました。最初の頃は、私も息子もリビング学習に慣れず、監視する側とされる側双方がストレスを抱えていましたが、六年生の五月頃から徐々にその環境にも慣れ、軌道に乗り始めてきました。息子を観察していると、短時間しか集中できないタイプであることが分かり、短時間でいかに成果を出すかを考えるため、記憶術やらその手の本を読み漁りました。
 また、集中力を上げるために、息子の場合、ご褒美が不可欠でした。ゲームや動画は続きが気になって学習に身が入らない様子だったので、十一月頃から漫画へシフトしました。他にもレゴ、推理小説、ルービックキューブなど、勉強の合間に何度も休憩を入れて、学習の持続を計りました。

 最後の一か月、息子はメンタル面の弱さから体調を崩してしまい、私もその姿を見て不安で泣いてしまったことがありました。本命校まで残り二週間、どうやったら立て直せるのか、母親が泣いている場合じゃない‼と気持ちを切り替え、腹をくくりました。学習時間を減らし、睡眠に充てました。ご飯は眠くなるからと腹八分目の量にしていましたが、おなか一杯食べさせ、眠たくなったら寝かせました。学習時間が減った分、起きている時間の学習プランニングに最大限の労力を費やしました。結局九時間の睡眠と大盛りご飯で体調は回復に向かい、ラスト二校の本命校では、万全の体調で臨めたようです。直前期は親の方も何かと焦り、不眠・不安・恐怖に襲われますが、色々と腹をくくって割り切ることも大事だと思いました。

 最後になりますが、先生方には、何度も電話で相談にのっていただきました。中々スイッチが入らない息子に疲れ果てる私を励ましてくださり、私がくじけないようにサポートしてもらったように思います。本当にありがとうございました。
 迷ったとき、息詰まったとき、合格体験記から他のご家庭の様子を知ることができ、共感したりほっとしたり、精神的に助けられました。アドバイス的なことは何もできませんが、体験記を書くことで、少しでもお役に立てればとパソコンに向かった次第です。うちのようにわが子にやる気スイッチが入らなくても、親のサポートは最後まであきらめないで。母親は忍耐力勝負です。プランAがだめなら、プランBで行きましょう‼
 皆様の合格をお祈りしています。

努力が報われるまで

M.K.さん

 こんにちは‼
 愛知中学校(特奨)、愛知淑徳中学校、南山中学校女子部、滝中学校に合格し、南山中学校女子部に通う幸せな者です。これから、私なりのアドバイスを紹介します。

〈国語〉 めっちゃ得意でした‼
 私は、物語文は好きでしたが、説明文は嫌いでした。でも嫌いなりにチャレンジし、慣れようと頑張りました。文章の線引きは、必ずした方がいいと思います‼

〈算数〉 ちょっと苦手……?
 やっぱり、公式や基本はおさえておいた方がいいと思います。1の問題は公式や基本が出されることが多々あります。そういったところで点を落とすのは、めちゃくちゃ痛いです(泣)。計算ミスは日ごろから、計算問題を一日一問だけでもいいので解くと、自然になくなります。あと見直しは絶対です‼

〈理科〉 超超苦手でした。
 私は特に、暗記単元が苦手でした。ほとんど暗記単元なんですけどね(笑)。私はそういうとき、苦手ノートというものをつくっていました。いつでも見られるように身近においておきました。

〈社会〉 普通かな?
 歴史は単語だけを覚えるのではなく、他のことと関連づけて覚えるとよいと思います。年号は確実にしておこう‼

〈直前になったら〉
 私は、最後のプレ中学入試で、一番悪い成績を残してしまいました。でも落ち込まず、今、間違いに気づけてよかったと楽観的にとらえました。前日は、名進研から帰ったら、お風呂に入って早めに寝た方がいいと思います。

〈当日〉
 私は不幸なことにお腹がいたくなってしまいました。そういうときは、無理にテキストを見ようとせず、トイレにこもって、心を落ち着かせた方がいいです。また放課は、疲れた頭を休ませるために、テキストもほどほどにして、遠くを見たり、景色を見たりしてください。あと、トイレと水分は絶対に‼

