名進研 合格体験記
menu
岐阜高校進学 丹羽菜緒さん岐阜高校進学 丹羽菜緒さん岐阜高校進学 丹羽菜緒さん

岐阜高校進学_丹羽菜緒さん
岐阜高校

岐阜高校 丹羽菜緒さん

「やりたいことは時間を決めて
気分をリフレッシュ」

Q.岐阜高校を目指した時期と理由を教えてください

中学に入った頃から、県内トップ校である岐阜高校に入れたら良いなと思っていました。第一志望に決めたのは中3の春です。
小学校の時に小学生向けの見学会があったので友達と行ったのですが、新しい校舎がとてもきれいで、明るく開放的な空間や、自由な雰囲気に魅力を感じました。私は習い事でテニスやピアノ、書道や英会話をやっていたので、テニスコートが6面もあることや、その時に見た書道パフォーマンスもいいなと思いました。
また、理数科目が好きな私には、珍しい生き物や理科の実験などがとても面白そうに見えて、高校ってすごいと思った記憶があります。

“ライバルの仲間たちと テスト結果を 競い合うことが 楽しかった”

Q.やる気を維持するために工夫したことはありますか?

私が通っていた中学校はテストが多く、受験勉強よりも学校のテストに追われることが大変でした。テストが終わったと思ったら、次のテストがやってくるので、テストで悪い結果が出ないように、日々の勉強をこなしている感じでした。
それでも私はずっと我慢して勉強することはできなかったので、勉強以外の時間を確保できるようにしました。例えば、毎日1時間は好きな読書の時間をつくったり、休日に2,3時間は自由時間をつくってゲームなどをしたり、習い事も週1回のテニス、ピアノ、英会話はやめずに続けようと思って続けていましたが、それが息抜きになっていました。特に読書は、イライラしていても本を読むと心が静まってリラックスできるので、私には大切な時間でした。
名進研には小学6年生の春期講習から通っていますが、小学生の時は月末のテストに向けて直前に復習をするようにしていました。他に通信教育や公文もやっていましたが、名進研は授業が本当に面白かったので、勉強そのものが嫌になったことはなく、名進研でも学校でもライバルの仲間たちとテスト結果を競い合うことが楽しかったです。学校では毎回テスト結果を見せ合って、「次は負けない」と言い合ったり、名進研では自分の前に座る子を意識しましたし、抜かしたいと思って勉強しました。そうやってやる気を出して頑張った結果を見るのが楽しかったです。
学校の話やジョークをまじえながら、みんなで盛り上がったりできるので、名進研の授業がとても楽しくて勉強することが苦ではなかったです。

Q.苦手科目や受験対策はどのようにしていましたか?

私は国語が一番嫌いで、特に漢字を書くのが苦手でした。定期試験では出題されるものが決まっているので、直前に覚えて点数を取っていましたが、テストの後にはほぼ全てを忘れてしまうため、実力テストや模試では漢字で全問正解できたことは少なかったです。私立受験の時に漢字が全然書けなかったことでさらに危機感を持ち、さすがにこのままではいけないと思ったので、公立受験までは通学中のバスから見える看板やポスターの漢字を覚えたり、授業で先生が話す言葉を漢字に起こしたりして、少しでも改善できるようにしました。
受験対策では、私立でも公立でもそれぞれ1ヶ月ほど前からとにかく過去問をたくさん解きました。10年分の過去問は解いたと思います。数学は家と学校と塾で、合計3回やりました。私は問題集をやるよりも教科書を読んで覚えることが好きだったので、社会や理科は教科書をひたすら読んで覚え、親に教科書から問題を出してもらったりしました。
あと、小学校の頃から歴史マンガが好きで、マンガの内容やキャラクター、エピソードなどを覚えていたことが、歴史の勉強でとても役に立ちました。夜は早く寝て、朝は30分以上勉強してから学校へ行くという習慣が身についていたことも良かったと思います。

“「分かった!」という実感が持てて、より深く理解できた”

Q.定期試験対策や内申点対策はどのようにしていましたか?

