お電話によるお問い合わせ【名進研本部】

クロウナシゴウカク 0120-9674-59

【通話無料】<受付時間> 10:00~18:00(火~土曜日)

名進研将棋教室

世代を超えて楽しめる将棋を通して
子どもたちの様々な能力を引き出し、
伝統文化に関する深い見識を持ち、
礼儀を兼ね備えた人に育てます。

将棋を学ぶ~5つのメリット~

礼儀

日本古来の武芸事である剣道・柔道・華道・茶道のような「道」にまつわる習い事において、「礼に始まり礼に終わる」とされています。一般的には「道」をつけない相撲や日本舞踊、囲碁、もちろん将棋においても「道」と同じく「礼」を大切にしています。対局前から対局中、対局の終了まで、「礼」を意識する機会が数多くある将棋で、日常生活における「礼」の大切さも学ぶことが出来ます。また、将棋を通じて伝統文化にふれ、日本文化の理解を深めることも、礼儀作法の習得に大きく寄与しています。

集中力

将棋の公式な対局では持ち時間と呼ばれる対局に使用できる時間が定められています。対局によって様々な長さが決められていますが、アマチュアの大会では10分~30分が一般的です。プロの試合になれば8時間や9時間といった持ち時間の対局もあります。持ち時間は1人の持ち時間なので、対局の時間はその倍となります。それだけの長い間、考え続け、一手一手判断していくことは大変な集中力を必要とします。最初は短い時間から、徐々に慣れていくことで集中力を長時間保ち続けることができるようになるのです。

論理的思考力

対局中の形勢判断は「駒割り・駒の働き・玉の堅さ・手番」と呼ばれる4つの要素から判断できるとされています。駒割りは駒の強さに応じた価値、駒の働きは駒が守りや攻めに役立っているか否か、玉の堅さは守りの堅さ、手番は次に指すのがどちらか。これらの4つの情報は、一手ごとに変化し続けますが、その場その場で判断するだけでなく、常に考え続ける必要があります。最初から全てを考えることは難しいですが、将棋を学んでいく中で、より多くの情報から判断し、思考する経験を積むことが出来ます。このことが、論理的思考力を育てることにつながっています。

判断力

将棋は囲碁やチェスのように1手ずつ交互に指していきますが、「取った駒を自分の駒とする」ルールがあるのは将棋だけです。このルールによって瞬く間に形勢が逆転する場合もあります。刻一刻と変わる盤上から必要な情報を読み取り、次の一手を考えます。盤上には見えない場所はないので、相手が読み取る情報も考える必要があります。対局では状況を客観視して、情報を読み取り、正確に判断を下していくことが必要となるため、判断力が身についていきます。

記憶力

将棋では「運の要素はない」とよく言われます。スポーツの試合のように風などの環境による偶然や審判の判定など、曖昧な要素が加わることがないためそのように言われています。将棋で強くなるには、定跡(最善とされている指し手)を覚えたり、次の一手などの決まり手を覚えるなどたくさんの暗記が必要になります。子どもたちは、100手ほどの棋譜(対局の記録)を一手一手の意味を理解することで覚えてしまうこともあります。強くなりたいと思う一心で将棋を学ぶことで、記憶力を鍛えることができます。

講座紹介

初心者から経験者まで大歓迎!プロ棋士と指導経験豊富な将棋連盟公認指導員達が、授業+対局で懇切丁寧に指導します。子供たち同士の対局や先生との対局で規定を満たせば、級認定もします。
テキストや、級位に合わせた教材プリントを活用した指導で着実に棋力アップができます。将棋の棋力向上は、学力の向上につながります。序盤では定跡を覚えることが、記憶力向上につながります。中盤では相手の手を考えることで、想像力や思考力が備わります。終盤では玉が詰むか詰まないかを考えることが、論理的思考力を鍛えることになります。詰将棋を解くのが得意な人の多くは理数系の学力が高いことも広く知られています。実戦経験をより多く積ませるために、自由対局日を新設しました。ぜひ一度体験にお越しください。

概要

講師




 日本将棋連盟名誉会員
 日本将棋連盟名古屋支部名誉会長
 棋道師範 鬼頭孝生 先生





 プロ棋士
 脇田菜々子 女流プロ





 プロ棋士
 中澤沙耶 女流プロ
対象 小学1年生~中学3年生
指導時間帯 第1週~第3週…通常授業
第4週…自由対局日(自由参加)
開講校 名駅校・新瑞校・八事校1号館
時間割 2020年度
学費 6,600円(税込/月)
諸費用 ワークシート:5,500円(税込/年)

お電話でのお問い合わせはこちら
名進研アフタースクール『RAINBOW KIDS』本部

052-588-5887

火~土曜日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求

お近くの教室を探される方はこちら

校舎一覧
ページトップ
ページトップ