☆最後に
 みなさん、今は本当に大変だと思います。でも、頑張った後には、素晴らしい未来がまっています。ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。私は、心から、みなさんが合格することを願っています。

 私が受験する前、六年生に入ったころ、成績が伸びなくて困っていたとき、誰にも頼れなくて一人でかかえこんでいました。そして、母とけんかになってしまい、三週間近く名進研を休んでしまいました。二週間目に、社会の先生が電話をかけてくださり、おいでと言われました。でも、行く気にならなくて休んでいました。だけど、その社会の先生は、休んでいた分の補習をいれてくださいました。そのおかげで困っていた成績も上がり、名進研に行くことができました。そのときから、私はだらけながらではありましたが、しっかり勉強するようになりました。
 私の勉強方法はいろいろ種類はありますが、各教科ごとに紹介します。

〈国語〉
 私は国語が得意だったので、漢字や言語事項をしっかりやっていました。文章問題を解くコツとして、ぬきだし問題は、周りを見て、なかったら遠くを見たらいいです。記述はぼう線の近くを見て使える部分を探して書くといいです。これは私がやっていたものなので、あまりあてにしない方がいいですが(笑)。

〈算数〉
 苦手な単元を中心にまちがい直しをした方がいいです。

〈理科〉
 学校によっては基本を使っているけど、初見の問題もあります。基本は絶対にやった方が良いです。

〈社会〉
 第一に、基本を必ずおさえることが大事です。そこから難しい単語を覚えていくとテストの点につながります。
 私はテスト前の志望校別判定で結果が悪くショックをうけて、本気ですごく勉強しました。
 入試前日は、とりあえず社会の暗記事項を確認して早く寝た方がよいです。次の日に眠気で頭が働かなくなってしまうと困るからです。社会はさっとできるし、確認もしやすいのでオススメです‼

 当日は、甘めのお菓子をもっていくといいと思います。休けいのときに食べられる学校も多いし、頭を使ったときお腹がすくので、あるとすごく便利です。
 合格したとき、私はもう飛び上がるほどうれしくて、家族みんなで喜びました‼
 今はすごく大変だろうけど、これからも頑張って絶対合格を勝ち取ってください‼

 みなさんこんにちは。私は大成中学校、金城学院中学校、愛知淑徳中学校すべての学校から合格をいただき、第一志望校の愛知淑徳中学校に通う者です‼さっそく私の勉強法を教えます‼

〈国語〉苦手……
 ・言語と漢字はカンペキに‼直しをしっかりやろう。
 ・文章題の条件チェックは必ず‼クセになるくらいやろう(私は学校のテストでもやっていました)。

〈算数〉メッチャ好き‼
 ・計算トレーニングは時間を計ってやったほうがいいです‼
 ・愛知淑徳中、金城学院中の受験生は記述問題も練習したほうがいいです‼(先生がプリントをくれました。)

〈社会〉まあ好き……かな……
 ・社会の暗記が弱い人は休み時間に教科書を読むといいです‼
 ・漢字ミスは注意してください。

〈理科〉計算は得意‼暗記は……
 ・花のつくりや人体の図はノートに大きく、名前は色ペンを使うと覚えやすいです。
 ・計算問題はとにかく問題を解いて、解き方を覚えましょう‼

〈集中の仕方〉
 ノートのすみにわかりやすく「やれ」と書いてふきだしを書く。個人差はあると思いますが、先生や親に言われている感覚になるのでオススメです‼

〈講座〉
 テストゼミと志望校別特訓講座は受けた方がいいです‼正月特訓教室は家でダラダラしちゃう人にオススメです‼(私は名進研に入ったときから正月特訓教室に行きたい‼と思っていたので行きました。)

〈最後に〉
 今は勉強が難しくてイヤになってしまうときもあるかもしれません。でも今がんばれば悔いのない受験ができると思います。「受験が終われば楽しいことがある‼」と思いながら、これからも勉強をがんばってください。
 そして、所属校の先生、チューターの先生、ターミナル校の先生、最後まで応援してくれた家族、本当に感謝しています。
 受験生のみなさんも感謝の気持ちを忘れず、志望校合格を目指してがんばってください。
 愛知淑徳中から応援しています‼

