名進研 合格体験記
menu
愛知淑徳中学進学_小出 真妃奈さん愛知淑徳中学進学_小出 真妃奈さん愛知淑徳中学進学_小出 真妃奈さん

愛知淑徳中学進学_小出 真妃奈さん
小出 真妃奈さん

小出 真妃奈さん

「苦手な算数は、“公式ノート”で得点力アップ」

Q.愛知淑徳中学を目指した時期と理由を教えてください

名進研に入ったのは4年生の春で、学校の親友と一緒に通い始めました。愛知淑徳中学への受験を決意したのは6年生の夏休み前です。最初は家が近いことから軽い気持ちで金城学院中学を志望していたのですが、5年生の12月頃に、私よりも成績が伸びていた親友が「愛知淑徳中学へ行く」と聞いてから意識しはじめ、そこから愛知淑徳中学のことをネットなどで調べるうちに「私もいきたいな」と思うようになりました。これも最初は軽い気持ちだったのですが、6年生になって自分も成績が伸びていくと同時に、「親友とここに通いたい」という気持ちが高まりました。その時の自分の成績ではまだ合格できるか分からなかったけれど、親友や学校の友人が励ましてくれたことで「この学校を自分の母校にしよう」と思い、本気で受験を決意しました。

「親友と一緒に通いたい」という気持ちが高まり、本気で愛知淑徳中の受験を決意しました

Q.受験勉強の大変だったこと、つらかったことをどのように乗り越えましたか?

5年生の春から夏にかけて親友の成績がどんどん伸びていたので、差が開いていくことにとてもあせりました。毎月の実力テストで心が折れそうになったり、「合格できっこない」と学校で言う人もいて、「受験なんてやめてしまいたい」と思うこともありました。
親友がテストゼミを始めて成績が上がったと聞いて、私もテストゼミを始めたところ、成績が上がるようになりました。毎週の学習をその都度確認して見直しができるので、できないところをしっかりと復習し、理解の定着に力を入れられるようになったのが大きかったと思います。また、名進研の先生方が、やり直しノートに「次も頑張ろう!」とか「こんなに上がったじゃん!」など、前向きなメッセージをくださったので、その言葉を胸に努力し、学校でどれだけ馬鹿にされても、自分が第一志望の中学へ通って思いっきり楽しんでいることを想像しながら頑張りました。
5年生の秋頃から自分でも「もっと勉強しないと」と強く思うことで勉強にも身が入り、成績も安定して上がっていきました。

苦手な算数から逃げずにわかるまで先生に質問。自分で解けるまでくり返す。

Q.苦手対策や志望校対策はどのようにしていましたか?

私は算数がずっと苦手で、授業で先生が何を言っているのかすら分からないことがあったので、先生には積極的に質問をするようにしていました。5年生の夏からは毎日授業の後には自習室に行き、算数の勉強だけを集中してやりました。算数の宿題に取り組みながら、分からないところは先生に質問して理解できるようにし、解けなかった問題を自力で解けるようになるまで何度も繰り返しました。
また、単元ごとに公式を小さなノートにまとめて、そのノートを塾のカバンに入れて常に持ち歩くようにしていました。分からなくなった時にノートを開けばすぐに確認でき、その時その時ですぐに思い出せるので、とても役に立ちました。そうすることで、少しずつやり方も一緒に覚えていくことができました。
入試に関しては、名進研の先生から「愛知淑徳中学は算数で点数を取ることが大事」だと言われていたのと、「難しい問題を解くことよりも、簡単な問題や基本的な問題をしっかりと解けるようになろう」というアドバイスをもらっていたので、簡単な問題で点数を取りこぼすことがないようにしようと思いました。過去問は全教科にわたって何度も解き直しましたが、算数は特にやり直し回数を多くして、できない問題をなくすように心がけました。

Q.名進研でよかったと思うことはどんなことですか?

名進研は火曜から土曜日までずっと自習室が開いていたので、家でできない分は、塾で集中して取り組めたことがすごく良かったです。
あとは合格が決まった時に先生方が電話越しでたくさん声をかけてくれ、ほめてくださったことです。合格がより嬉しく感じられ、一緒に喜んでいただけて、優しい先生方が多い名進研でよかったと思いました。

将来は、音楽家になって色々な人の心に寄りそいたい

Q.中学校での目標や、将来の夢があれば教えてください

私は音楽が大好きなので、愛知淑徳中学ではギター部に入って、今まで以上に音楽を身近なものにしていきたいです。そして色々な楽器に触れ、ひけるように練習して、家族や友人にきかせられるようにしたいです。将来は音楽家になりたいと思っています。作詞・作曲をすることで、色々な人の心に寄りそいたいからです。そのため、中学校ではギターやピアノを中心に、色々な楽器で自分なりに音を奏でられるようにしたいです。そして、作詞に必要な語い力を高められるよう、学校の勉強やスピーチなどにも積極的に取り組んでいきたいと思っています。

我が子の中学受験を振り返って

勉強で私が協力できるのは社会だと思い、4年生からずっと一緒に教科書を読み上げて、予習や復習をしていました。それが6年生になると自分でやりたいと言って全く関われなくなった時、すごく不安になりましたが、そうしたことも名進研の先生方が受け止めてフォローしていただき安心できました。娘を信じて見守ることで、自分のやり方で自分の力で合格できたという自信を手にすることができました。

Interview with 6 people

名進研から志望校に合格した6名にインタビューを行い、
勉強のコツや生活で意識したことについて話してもらいました。

東海中学校進学 平阪 幸之輔さん

東海中学校 進学
平阪 幸之輔さん

朝型の学習習慣に
早くから切り替える

インタビューを読む
南山中学校女子部進学 三輪 朱凜さん

南山中学校女子部 進学
三輪 朱凜さん

自分だけの“苦手ノート”で
4教科いつでも見直し

インタビューを読む
滝中学校進学 齊慶 舞織さん

滝中学校 進学
齊慶 舞織さん

名進研の教材だけを
何度もやり直す

インタビューを読む
滝中学校進学 小栗 星七さん

滝中学校 進学
小栗 星七さん

先生からのアドバイスは
全部やり切る

インタビューを読む
南山中学校男子部進学 平松 裕紳さん

南山中学校男子部 進学
平松 裕紳さん

それまでの勉強法を見直し
復習に力を入れる

インタビューを読む
愛知淑徳中学校進学 小出 真妃奈さん

愛知淑徳中学校 進学
小出 真妃奈さん

苦手な算数は
“公式ノート”で得点力アップ

インタビューを読む

名進研 中学受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求