まずは提出物を忘れずにしっかりとこなし、あとはテストで良い点を取れるように頑張りました。
テストでは生徒の盲点をつくような雑学問題や、ひねりのある問題など、どんな問題が出るかを学校のライバルたちと予想したりして、良い点を取れるようにしました。
また、名進研の定期試験対策がとても役に立ちました。定期試験はだいたい過去と同じような型で出題されるので、その傾向を踏まえた授業だったり、対策そのものが要点がまとまっていて分かりやすかったです。特に数学・国語では過去問が重要になってくるので、分からないところは全て授業後に先生に聞いて解決するようにしました。名進研では、学校に合わせた対策授業をしてもらえたのでとても良かったです。私の実力が1なら、1.5ぐらいテストの点を上げてもらえたと思います。

“先生や家族の期待に応えられて良かった。 改めて感謝しています。”

Q.名進研でよかったと思うことを2つ教えてください

1つ目は、先生達がとても協力的だったことです。分からない所を聞きに行くと、分かるまで教えてくださったり、過去問を大量に貸してくださったり、一人一人に合わせて指導してくださいました。私は自習室よりも家で勉強するタイプだったので、問題集などを家に持ち帰ってもいいよと言ってもらったり、自分に合わせてもらえたことが嬉しかったです。
2つ目は、仲間に恵まれたことです。クラスのみんなのおかげでとても楽しく授業ができました。岐阜高校を一緒に受験した仲間のおかげで、毎回のテストで競い合うことができたし、良い友達にもなれました。仲間がいなかったら、4年間ずっと名進研で頑張ることはできなかったかもしれません。
名進研の先生に合格の報告に行った時、ロビーに貼り出された合格者の中に自分の名前を見つけて、合格して本当に良かったなと感じたし、一緒に喜んでもらえてとても嬉しかったです。私に様々なものを与えてくれた先生や家族の期待に応えられたので良かったなと思い、改めて感謝しています。

Q.高校での目標や、将来の夢があれば教えてください

見学に行った時から入りたいと思っていたテニス部に入りました。中学とは違って厳しい面もありますが、新しい事ばかりでとても楽しいです。
中学校のテストでは順位が出ずに偏差値だけでしたが、高校では順位が出るのでそれも励みにしながら、高校では勉強と部活を両立できるようにして、高校に行くことが楽しいとか好きだなと思えるような日々を送りたいです。
勉強では予習が多くて、毎日のように小テストがありますが、自分の納得いく結果が出せるように、受験の時以上に頑張りたいです。私は数学が好きで、特に難しい問題や分からない事をよく考えて答えを出す瞬間が好きなので、理系の中でも考える仕事に就きたいと思っています。そのためには理系の大学に進みたいので、大学の選択肢を広げるためにも、数学や物理が得意科目になるようにしたいです。
また岐阜高校では、様々な仕事や分野に触れる機会が多いので、自分の視野を広げて自分が心惹かれる仕事を見つけたいです。
その他にもう一つ実現したい夢が、世界の各所を訪れることです。自分にとって未知の場所へ行ってみたいからです。そうしたことを実現できるよう、未来を見すえて努力していきたいと思います。

Interview with 4 people

名進研から志望校に合格した4名にインタビューを行い、
勉強のコツや生活で意識したことについて話してもらいました。

旭丘高校進学 石川ゆうさん

旭丘高校進学
石川ゆうさん

友達と教え合うことで理解を深め、
思考力を磨いていく

インタビューを読む
向陽高校進学 前田朋希さん

向陽高校進学
前田朋希さん

成績を上げるために必要なことを、
積極的に聞きに行く

インタビューを読む
一宮高校進学 河野航大さん

一宮高校進学
河野航大さん

1年生から自習室を活用することで
学習スタイルを確立

インタビューを読む
岐阜高校進学 丹羽菜緒さん

岐阜高校進学
丹羽菜緒さん

やりたいことは時間を決めて
楽しみ、気分をリフレッシュ

インタビューを読む

名進研 高校受験コースJunior high school exam course

ご相談・お問い合わせContact

名進研本部

0120-9674クロウナシ-59ゴウカク

【通話無料】<受付時間>10:00~18:00(火~土曜日)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求