興味を引き出し、合格へ

 我が家が中学受験を決めたのは、息子が小学一年生のときでした。きっかけは中日新聞に紹介された「下剋上受験」を読んだことでした。もともと息子はスポーツは苦手でしたが、知能に関してはセンスがあると感じていました(親バカです…)。そして、何より自分の気が向いたことしかやらないという性格が、私立に合うと思ったからです。そこで一番初めに中学受験塾をスマホで検索すると、名進研が最初に出てきたのです。それも自宅のすぐ近くに教室があるではないですか。すぐにその教室を訪ね、受験までに合計いくらかかるか計算しました(お金は大事です。凄い金額でしたが)。でも子供のためだったら、親は何でもできるものです。受験を決めてから毎日自分で弁当を作って持っていくようになり、飲み会の半分を断るようになりました。

 さてさてそうして小学三年の三月から息子は名進研にお世話になることになりました。入会当初の息子は、とにかく先生の話が面白くてしょうがなく、自宅で学校の授業の話は一切しないくせに、名進研での先生の話は止まりませんでした。体調がすぐれなくて学校を休んだ日も名進研には行きたいと言って足を運んだほどでした。息子の勉強に対する興味を引き出してくれた先生方には物凄く感謝しています。うちはスタートで成功したと思いました。復習を大事にする名進研のやり方も合ったと思います。テキストは図や写真も多くて、子供にとっては分かりやすいものでしたし。

 五年生になってからテストゼミなどが始まり、その結果に一喜一憂した時期もありましたが、今考えると、当時のテストの結果よりも大事なことは、その中身でした。どこが理解できていないのか?どこでつまづいているのか、分かってあげることが親の役目だと思います。

 六年生になるときにJSPというクラスを紹介され、通塾時間等や今までお世話になった先生方のことを思うと迷いましたが、高いレベルで切磋琢磨させたいとの思いから、名駅校のJSPへ行かせることに決めました。当初は体力的に大変でしたので、宿題よりもとにかく睡眠時間を確保し、息子の心と寄り添うことを第一にしました。
 夏期講習以降はあっという間に時間が過ぎた気がします。時に親の焦りで声を荒げたこともありましたが、子供は名進研の先生に導かれ着々と成長していました。

 夏期講習以降、不安にある親御さんは早めに先生との面談をされることをお勧めします。うちは十一月頃になって面談を申し込みましたが、もっと早くやるべきだったと思っています。子供の苦手なところや今やるべきところを一番わかってくれているのは名進研の先生です。そこでの指摘事項は物凄く的確で信頼できるものでした。
 最後に、うちは先生方のおかげで何とか第一志望に合格できましたが、第一志望の学校を含めて、とにかく子供と一緒に実際に受験する学校へ何度も足を運ぶことが重要だと思います。ネット情報だけではわからないものが現場には絶対あります。どこの私立中学も素晴らしい教育を目指していますが、子供に合う合わないは、子供に実際にその空気感を感じさせることが一番だと思います。

今、がんばろう

早稲田中学校合格S.I.さん

 こんにちは。西大和学園中学校(東海会場)、名古屋中学校(スカラー)、東海中学校、早稲田中学校に合格して、早稲田中学校に通う者です。勉強方法について紹介してみようと思います。

〈国語〉(好きです)
 ・漢字やサーパスは、しっかりやっておくと、得点源&文章読解にも役立つと思います。
 ・線引きは、表現の工夫を意識して、印をつけたり、メモしたりすると良いと思います。
 ・たくさんの文章を読むと、慣れてくるので、いろいろな問題を解くのをオススメします。

〈算数〉(苦手でした)
 ・好きな単元は、応用系の問題を解き、苦手な単元は、基本的な問題を完璧にしておけば良いと思います。

〈社会〉(得意だと思っています)
・暗記は、チェックマーカーを使うと良いと思います。特に漢字は、分解して覚えたり、たくさん書いて覚えたりして、しっかり覚えてください。

〈理科〉(普通かな?)
 ・暗記は社会と同じです。
 ・計算は、比をみつけてください。表やグラフから変化や基準を読み取ると良いです。

〈直前期〉
 直前期は、「こういう所がでるかもな……」とか、受験校の傾向をみたりして、「合格」するためにがんばってください。僕は学校に休まず行っていました。楽しいですよ😆。

〈その他〉
 ・テストゼミや志望校別特訓講座は、受講して良かったと思いました。
 ・自習室は集中できるので、オススメです。

〈最後に〉
 どれだけがんばっても不安なときがあると思います。でも、その努力は必ず報われます。どの中学校に行っても悔いのないように、今、がんばってください。お世話になった先生方、家族、仲間、本当にありがとうございました。

諦めない努力

名古屋女子大学中学校合格A.T.さん

 みなさん、こんにちは!私は名古屋女子大学中学校に通うものです。私のアドバイスが役に立つかは分かりませんが、参考にしてくれたら嬉しいです。読んでみてください。

☆算数☆→すごい苦手😢
 ・④―1の基本、標準(できればA問題)。
 ・分からない所はすぐ先生に質問する。
 ・プレ中、テストゼミの直しをやること!
 ・計算は毎朝しっかりとする。
 これをクリアすると絶対に成績は上がります。

☆国語☆→大好き♥
 ・問題文の読む力をきわめる。
 ・サーパス、漢字はやること!
 ・条件チェックをしっかりする。
 ・内容を必ず頭に入れる。
 この勉強法をしたら必ず国語で点がたくさん取ることができます!

☆理科☆→普通か?
 ・分からない問題があったら先生に質問してもう一回解く。
 ・覚える単元の問題は暗記ペンを使い、何回も覚える。
 ・計算問題はずっと式を覚えて何回も解くしかない!
 問題をひたすら解いていけば理科は頑張れると思います☆

☆社会☆→得意な単元がある
 ・とにかく年号は覚えることが大切だよ!
 ・暗記をする。
 ・過去問をたくさん解く!

〈その他〉
 ・テストゼミ……六年生では絶対に受けた方がいいです。
 ・正月特訓教室……家で勉強が集中できない方は絶対オススメです。勉強ばかりですけど解説がとっても分かりやすくて、本当に頭に入りますよ✌ご飯のときは友達と話してすごく楽しいです。そして友達もできました♡

〈最後に〉
 一番つらい時期だと思います。私も全然伸びてなくて、このままで合格するのか?と不安に思っていました。でも最後まで諦めず自習室で1時から勉強をしたりしていました。皆さんも絶対に諦めず頑張ってください!応援しています。合格いただきます!

 長男、次男に続き、三男も無事希望校に合格することができました。
 長男、次男のときには余裕がなく、合格体験記は読ませていただくだけでしたが、三人の息子がお世話になったお礼代わりに、そして親としては決して模範とはならないであろう私の経験を参考にしていただければと思い、筆をとらせていただきます。

 中学受験は未知の世界でしたが、これからは中高一貫の方がいいと言う夫の強い勧めで、「中学受験なら名進研だろう」と、入会したのが、長男が小三の三月のことでした。
 塾に行くという意味がよくわかっていないまま行かされている、という意識であったために、最初の一年くらいは通塾を嫌がり、なだめては車に乗せて名進研に送るということがよくありました。家では小学校低学年の次男、まだ保育園児の三男がいます。どうして自分だけ勉強するのだろうと思って当然だったと思います(親としてもこの頃が一番堪えどころでした。名進研まで車で往復30分弱、幼い次男三男を家に残すことはできず、彼らを車に乗せての長男の送迎は本当に大変でした)。
 身が入らないために成績も芳しくなく、このままやめてしまおうかと、何度も悩みました。ですが、今は成績よりも勉強する姿勢づくりができればいい、とすべてを求めず、通塾することに重きを置き、あとは先生にお任せしました。そのうちに友達もでき、自習室に通うようになり、名進研が楽しくなったようです。
 名進研と並行して、野球をやっていました。どちらもやめたくない、しかし一番の目的は中学受験なので、優先順位をはっきりとつけることでバランスを取りました。土日、野球をやりますが、名進研があるときはそちら優先。そのために午前中テストを受け、そのあとすぐに車の中でユニフォームに着替えて野球に行くということを毎週のように繰り返しました。
 長男は、滝中学校で野球がしたい、という強い気持ちが通じて、念願の滝中学校に合格しました。

 無事長男の受験が終わったのも束の間、次男が「お兄ちゃんのように滝中学校に行きたい。」と、自ら希望して小四の三月から名進研に通うようになりました。
 野球と両立しながらでしたが、自分からやりたいと言い出しただけあり、五年生という中学受験をするには遅いスタートだったのですが、弱音を吐くことはありませんでした。ただ、人見知りの傾向があり、名進研の仲間とコミュニケーションをとったり、先生に気軽に質問したりすることが得意ではなかったようです。自習室にも最初はあまり進んでいくことはなかったのですが、家で勉強するスタイルもありだろうと、勉強する場所については本人に任せました。

 次男が六年生になるとき、四年生になる三男が、待ちわびたように入会しました。三男は最初から何の疑問もなく自習室に行きました。親が勧めたわけではありませんが、居心地のいい環境だと思えたのでしょう。送迎はなるべく二人一緒にとしているうちに、次男も自習室に行くようになりました。
 次男は、六年生になってから次第に成績が伸びてきました。テストゼミにこだわって毎週各単元をしっかりとこなしていくうちに、自然にプレ中学入試の結果も良くなっていきました。
 滝中学校を目指していたのですが、東海中学校からも合格をいただきました。両校ともあまりにも魅力ある学校のために進学先は悩みましたが、独り立ちの願いを込めて東海中学校を選びました。

 三男は、彼の希望により最初のうちはテストの前日に、口頭で問題を出してテスト対策をしていました。これが楽しんで勉強できたように思います。六年生になり、自分のペースで勉強した方が効果的と判断するまで続きましたが、受験が辛いことばかりではなく、私も楽しめたひと時でした。
 五年生からはトップレベル講座EXの資格をいただきましたが、野球との両立を考え受講しないことにしました。受講するかどうか先生に相談したときに、「自分のペースでうまく勉強できているなら無理に受けなくてもいいですよ。」と言ってくださり、無理強いされなかったことに信頼関係があると感じました。結局六年生の後期だけは受講しましたが、それで良かったと思っています。毎日の授業が終わったときに自分で納得できなかったことは、先生に質問をしていました。各教科の先生方には、とことん付き合っていただき感謝しております。何よりも分からないことをそのままにしないという姿勢を続けたことが、受験の間際にでも精神的に余裕が持てたのではないかと思います。
 目標であった東海中学校は合格、そして滝中学校(特待)、名古屋中学校(スカラー)、鶯谷中学校(特待)と併願校すべてにおまけが付きました。

 親としては、つきっきりで支えたというほどではありませんでした。送迎、お弁当作りがメインで、あとは過度にならない程度の励ましです。
 保護者会は、子どものためというよりは親の理解のために必要と思いました。名進研の保護者会は本当によくできています。私は中学受験に関する知識が不足していたため、保護者会に足を運ぶことはためになりました。
 学習面で関わったのは、受験直前に今までのテストで間違えたところを抜き出して、その子専用の問題集を作ったことくらいです。
 あとは体調管理。次男は受験期にインフルエンザにかかってしまい、責任を感じました。三人とも野球チームに所属しながらの受験でしたが、塾しか通わないという状態よりも良かったと思います。時間の使い方には苦慮しましたが、行き詰まることは少なかったし、受験直前の気持ちの切り替えができたと感じます。

 息子三人の中学受験を終え、親子共々成長したと実感しています。小学生というまだまだ遊びたい時期にこんなにも通塾が必要なのか?眠い、疲れた、と感じるまで勉強しなければいけないものなのか?疑問に思うことは一度や二度ではありませんでした。
 しかし、頑張って本当に良かったと思います。長男が滝中の受験を終え、玄関から出てきたときのとても晴れやかな笑顔、次男が受験を終えた日、「受験楽しかった、ありがとう。」と言われたこと、三男を受験に送り出すときに「じゃ、特待取ってくるね。」と言われたこと、すべて思い出し、成長した我が子を頼もしく思います。

 三者三様の我が子たち、それぞれに合わせて対応していただきました。今でも三人で、正月特訓教室で宿泊した時のこと、GW特訓や講習のことなど楽しく話をしています。最後になりましたが、所属校の先生方には、心から感謝の気持ちでいっぱいです。子どもと同じ方向を向いて、また時には向き合い歩んだ日々を忘れません。有難うございました。

 はじめまして。私は南山中学校女子部に通う者です。さっそく学習方法を紹介します!

〈国語〉
 ・漢字を毎日やる
 ・文章に長く線を引かない!(引きすぎると、どこが大切なの?ってなります)

〈算数〉
 ・計算を毎日やる
 ・過去問をたくさん解くといいと思います。
 ・条件をしっかりチェックする。

〈理科〉
 ・計算は基本を覚えておけば、だいたい解けます。
 ・学校の教科書を読みかえす(隅まで)。

〈社会〉
 ・年号はゴロ合わせで覚える。
 ・漢字でミスをしないように!

〈テストゼミ〉
 ・受けた方がいい。
 ・テストになれることができる。

〈入試直前〉
 ・早寝早起きがいいと思います。
 ・おそくまでやると、明日も眠くなります。

〈当日〉
 ・早めに起きて、計算、漢字などの頭の体操がオススメ。
 ・苦手なことをまとめるノートを作るといいかな?
☆ポイント
 緊張したら、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と思えば、本当に大丈夫です!

〈最後に〉
 今はとても辛いかもしれません。でも、絶対にあきらめないでください。終わったらとても楽しい生活が待っています。だから、がんばってください!

 こんにちは。僕は名進研に、四年生のころからほとんど毎日通っていました。
 僕が三年生のとき、数々の塾を体験してはやめ、体験してはやめを繰り返していたある日、母親の友達の近所の子が東海中学校に受かったと聞いてかっこいいと思いました。それが受験のきっかけです。
 男子はゲームかユーチューブを、勉強中消し去ってください。勉強が終わったら歴史まんがか、ニュースがわかるを読みましょう。ゲームは週一回におさえてください。あと、テストの前の日のご飯は少なくしましょう。テストで寝ますよ。
 次からは重要な勉強についてです。

〈算数〉
 自分ではできる方だと思う。
 うそつきました。無理です。できまへん。東海に受かったのは、多分基礎を固めて時間があれば発展や練習の難しいやつを何度も解いたからだと思います。

〈国語〉
 無理です。できません。
 記号?漢字?書きましょう「勘」は大切。記述は何かをてきとーに書けばあたるそう。信じて書いてください「勘」です。

〈社会〉
 地図帳と友達になれば地理はできます。歴史は流れを覚えればよいのでーす。

〈理科〉
 四年生で基礎固めして、一時期できなかったけど、だいじょーぶ。
 てこをやりましょう。電気をやりましょう。植物を動物をやりましょう。人体をやりましょう。月をやりましょう。

〈テストゼミ〉
 六年生後期まで入試のためじゃなくて、ゼミのために勉強をしていたようなものでした。

〈トップレベル講座EX〉
 五年生は資格あるなら行きましょう。六年生後期はターミナル校所属か、その近くに住んでいる方以外には、おすすめできません。なぜなら移動時間がかかるからです。

〈最後〉
 自分が受験で大切にしたことは「できないものはその日のうちに解決する」です。ドシドシ質問をしていました。
 支えてくれた人に感謝しています。

僕の勉強方法

東海中学校合格T.K.さん

 こんにちは。僕は東海中学校に通っています。早速、僕の勉強方法について書いていきたいと思います。参考程度に読んでみてください。

〈国語〉
 苦手な人は新聞(紙の方がオススメ)の一面だけでもささっと読んでみるといいです(社会の時事知識もかたまります!)。また、東海中の対策には語句もやっておくといいです(特に四字熟語、慣用句はよく出るので完璧に!)。また、得意な人は、算数の「推理と論理」をガリガリやってみるのもいいです(名古屋中の国語でなぞなぞみたいなヤツが毎年のように出ています)。

〈算数〉
 心に残った問題は、似たようなものを自分で作り、家族(年下は不可)の人にやってもらい、楽しく解説してみるのが効果的かなと思っています。また、S問題やA問題をテスト形式でやってみたりすると集中できていいです。求め方を書く欄もオリジナルで一つぐらい作っておくと楽しくていいと思います。

〈社会〉
 最初の方は、マーカーペンでチェックしてかくしてやってみると覚えやすいです。また、これまでの合格体験記を参考にさせていただいたところ、共感した点がありました。それは、④テキストを活用するといいということです。①②③を見るよりだんぜん④を見た方が効率がUPしていいと思います。また、歴史は流れをつかみましょう(巻末の年表などを使うと吉!)。地理は場所と合わせて語句を頭に入れましょう。公民はマーカーペンでチェックしまくって、ひたすら覚えましょう。時事は新聞を読むと、ラクに頭に入ります。

〈理科〉
 生物は東海中に出やすいので、マーカーペンを使って頭に入れましょう。物理は、てこと電流をおさえておけば、東海中はイケます。電流は豆電球何個分?と考えるとラクですよ。
 地学は特に、星、月、太陽をおさえるといいです。化学計算はスピードを少し上げておくと有利です。

〈テスト直し〉
 まず、全教科共通なのは、どこまで自分はできたのか、どうすればよかったのか、という二つのことを明確にすることが大切だということです。また、理科、社会は数時間(1~1.5時間)かけて調べまくりましょう。直しは楽しくやるともっと効果的なものになると思っています。

〈最後に〉
 自分を信じて、常にはげましていれば大丈夫です。必ず合格します(僕なんて東海中の算数がわからなくて試験中に泣いたのに受かったんですから)。
 がんばれ!受験生!
 先生方を信じて、一心不乱にやり通せば、第一志望校の合格率は100%にも200%にだってなります。一番受験をする上で大切なことは、「あきらめないこと」です。みなさんも「あきらめない心」というのを大切にして、がんばってください。

ブログ休止期間について

名進研ブログは2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)の間お休みです。
2021年1月4日(月)より更新を再開いたします。

PLUS ULTRA

金城学院中学校合格K.F.さん

 私は、金城学院中学校に通っています。ここでは、私のちょっとした勉強法をお伝えしようと思います。

 まずは国語。私は国語が四教科の中で一番得意だったのですが、やはり記述が少し苦手で……。
そこで私は、条件に合わせて、文中からそれっぽい場所を探して書いていました(笑)。でもこれが、意外といけちゃうんですよね(笑)。棒線部の周りから、なるべくヒントを見つけ、そこをほぼぬき出して自分の言葉でくっつけるって感じです(コピペ的な?)。あと金城学院中は短歌の作者についてや俳句についても聞かれるので、サーパス必須。絶対。

 次に算数。私はとてもと言って良いほど算数が苦手でした。五年生に入ってからどんどん成績が落ちて……。最低で6点を取ったことがありました。六年生の後期になり、メモ用ノートなるものを作り、先生が言っていた公式などを、ちょいちょい書くようになってからは、6点だったのが48点まで上がりました。書くことって大事ですね。

 次は理科。んー……。これはてこの単元が一番得意でした。そして植物や生物がとても苦手で、得意不得意の分かれる教科でした(笑)。これは入試までに克服したかと言われれば、そうではありませんでした(笑)。ですが、先生に教えてもらった学校別の理科の出やすい単元を元に、勉強していました。出やすい単元を重点的にやるのがオススメです。

 最後に社会。正直この教科に一番苦戦しました(汗)。とにかく授業中に先生が言っていた語呂合わせなどをメモ用ノートに書いたり、自分で勝手に語呂合わせを作ったりしていました。例えば、第二次世界大戦の西暦なら、私の好きな初音ミクちゃんをお借りして、「行く(19)ぞミク(39)!にじへ!」で一九三九年とか(笑)。とにかく先生の話をよく聞き、自分なりにまとめてみたりするのがオススメです。

 長くなりましたが最後に、今年受験する子、やはり結果は自分のがんばり次第だと思います。スタイルはどうあれ、自分に合った勉強法を見つけ、第一志望校合格目指して、がんばってください!!

 最後は私のすきなマンガのあの一言でしめたいと思います。

 PLUS ULTRA(プルスウルトラ)!!!

名進研とは

愛知県・岐阜県の中学受験・高校受験の進学塾です。受験生を応援するページを立ち上げました。このブログで卒業生たちの熱い応援メッセージを届けていきます。

カテゴリー

【中学受験】

【高校受験】

【お知らせ】